恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

『CROSS ME(クロスミー)』で初デートの女子は要確認!デートでドン引きされないためのきほんの「き」

会話ベタでも大丈夫!話すのが苦手なら事前に伝えよう

だたの「すれ違い」を恋のきっかけに変えてしまうマッチングアプリ「CROSS ME(クロスミー)」は、テレビ等でも取り上げられて話題になっています。今回は、そんなクロスミーでマッチング後の初デート、ドン引きされないためのきほんの「き」を5つ紹介します。デートの前にぜひチェックしてください。

そもそも、初対面の人と上手くしゃべれないことがあってもおかしなことではありません。しかも、ふたりで会うのですから緊張して当然です。この人とならしゃべれるかもと思っていても、いざ会ってみるとメッセージ上のやりとりのように会話が続かないことがあります。

もし自分が会話ベタで心配であれば、事前にそのことを伝えておきましょう。メッセージでは饒舌な彼でも案外、同じ事を心配していたりするものです。「話すのが苦手なので、無言になったらどうしようかと心配です」「会話が続かなくてもあなたのせいではないからぜんぜん気にしないでね」とあらかじめ謝っておきましょう。

そして、初デートがいい感じであれば、「あなたとなら、意外と話せたわ!ありがとう」と笑顔で伝えられれば男性はぐっときます。

これだけでも好印象!女性らしい振る舞いをプラスしよう

自然に女性らしい振る舞いができれば問題ありません。でもいざ意識してやってみようと思うとこれがなかなか難しいものです。そこで、具体的な女性らしい振る舞いをいくつか紹介しますので、「これだけでも実践してみよう」と思えるものがあればぜひ積極的に取り入れてみて下さい。

どれもカフェやレストランで出番の多いちょっと振る舞いですが、少し心がけるだけであなたの印象をぐっと引き上げてくれます。まずは「いただきます」、「ごちそうさま」を忘れずに言いましょう。

習慣として行なっている人にとっては普通の事でしょう。次にイスに座る時は静かに、そして立つときはイスを必ず元に戻しましょう。最期にハンカチを忘れずに持っていきましょう。どれも当たり前の事のように感じるかもしれませんが、だからこそ大切なのです。

目指すのは上手な聞き役!おしゃべりさんは話し過ぎないで

話したい事がたくさんあっても、初デートでは男性の話をよく聞いてあげましょう。水商売や合コンで使われる「さしすせそ」を使ってみるのが簡単です。「さすが、知らなかった、すごい、センスある、そうなんですか」を使って相手を持ち上げる相づちを打つというテクニックです。

わざとらしくならないように、大げさに言うのではなく、さらっと口にするのがポイントです。

気合い入れ過ぎない!TPOに合わせて服を選ぼう

服装は第一印象に影響するので悩みの種です。初デートでは相手の好みが分からないのでTPOに合うことを優先して考えるといいでしょう。定番のアイテムを基本にして、少しだけキレイ目を目指すと、どんなシーンにもはまりやすくなります。

露出は控えめに、ワンピースは割とどのタイプの男性にもウケがいいので無難です。服装はシンプルにして、イヤリングやピアスで女子力をプラスするのも手です。

相手に配慮するのが大事!謙虚さを見せましょう

調子に乗って自分が話しすぎちゃった時には、「話しすぎちゃってごめんね、なんか楽しくって!」と正直に謝りましょう。相手に配慮することを忘れないようにすれば大丈夫です。配慮しすぎて楽しめないのも本末転倒なので、あくまでも優しい笑顔、この基本を忘れないようにすれば大丈夫です。

さあ、初デートを楽しもう!

ふたりの関係は、すれ違った相手が気になって「いいね」を送り、「ありがとう」から始まったものですから、いよいよ初デートとなったらうれしさ反面、どうしようと不安になるのも当たり前です。でもこの5つのきほんの「き」さえ気をつければ大丈夫、初デートを楽しみましょう!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP