恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

イヴイヴでブロックをしたら相手にばれるの?設定方法を徹底解説

ブロックをするための手順

イヴイヴは登録ユーザーがより安心して利用できることを目指して完全審査制を導入している恋活アプリです。完全審査制とは利用登録のために運営スタッフの審査のほかに、登録ユーザーの審査を受けるもので、既にサービスを利用している既存ユーザーから過半数以上の賛成をもらえた方のみ入会できるようになっています。

登録にはこうした厳重な審査に加え、身分証明書による本人確認も必要です。サクラや業者によるトラブルを避けたいと考えるユーザーの声が多い中、安全性を重視したいと考える方から支持されているアプリで、女性も安心して利用できるアプリとして注目されています。登録ユーザーの年齢層は、男性は20代から30代が中心、女性は10代から20代が中心で、大学生から社会人まで幅広い層のユーザーが多いことが特徴です。

使い方もシンプルで、年齢や住んでいる地域、職業や学歴など様々な検索条件をもとに、まずは気になる相手を探します。気になる相手が見つかったらいいね!を送ります。マッチングが成立したらメッセージ交換ができるようになります。相手へのアプローチに欠かせないいいね!機能と合わせて、やり取りを継続したくないと感じる相手に出会ってしまった場合の対処方法として知っておきたいのがブロック機能です。

設定手順は、まずブロックをしたい相手とのメッセージ画面を開きます。
右上に表示される「・・・」マークをタップします。

ページの下に出てくる「非表示・ブロックの設定」の表示部分をタップします。

すると次に「非表示にする」もしくは「ブロックをする」を選択する画面が表示されます。ブロックする場合は「ブロックする」を選び、決定をタップするとブロックの手続きが完了します。

ブロックしたことは相手に分かるの?

非表示にした場合は自分の画面が相手に表示されなくなりますが、ブロックをした場合は自分と相手のお互いの画面が表示されなくなります。設定を行なった場合は相手に通知されることはありません。設定ページでも記載があった通り、一度設定すると解除できないシステムになっているため、ブロックした相手とは再度連絡を取ることはできなくなります。ブロックを設定する際は慎重に判断するようにしましょう

完璧に相手の履歴を消したい場合はブロックがおすすめ

非表示の場合も相手に通知されることなく、相手の画面から自分の表示を消すことができますが、履歴そのものを消したい場合にはより厳重なブロック設定の方が良いでしょう。一度ブロックすると再度解除することはできませんが、その相手とのやり取りを打ち切りたい場合には、通知されることなくお互いの画面から表示されなくなるブロック設定がおすすめです。

積極的に新しい相手との出会いを探しましょう

日常生活の中では自分の希望条件に合った相手をピンポイントに探すことはなかなか難しいかもしれませんが、こうしたマッチングアプリを活用すれば希望条件に見合った相手と出会えるチャンスも広がります。

イヴイヴ独自のサービスの一つに「プチ恋」というものがあります。金曜日の21時から24時の間に開催されるもので、今すぐトークができる相手を探すことができる機能です。アプリのチャット機能を使ってその場で会話ができるので、交流が深まれば食事やデートのお誘いに繋がることも期待できます。

通常の検索機能やいいね!機能のほかにも、こうしたサービスを利用することで新たな出会いの可能性を広げることができるのでぜひ積極的に活用してみましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP