恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【イヴイヴ】恋活女性が審査に通るOK写真のポイント

人気マッチングアプリ『完全審査制恋活アプリ イヴイヴ』で恋活をするためには、写真審査が必須です。そこで今回は、審査をパスするために重要な写真のコツを紹介していきます。

▼「イヴイヴ」について詳しくはコチラ

審査で見られる1枚目の写真を重要視する

数あるマッチングアプリの中でもイヴイヴが安心とされているのは、審査に通った人しか登録できない完全審査制だからです。審査に通るための最重要ポイントといっても過言ではないのが『最初に登録するプロフィール写真』です。
無事に審査を通過するためには、自分が最も魅力的に見えるものを1枚目の写真に選ぶ必要があります。

第一印象は写真で決まる

審査は運営側だけではなく既存の入会者によっても行われます。審査の要となるのが写真で、中でもプロフィール画面に設定する写真は、審査員が最初に目にする判断材料であるため、ここで入会の可否が大きく左右されます。
どれだけプロフィール内容に凝っても、文章は写真をクリックしないと表示されません。
そのため、万が一審査員が写真を一目見てダメだと判断した場合はそれでおしまいです。
つまり、入会できるかどうかを審査するときの第一印象は、このプロフィール写真1枚にかかっているということになります。

大切なのは清潔感

審査員に好印象を与えるためには、まず、写真から清潔感がある様子を伝えることが大切です。
髪の毛はきちんと手入れをした状態か、メイクは崩れていないか、服装はくたびれていないかなどの点に注意をして、爽やかな印象が伝わるような1枚を選びましょう。

ポイント

写真審査をパスするための大前提となるのは清潔感ですが、その他にもいくつかのポイントがあります。はたしてどのようなことに注意すべきなのでしょうか。

顔がはっきりわかるもの

最初のポイントは『顔がはっきりとわかる写真』を選ぶことです。
前髪で目が隠れていたり、画質が悪かったり、振り向きざまで顔の全体像がわかりにくかったりするような写真は、良い印象を与えません。変に顔を隠すと警戒されてしまいます。
また、プリクラや『Snow』などの加工アプリで素顔が大きくデフォルメされている写真も避けましょう。加工によって盛った写真は、相手にすぐにわかってしまうものです。

可愛いく撮れたもの

あたりまえのことですが、写真審査では、写真を見て「可愛い」と思ってもらうことが重要です。
そのため、自分が特に魅力的に写っている1枚を厳選する必要があります。
ポイントは、自分のチャームポイントがよく伝わるような写真を選ぶことです。
八重歯やえくぼ、ぱっちり二重や切れ長の瞳など、自分の持ち味をうまく生かした角度や表情で撮影をすると、魅力が伝わりやすくなります。

加工と分からない程度に美肌加工はOK

写真の中の自分を可愛く見せようとすると、どうしても加工したい気持ちになるものです。
だからといって、目を大きくしたり顔を小さくしたりなど、あまりにも露骨に素顔を盛るのはNGです。
そこでおすすめなのが、さりげなく美肌加工を施したり、明度を少しだけ上げたりする程度の加工です。肌のトーンを明るく見せたり、写真全体の印象を明るく柔らかな雰囲気に見せたりするくらいであれば、加工をしていることは分かりません。
このように、分からない程度の加工であれば、さりげなく見栄えの良い写真に仕上げられます。

笑顔の写真が最強

男性は、何といってもやはり『笑顔の女性に弱い』ものです。笑っているだけで可愛らしい印象を与えられます。
そのため、審査にまわす写真には笑顔の1枚を選ぶことが大切です。
真顔だと証明写真のようになってしまうだけでなく、相手に近寄りがたい印象を与えてしまいかねません。すまし顔やクールな表情の写真は、審査を通った後でアップした方が無難です。
たとえ歯を見せて笑うのが苦手だとしても、口を閉じたまま微笑むなどして、柔らかく笑っている表情の写真になるよう心がけるのがポイントです。

自然な写真を選ぶ

1枚の写真だけでは、伝えられる情報に限りがあります。だからこそ、審査にまわす写真はなるべく自然体で写っているものを選ぶことが大切です。
ここで言う自然体とは、メイクを薄くするというようなことではなく、リラックスしていて『自分らしい表情』でいられるということを指します。
可愛く撮ろうとするあまり気合が入りすぎていたり、お洒落な背景にこだわりすぎていたりなど不自然な写真だとかえって引かれてしまう場合があります。
それよりも、お気に入りのカフェでくつろいでいるときの表情や、趣味に打ち込んでいるときの楽しそうな表情の方が、男性に警戒心を抱かせない『等身大のアピール』ができます。

審査が通ったあとは写真を複数枚登録

自然体の笑顔で撮れたとっておきの1枚が無事に審査を通ったら、他にも写真を登録していきます。プロフィール画面に登録する最初の1枚は、いわば万人受けを狙った1枚です。
むしろ、この後に登録していく写真の方が『より深く自分をアピールしていく材料』となります。

友達と一緒の写真

1枚目に登録する写真は自分の顔がよく見えるように写っているものを選びますが、2枚目以降は相手に対してよりアピールしやすい写真を選びます。
親しみやすい印象をもってもらうためには、自分単体で写っている写真よりも友達と一緒に遊んでいるときの写真の方が効果的です。
友達と一緒にいるときの写真は、一人で写っている写真よりも素の姿をアピールしやすく、恋愛だけでない『自分の楽しみをきちんと持っている人』という印象を与えられます。
ただし、写真の主役はあくまでも自分であることが大切です。
また、一緒に写っている友達に使用許可を取るなどの配慮を忘れないようにしてください。

全身が写った写真

登録する写真の多くは顔がよく見えるものや、顔から上半身にかけてを撮影したものになりがちですが、全身が写った写真も登録すると相手にとって親切です。
全身写真を入れることで、スタイルやファッションなど、顔以外の部分をアピールできます。
自分のスタイルに自信がない場合はなおさら、写真を公表することで相手に判断を委ね、自分を肯定してくれる人とだけメッセージのやり取りができるという仕組みは適しています。
自分にぴったりな人を探すためにも、リスクにならない程度に少しでも多くの情報を公開するよう努めた方が賢明です。

写真のクオリティ、枚数によりマッチング率が変わる

写真審査を通り、無事に会員になれても、気になる相手とマッチングできなければ意味がありません。
実は、写真のクオリティや投稿枚数によって、いかにマッチングできるかということが大きく左右されます。

プロに撮ってもらうメリット

今やスマートフォンを使えば撮影から加工まで全て自分でできてしまいますが、やはりプロの技量には敵いません。
写真館などできちんと撮影をしてもらうとなると時間とお金がかかるものですが、自分で撮るよりもはるかにクオリティの高い写真に仕上がります。写真の技術はもちろんですが、表情や目線、ポーズなどについても、プロの写真家からアドバイスをもらうことで『新たな魅力が引き出される』ことがあります。
特に上品で清潔感のある1枚を撮りたい場合は、プロに撮影を依頼した方が確実です。一度プロによる撮影を体験しておくことで、その後自分で写真を撮るときの参考にもできます。

投稿枚数で本気度を伝える

まれに、アプリ上の恋活という気軽さを履き違えて、面白半分で入会する人がいます。このような人は、本気で恋活をする気がないため、異性に対するアピールもおざなりになりがちです。
写真の投稿枚数が少ないと、このような面白半分でアプリを利用している人と誤解を受けたり、恋活にあまり積極的でない人という印象を与えてしまったりするリスクが高まります。
そんな状況を避けるためにも、積極的に写真の投稿枚数を増やして『恋活に対する本気度をアピール』することが大切です。
パターンの違う写真を何枚か投稿しておくことで幅広いアプローチができ、相手に興味を抱いてもらいやすくなります。

審査を通過して素敵な恋活の第一歩を

1枚の写真がどう見られるかによって恋活のスタートダッシュが決まります。
自己紹介文や趣味のアピールはもちろん大切ですが、まずはプロフィール写真が重要です。
良いパートナーと巡り会うためにも、ポイントを押さえたとびきりの一枚を厳選して審査をパスしましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP