恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【イヴイヴ】恋活男性が審査に落ちるNG写真のポイント

本気の出会いを求める人の為の婚活アプリ『完全審査制恋活アプリ イヴイヴ』は、厳しい完全審査制をとっていることで有名です。顔写真の審査で落ちてしまう婚活男性は、何がNGなのでしょうか。

▼「イヴイヴ」について詳しくはコチラ

審査で見られる1枚目の写真を重要視する

イヴイヴは、身分証明書の確認の他、運営スタッフと既存ユーザーによる『顔写真の審査』を通過しなければ、アプリを使えません。審査を通過するために必要なポイントについて詳しく解説します。

複数の中からベストな一枚を

審査で見られる1枚目のプロフィール写真には、自分の中の『ベストな1枚』を選出して下さい。自己紹介や基本情報などを魅力的に書くことも大切ですが、プロフィールを読まずに、顔写真だけを見て決める人も少なくありません。
特に、直感性や感覚を大事にする女性は、沢山の文字で書かれたアピール文よりも、第一印象や雰囲気で相手を判断する傾向があります。
審査時間は24時間で、審査員が『加入に賛成』や『反対』を押せば、パーセンテージが上下し、最終的に50%以上を獲得すると登録が可能となる仕組みです。

爽やかな雰囲気が大切

顔写真で判断するというと『イケメンでなければいけない』というふうに思われがちです。しかし、実際はルックスの良し悪しよりも、顔がきちんと写っているかなどの基本的なことや、全体的な雰囲気の良さに重点が置かれているようです。
年齢層にもよりますが、女性が好むのは、『清潔感のある爽やかな雰囲気』です。自然な笑顔であることはもちろん、髪型や服装にも工夫をしてみましょう。
たとえば、スポーツのユニフォーム姿や、清潔感のあるビジネススーツ姿、自然の中で寛いでいる姿などは、相手に明るく爽やかな印象を与えます。
目立ちたい気持ちは分かりますが、個性を全面的に出したものは『ナルシストっぽい』と思われてしまう可能性があるので、審査では、『万人受け』することを考えましょう。

ポイント

次は、実際に写真を撮る時のポイントについて説明していきます。今から挙げる5つの点は、審査でNGになりやすい写真の特徴です。

ピントがずれている

まず、顔がはっきり認識できない写真は全てNGになります。『顔が隠れている』のはもちろんですが、『ピントが合わず、ぼやけている写真』も審査落ちの対象です。
特に、自撮りで遠隔操作をする場合などは、ピントが合う位置をしっかり確認してからシャッターを押しましょう。手ブレや、顔のドアップ、暗がりでの撮影も好ましいものではありません。

複数人写真でどの人か分からない

複数人数での写真を提出すると、誰が『主人公』なのかが分かりません。写真審査自体ができないため、NGを押されてしまうのは確実です。複数の写真は『トリミング』を加えることで解決できます。
また、友達や同僚、家族であっても、女性と一緒に映っている写真は出さないようにして下さい。

自撮り

自撮りで撮影し、実際に審査を通過している人もいるので、全てがNGということではありません。しかし、自撮りが審査落ちしやすいのは事実です。
『独りよがり感』・『ナルシスト感』が出てしまうのが主な理由で、とりわけ、自撮りに対する『既存のユーザーの目』は厳しくなっています。
大切なのは『自撮りに見えないこと』です。
男性は、あまり自撮りに慣れていないので、どうしても目線や角度が不自然になってしまいがちです。友人や家族などに撮ってもらうことが好ましいですが、自分しかいない時は、遠隔操作かタイマーをセットして、自撮りに見えない写真を撮りましょう。

加工アプリ使用

加工アプリを使用すると、実物とのギャップが出てしまいます。あきらかに合成・加工をしている写真は、運営側からNGとされるケースも少なくありません。
暗い場所で撮影した時に、画面の明るさを調節するぐらいの加工は仕方がありませんが、顔のパーツや肌に修正を加えることは避けましょう。普段から、加工アプリを使いこなしている女性ユーザーの目はごまかせません。

写真に気合が入りすぎている

運営する側からしたら、気合が入った写真でも大して問題はありませんが、既存ユーザーからの支持を得られないケースがあります。
自分をよく見せたい、知ってもらいたいという気持ちが強くなると『マイワールド感』や『ナルシスト感』が出てきます。
ある程度の気合いは必要ですが、他人から見て不自然なものは、審査落ちする可能性があります。一度、友人などに見てもらい、感想を聞くのがよいでしょう。

審査が通ったあとは写真を複数枚登録

晴れてプロフィール写真が審査に通ると、今度は複数の写真を登録できます。ここからが、出会いを探す『本番』です。

笑顔や全身がわかる写真

メイン写真の他に複数の写真を登録すると、相手からの注目率も高まります。2枚目からの写真には、全身が分かる写真や、笑った時の表情など、1枚目とは違った雰囲気の写真をアップするのがポイントです。
『全身の写真』は、服装や体格も含め、全体の雰囲気を知るのに役立ちます。また、オフの時の笑った顔、仕事中の真剣な顔、横顔など、ワンパターンではない表情が女性の心をつかみます。顔のパーツよりも、自分の持つ『雰囲気』が伝わる写真を多く載せましょう。

趣味の写真

料理、スポーツ、旅行、カフェ巡りなど、趣味が分かる自分の写真を載せることで、女性は『男性と一緒に過ごす日常』がイメージしやすくなります。趣味が似ていれば、出会い率も高まりますし、違った趣味は世界を広げるきっかけになります。
注意したいのは、好きな物の写真を載せすぎないということでしょう。車の写真など、コレクションばかりを載せるのは、見ている方にとっては単なる自慢にしか思えません。また、過度な露出や薄着の写真は、避けるようにして下さい。

写真のクオリティ、枚数によりマッチング率が変わる

マッチング率は、写真の質と枚数によって左右されるのを知っていますか?
公式データでは、サブ写真を載せている人は、載せていない人よりも、10倍以上マッチングしやすいのだそうです。本気の出会いを見つけるための最後のポイントを説明しましょう。

サブ写真登録でマッチング率が上がる?

審査のためならメイン写真が重要ですが、審査通過後は、サブ写真の登録がマッチング率をアップさせるカギになります。
『サブなので、適当に載せてみました』ではなく、サブであっても、写真はクオリティの高いものを選んで下さい。
一般的に、写真の数は多い方がマッチング率が高いといわれています。その人を知るためのデータが多ければ多いほど、選ばれる確率は高くなるということです。
同じような写真を沢山載せるのではなく、1枚ごとにテーマを決め、全てがイチオシの写真になるようにしたいものです。

女性ウケを意識して、撮り方に工夫を

最近はインスタグラム風のお洒落な写真も流行っています。女性は『雰囲気のある写真』が大好きなのです。
無駄に加工を加える必要はありませんが、美しい背景の場所を選んだり、可愛らしいペットと一緒に写ったりと、女性ウケを意識してみるのもおすすめです。
男性と女性の好みには差があります。女性が親しみを持ちやすい写真のレイアウトや撮り方を勉強してみるのもいいでしょう。

ベストな写真で素敵な出会いを掴もう

完全審査制恋活アプリ イヴイヴは、1枚目の写真が審査で承認されなければ出会いのチャンスは閉ざされてしまいます。
逆に考えれば、1枚の写真が上手くいけば、限られたユーザーとの出会いを楽しめるのです。
まずは、素敵な出会いの第一歩のために、ベストな写真を選ぶ努力をしましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP