恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

ハッピーメールにあるブロック手段2種!無視リストと見ちゃいやリストの違いと使用法

ハッピーメールには、嫌な相手をブロックする方法が2種類あります。今後やりとりをしたくない相手には「無視リスト」を使い、やりとりは続けたいが、他の相手との恋活も続けたい場合に便利なのが「見ちゃいやリスト」です。2種類のブロック方法の特徴や登録の仕方、活用の仕方を知っておきましょう。

▼ハッピーメールについて詳しくはこちら


ハッピーメール「無視リスト」について

ハッピーメールをしていると、業者ではないかと疑われる人が足あとを付けてくることがあります。一見普通の女性が足あとを付けてきたように見えるのですが、メールの中身を見ると、明らかに誘いの言葉が書いてあるのです。

普通の女性は最初のメールから積極的に誘ってくることはまずありえないので、明らかに業者であることが確信できます。この人を無視リストに入れるやり方はシンプルです。

プロフィールの下部に無視リスト登録と表示されているところがあるので、そこをタップすると、登録画面に移行します。カテゴリー分けや250字までのメモを付けることが可能ですが、空白のままでも大丈夫です。

続いて、無視リスト登録と表示されているところをタップすれば終了します。無視リストをやめる時はタップするだけでいいのですぐに解除もできます。

ハッピーメール「見ちゃいやリスト」について

見ちゃいやリストは嫌な相手ではなく、好意を持つ人に対して使います良い感じでメールのやりとりをしている人がいるけれど、他にも良い人がいるかもしれないから恋活は続けたいという人に有効的な機能です。

しかし、メールのやりとりをしている人に恋活がばれると、うまくいくものもいかなくなります。それを防止するための機能です。見ちゃいやリストへの入れ方はシンプルです。

プロフィールの下部に見ちゃいやリスト登録と表示されているところがあるので、そこをタップすると、登録画面に移行します。カテゴリー分けや250字までのメモを付けることが可能ですが、空白のままでも大丈夫です。

続いて、見ちゃいやリスト登録と表示されているところをタップすると終了します。見ちゃいやリストをやめる時もタップするだけでいいのですぐにできます。

ハッピーメールの2種類のブロックの上手な活用法

無視リストの活用法

無視リストは、今後メールのやりとりをしたくない人のブロック法です。対象となるのは、掲示板やメールでしつこく書き込みをしてくる人などマナーが悪い人、明らかに業者と分かる人、実際に知っている人です。

無視リスト入れると、双方とも連絡を取ることができませんし、掲示板や日記もお互いに表示されなくなります。プロフィールは相手からこちらのプロフィールを見ることはできませんが、こちらからは無視リストから見ることが可能です。

見ちゃいやリストの活用法

見ちゃいやリストは、メールでのやりとりがある人に対して行ない、その人とは良い関係を続けながらも他の人との恋活も行ないたい時に使います。見ちゃいやリストに入れると、それまでに投稿した掲示板の書き込みは閲覧可能ですが、それ以降の掲示板投稿は見られません

プロフィールは以前と同じように閲覧可能ですし、メールのやりとりも可能、日記の閲覧も可能です。掲示板以外はこれまでと同様に使えるため、相手には見ちゃいやリストに入れたことを気づかれません

ハッピーメールの2種類のブロック方法を上手く使い分けしよう!

ハッピーメールには無視リストと見ちゃいやリストという便利な手段が2つあります。それぞれ使う対象となる相手が異なるため、上手な使い分けをして、気になる異性を見つけましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP