恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【Dine】第一印象が決め手!女性受けの良いデート服

この記事を要約すると

服装は、相手を判断する基準のひとつです。いくら人柄が良くても、見た目に全く気を使わない男性は魅力的には見えません。女性受けの良いデート服を紹介します。

服装は、相手を判断する基準のひとつです。いくら人柄が良くても、見た目に全く気を使わない男性は魅力的には見えません。女性受けの良いデート服を紹介します。

清潔感

女性とのデートの服装において、清潔感はとても大切です。汚くてだらしない服を着ている男性は、女性受けしません。

相手の男性が、汗臭いシワシワの服を着て現れたらどう思うでしょうか。『この人は自分とのデートに気合いを入れてきてくれなかった』と残念な気持ちになり、デート前に女性側のテンションが下がってしまうかもしれません。

いくらおしゃれでも清潔感が感じられないとがっかりされる可能性があります。女性に『一緒に歩きたくない』と思われるような服装は避けたいものです。デートの服装は、清潔感をまず心がけましょう

シャツは女性に好印象

『爽やかさ』は大きなポイントを占めます。襟つきシャツはどんなシーンにも合う万能アイテムです。

特に白いシャツは爽やかな印象を与えるので清潔感抜群です。襟つきシャツでもTシャツでも、白いシャツとジーンズを合わせると定番の爽やかコーディネートになります。

ただし、何年も着ているような『くたびれた感』の出ているシャツはデートに着ていかないようにしましょう。

シャツの素材によっては洗濯するとシワシワになるものもあります。シワのあるシャツは、だらしない印象になってしまうので、きちんとアイロンをかけていくか、あらかじめシワになりにくいシャツを買うなどして、好印象になる対策をしましょう。

靴も見られているので要注意

お互いをまだよく知らない関係の場合、会話の他に服装や持ち物でどんな人かを判断することもあります。意外と気がつかないのが靴の汚れです。服をバッチリ決めても靴が汚れていてはそれだけで高感度が下がります。

靴の種類にも気をつけたいものです。ロングノーズと言われる先のとがりすぎた靴やゴツいブーツは、チャラチャラしたイメージになってしまう恐れがあります

ラフすぎるサンダルも初デートでは履かないようにしましょう。頭から足先まで見られていることを意識し、デート前には靴のチェックをして下さい

サイズが自分に合っているか

おしゃれな服なのに、着てみると何だかダサいという場合は、もしかしたらサイズが合っていないのかもしれません。デート用の服を買う際には試着し、体型に合わせてベストなシルエットを作りましょう。

ジャストサイズですっきりと

せっかく良いアイテムなのに、サイズが合っていないだけで野暮ったく見えてしまうのはもったいないことです。服のサイズは大きすぎるとダメですし、逆に小さすぎてもカッコよくは見えません。

自分に合ったジャストサイズですっきりとした印象にまとめるようにしましょう。

ダボついた服は野暮ったく見える

ダボっとしたスーツを着ている人を、おしゃれと思わない女性は多いものです。

服は、ゆったり具合が大きすぎると、ラフを通り越して野暮ったい印象になってしまいます。大きなサイズのシャツやダボついたパンツは、デートでは着ない方が無難です。

TPOに合わせて

デートには色々なシチュエーションがあります。例えば、高級レストランへ行く時は、Tシャツに短パン、サンダルでは行かない方が良いというのが常識です。

映画デートなら落ち着いた雰囲気、ピクニックならカジュアル、というように行き先によって服装を考えられる男性が『大人の男』です。

場違いな服を着て行って女性に恥ずかしい思いをさせないよう、TPOに合ったファッションを心がけましょう。

行き先によって雰囲気の違うファッションができると、行き先ごとに見た目の印象が変わるため、女性にとってはあなたの違う一面を見ることが楽しみのひとつになるかもしれません。

きれいめとカジュアルのミックスが万能

デートの際に女性が好印象を抱く服装は、『きれいめカジュアル』です。

『きれいめカジュアル』とは、フォーマルではないけどカジュアルすぎない、という絶妙なバランスのファッションです。きれいめカジュアルはデートの時、どこへ行くにも万能です。

一緒にいて恥ずかしくないファッションは女性に安心感を与えます。落ち着きのある男性を演出するために、きれいめカジュアルで勝負してみてください。

素材にもこだわるとよりおしゃれ

アイテムの素材にも気をつかうとよりおしゃれな印象になります。季節に合った素材を選ぶとおしゃれ度がアップします。

例えばリネンやカシミヤ、ウールなどの天然素材を上手に取り入れることで、ちょっとしたおしゃれのこだわりを演出できます。同じようなアイテムでも、素材にこだわるだけで少し高級感が出て、印象が変わってきます。

派手過ぎずシンプルに

はたから見て派手すぎる服装は、他の人の視線を集め、一緒に歩く女性に『恥ずかしい』と思わせる原因となってしまうことがあります。

大柄やアニマル柄、キャラクターもの、ドクロマークの服などでファッションを主張しすぎると、その奇抜さが気になって、女性がデート中の会話に集中できないかもしれません。原色だらけのコーディネートも避けた方が良いでしょう。

落ち着いた雰囲気を演出するのはシンプルなファッションです。気になる女性にがっかりされないよう、男性のデートファッションは、シンプルさを心がけましょう

3色まとめで失敗知らず

男性のファッションコーディネートにおいて落ち着いた雰囲気を演出する色は白・ベージュ・ネイビー・グレー・黒などです。服装の色に悩んだときは、この中から3色選んでコーディネートしましょう

3色以上でコーディネートをまとめるのはおしゃれ初心者には難しいものです。色を増やしすぎると失敗コーディネートにつながります。かといって全身黒色など1色だけでまとめてしまうのもNGです。

3色のシンプルな配色はデート服の王道であり、女性にウケる『正解』ファッションです。コーディネートに失敗しないために、まずは3色まとめをマスターしましょう

おしゃれすぎは逆効果

デートの時、隣に並んでお似合いかどうかというのはお互いに気になるポイントです。男性があまりにおしゃれすぎると、女性が気おくれし、『自分と釣り合わない気がする』という気持ちになってしまうかもしれません。

また、気合いを入れ過ぎて高級な服ばかり着て行くと、『服にばかりお金をかける人』と思われかねないので注意が必要です

おしゃれすぎると『自己主張の強い人』と思われる可能性もあります。おしゃれのさじ加減に気をつけましょう

シーンに合った小物使い

 

シンプルなコーディネートの中に時計やアクセサリーなど小物をひとつ取り入れるとワンポイントになり、おしゃれ感がアップします。

デートの行き先によって、サングラスやマフラーなど、使う小物を工夫するのがおすすめです。また、センスの良い小物を持っていると会話のきっかけにもなりますので大いに活用しましょう。

小物次第で印象が変わる

小物は、使い方次第で服装の印象を変えられます。全体的なコーディネートが地味かなと思ったら、腕時計やバッグなどの小物を使ってさりげなく個性を演出することもできます。

ただし、小物の多用は逆効果なのでたくさんつけすぎないようにしましょう。おしゃれな小物を上手に使ってトータルコーディネートし、デートを楽しんでください。

アクセサリーの付けすぎはNG

アクセサリーをジャラジャラつけているファッションはあまり女性からの受けがよくありません。つけすぎると逆に『ダサい』と思われる可能性があります。デートではアクセサリーの多用は避けた方が無難です。

シンプルなコーディネートに合うのは、腕時計やブレスレット、ネックレスなどをワンポイントでつけることです。さりげないおしゃれを心がけましょう。

清潔感のある年相応の服装がベスト

清潔感のある年相応の服装が女性に好印象を与えます。TPOをわきまえ、シンプルなコーディネートを心がけましょう。服装で失敗しないように注意して、相手に良い第一印象を与える初デートにしましょう。

Dineはこちら

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP