恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

「イヴイヴ」のブロックと非表示の違いと使い分け方を徹底解説!

▼イヴイヴについて詳しくはこちら


「イヴイヴ」のブロックの方法について

マッチングアプリの完全審査制恋活アプリ イヴイヴには、ブロックという機能がついています。これは、マッチングした相手に対して行う行為です。この機能を使うと、自分から相手の事が見えなくなるのはもちろん、相手からも自分の事が見られなくなります

では、方法について見ていきましょう。 まずブロックしたい相手のメッセージ画面を開きます。右上の「…」をタップしてください。すると、「非表示・ブロックの設定」が出てくるので、選択します。 そして「ブロックする」を選択すれば、完了です。操作方法はとても簡単ですが、注意しなくてはならない事が一点あります。それは、一度ブロックしてしまうと解除する方法が無いという事です。この機能を利用する際には気をつけましょう。

「イヴイヴ」の非表示の方法について

では、同じメニュー画面に出てくる非表示について見ていきましょう。まずやり方ですが、ブロックと同じ方法で、最後に「非表示にする」を選択してください。最後に確認画面が出ますので、よければ選択しましょう。こちらも操作方法は簡単ですね。この機能も、マッチングした相手に対して行うものになります。操作を完了すると、マッチングした人が表示される画面から消えます。しかし、相手側から自分が消える事はありません

「イヴイヴ」ブロックと非表示の違いについて

両者のやり方を理解したら、違いについて確認していきましょう。まずブロックは、自分からも相手からも見えなくする機能です。非表示は、自分側からだけ見えなくします。ブロックは一度してしまうと解除ができません。

つまり、ブロックはもう二度と会いたくない人に対して行なう行為になります。非表示は、問題は特に無いけれど進展も無さそうな人に対して使う機能です。いずれにしても、相手に通知される事はありません

「イヴイヴ」ブロックと非表示の使い分け方

違いが明確になったところで、具体的な使い分けについてみていきましょう。まず、相手がどの程度の人かによってどちらを選択するかが決まってきます。ストーカー並にしつこい人や、迷惑行為の多い人、生理的に受けつけない人、話が合わない人など、ブロックや非表示にしたい人には様々な理由があります。

しつこい人や迷惑行為の多い人に関しては、機能を利用する前に通報しましょう。他の利用者に被害が及ばない様にしておく事も必要です。その上でブロックすれば、自分も被害から逃れられます

逆に、話が合わない人やマッチングしたけどつまらない人など、ブロックするまでいかないけれど、マッチングした人の画面から消しておきたい人には、非表示機能を使いましょう。そうすれば、自分からは見えなくなります。相手からは見えるのでメッセージなどが届く場合もありますが、進展させる気が無いのであればそのままという事になりますね。相手によって使い分けましょう。

「イヴイヴ」

一見残酷にも思える機能ですが、マッチングアプリ完全審査制恋活アプリ イヴイヴは真剣に恋をしたい人の為のアプリです。多くの人と出会って可能性を広げていく為には、合わない人や進展が無さそうな人にいつまでも構っている時間はありません。

ですから、真剣な人であればある程、これらの機能を使う機会が多いものです。時には自分の身を守る為の機能になります。ブロックだけは、一度してしまうと解除ができない事を考慮しつつ、使いこなしていきましょう。 逆に、自分がされた事に気づく場面もあります。落ち込むでしょうが、恋愛というものは自分と相手の気持ちが向かい合っていなくては始まりません。

向かい合えない人とは縁が無かったものと思って、次の相手を見つけていきましょう。自分の魅力を最大限に伝えながら相手を見極めて、素敵な相手と出会ってください。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP