恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

これがモテ写真!『イククル』で20代男性会員に人気が出るプロフィール写真の秘訣

ぱっと目を引く「明るい写真」


もう、「運命の出会い」はマッチングサービスを利用して引き寄せる時代になっています。「イククル」は2000年からサービスを開始している先駆け的存在で、累計会員数が約1000万人を突破しているマッチングアプリです。普段はなかなか異性に積極的になれない人でも、数々のしかけが用意されているのでイククルを使ってアプローチすることができます。

このイククルでより楽しく出会いを見つけるためには、プロフィール写真の仕上がりを意識する必要があります。特に、自身も写真を撮り慣れている20代男性を引き寄せるには、プロフィール写真にこだわることがとても大切になってきます。

ずらっと並ぶ女性会員の中から、目に留まるためには、まず写真が「明るい」ことが重要です。色には人の目を引きつける強弱があって、それを「誘目性(ゆうもくせい)」と言います。この誘目性が高いと目立ちやすく、発見されやすいのです。

では、どのようにして誘目性を高めたらいいのでしょうか。それは色の基本を押さえておくと良いでしょう。誘目性が高いのは一般的に彩り鮮やかで、明るい色です。例えば、オレンジや赤、黄といった色は、誘目性が高いと言えます。洋服やヘアアクセサリー、小物、リップ、写り込む背景などでこれらの色の明るさをプロフィール写真に取り入れてみましょう

実は、他の色であっても、色の明るさ暗さといった「明度」が印象に与える影響はとても大きいのです。そのため、プロフィール写真は全体的に明るくすることがとても大切になってきますのでこの基本を覚えておきましょう。暗いところでも自動で光補正してくれる写真アプリもあるので、キレイめに明るい写真を撮りたい時に利用すると良いでしょう

「ナチュラル盛り」を目指す


盛り過ぎは避けられることがありますし、実際会ったときとのギャップで困ることもあるので、プロフィール写真で目指すラインは、「ナチュラル盛りの自然な写真」です。しかし、修正するのは相手に悪いと、あえて盛らないというのは逆にリスクです。他の女性会員も何かしら修正しています。パーツなどをいじりすぎない、自然な写真を目指すのが正解です。

「趣味が分かる写真」できっかけを自分から作る

イククルは趣味検索ができます。同じ趣味を持っていたり、好きなことや興味のあることが似ているとぐっと親近感がわきます。マッチングアプリで出会うのはまったく知らないもの同士です。そのためどんな相手にアプローチをかけるかというと、同じ趣味など「共通点の多い相手」です。話題に困らない状況を自らプロフィール写真で作っておく必要があります。

このように趣味が分かる写真があると、相手もアプローチしやすくなりますし、メッセージのやり取りでも盛り上がります。趣味が分かる写真は必ず登録しましょう。趣味がなくて…と困っている人でも心配いりません。趣味までいかなくても、○○が好きといった軽めのもので大丈夫です。

必要なのは相手に対して誠実であること

そして、プロフィール写真で最も大切なことは、相手のことを考えることです。あまりアップすぎる写真ではほんとうはどんな顔なのか判別しにくいですし、全体が暗くぼんやりした写真では性格までも暗いのかなと考えさせてしまいます。

恋活や友だち探しをするなら、明るく・ポジティブに・楽しくが伝わることが異性を引きつけるコツです。それを押さえて、「明るい」「ナチュラル盛り」「趣味がわかる」プロフィール写真を用意すれば、モテ写真になること間違いなしです

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP