恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【イヴイヴ】恋活男性が審査に通るOK写真のポイント

完全審査制恋活アプリ イヴイヴには写真審査があり、誰でも入会が可能となるわけではありません。
恋活する男性が、1回で審査に通るOK写真のポイントを解説します。

▼「イヴイヴ」について詳しくはコチラ

審査で見られる1枚目の写真を重要視する

イヴイヴは他の恋活・婚活アプリと違って、『完全審査制』なのが特徴です。
運営スタッフと既存ユーザーの支持を得なければ入会できないので、「ルックスのいい人しか登録できない」と半ば諦めている人もいるかもしれません。

審査で見られるのは1枚目のメイン写真です。
実はルックスの良し悪しではなく、『雰囲気の良さ』や『写真がブレていないか』・『加工し過ぎていないか』などの『写真の基本』が問われているのです。
1枚目の写真のポイントを2つ解説します。

初めの写真がその人の印象を決める

1枚目のメイン写真は、いわば『お見合い写真』のようなものです。
相手のことを何も知らず、信頼関係が構築されていない中では、相手の顔写真が全てです。
人の印象は3秒で決まるといわれるように、このメイン写真で全てが決まるため、いつもよりも気合を入れて臨みましょう。
集合写真の引き伸ばしや、部屋で適当に撮った自撮り写真などは、『本気度が足りない』とスルーされてしまう可能性があります。
自分の魅力が伝わるような『ベストショット』を載せて下さい。

誠実さが伝わる1枚を

写真審査では、ルックスの良さよりも『誠実さ』が重要視されます。
オンライン上での出会いは、相手の素性が分からないということもあり、多くの女性は不安を抱えています。
遊びではなく、本気で恋活・婚活をしているということをアピールするためにも、ある程度の『きちんと感』が必要です。
顔の表情、写真を撮る場所、服装や髪形などを工夫するようにしましょう。
また、顔がぼやけていたり、原型が分からないような加工が施されていたりすると、『不誠実』とか『怪しい』というイメージを与え、審査が通らないことは確実です。

ポイント

誠実で好印象な写真を撮るためのポイントをいくつか紹介します。
このポイントは、イヴイヴの運営スタッフや既存ユーザーもしっかりとチェックしています。
必ずクリアするようにしましょう。

顔がはっきりわかるものをチョイス

顔のパーツが不鮮明なものは、『不誠実』とか『よく分からない人』という印象を与えてしまうのでNGです。
下記のような写真は避けましょう。

  • 集合写真の引き伸ばし
  • 手ブレしているもの
  • ピントが合っていないもの
  • 画像解析度が極端に低いもの
  • 加工のしすぎ
  • 影があるもの

スマートフォンではなく、コンデジや一眼レフカメラを使うのもおすすめです。
画質の良さはもちろん、背景のボケ感や立体感、色の鮮やかさなど、他の写真と差をつけることができるでしょう。

第一印象が重要。爽やかさを出そう

メイン写真は『爽やかで明るい雰囲気』を出すことがポイントです。
爽やかさを出すには様々な方法がありますが、『自然な笑顔』が第一条件です。
無表情や仏頂面は、「この人と一緒にいても楽しくなさそう」という印象を与えます。
口角を上げて、少し歯が見えるくらいの笑顔が理想です。

爽やかさを感じさせる服装や髪形も大切です。
暗い色の服よりも、白やブルーなどの明るい色の服を身に着けるようにしましょう。
女性は、ビジネススーツを着ている男性にも『頼もしさ』や『かっこよさ』を感じます。
襟元からワイシャツの白さをのぞかせて、爽やかさや『きちんと感』を出してみて下さい。
髪型だけがボサボサということがないように、いつもよりも念入りにセットしましょう。

他者撮りで顔のアップを避けて

メイン写真は、『自撮り』を避けたほうが良いでしょう。
自然な自撮りで審査に合格する人もいますが、慣れていない人は、目線や手の位置などが不自然になり『ナルシスト感』が全面に出てしまいます。
また、至近距離からしか撮影できないため、どうしても顔がアップに写ってしまうのもマイナスポイントです。
友人や家族などにお願いして、自然な構図の写真を撮ってもらうようにして下さい。

明るい場所で笑顔の写真を撮ろう

撮影場所は、室内よりも明るく広さのある屋外がよいでしょう。
たとえば、緑豊かな公園やビーチは、明るい太陽光で表情も生き生きして見えるのでおすすめです。
また、オープンカフェなどのお洒落な場所で撮られた写真も女性には人気が高いようです。

写真を撮る際は、無理にかっこよくする必要はありません。
いつもの自然な笑顔で十分です。
自分の部屋などは、整理整頓されていないものが写り込む可能性があるのでNGです。
また、電気の種類によっては、顔色が悪く不健康そうに見えてしまったり、影ができてしまったりするので、素人には調節が難しいといえるでしょう。

カメラを意識していない自然な写真を

普段から写真に慣れていない人は、カメラを意識しないのは難しいかもしれません。
そんな時は、親しい友人にお願いして、日常の一コマを切り取ったような自然な表情を撮ってもらいましょう。
『自撮り』はカメラを意識し過ぎてしまうので、表情が不自然になることが多いです。
しかし、何度も自撮りを繰り返していると、どれが自分の自然な表情なのか、感覚が分からなくなってくることがあります。
遠隔操作で離れたところから撮る自撮り方法もありますが、自然な写真ならやはり『他者撮り』に限ります。

審査が通ったあとは写真を複数枚登録

晴れて審査が通って入会できた後は、どれだけ多くの人に興味を持ってもらえるかが鍵になります。
サブにはどんな写真をのせるべきかを解説していきます。

友達との楽しそうな写真も好印象

サブ写真には、趣味や日常生活などを垣間見ることのできる写真を登録してみましょう。
特に、友達との楽しそうな写真は高ポイントで『仲間を大事にしている』という印象を与えることができます。

また、お付き合い後の休日の過ごし方や、交友関係などをイメージする材料にもなります。
ぜひ1枚は、友達との写真をアップしてみて下さい。

全身写真で雰囲気を知ってもらおう

メイン写真は『顔~上半身』までの正面写真を載せたら、サブには全身写真を登録しましょう。
身長やスタイルなど、全体の雰囲気が分かるものが好ましく、より相手に自分を知ってもらうことができます。
くれぐれも、顔のアップや正面写真だけを何枚も登録することのないようにして下さい。

写真のクオリティ、枚数によりマッチング率が変わる

あるデータでは、『写真掲載率が多いほどマッチング率が高まる』という結果があります。
せっかく載せるなら、クオリティの高い写真を選んで、他の人と差をつけましょう。

プロに任せて魅力を最大限に引き出そう

ほとんどの人は自分や友人が撮った写真をアップしますが、プロに婚活用写真をお願いするという方法もあります。
写真のプロは、その人の最も良い表情を逃さずに撮影してくれる技術があります。
また、光の当て方やポーズの取り方など、魅力を引き出す方法を知っているので、他の人とグッと差をつけることができるのです。
沢山ある顔写真の中でも、プロが撮ったものはひと際目立つ存在になります。
『真剣に婚活をしている』という真面目さや本気度も伝わるでしょう。

数種類の写真で魅力をアピール

同じシチュエーションのワンパターンな写真ばかりでなく、趣味を楽しむ姿や、仲間との写真、仕事中のスーツ姿など、様々な写真を載せてみましょう。
これは『どんな日常を送っているか』を相手に想像させる材料となります。
親しみを感じ共通点を見つけて声をかけてくる女性はもちろん、意外なギャップに魅かれるという女性も少なくありません。
少なくとも3枚以上のサブ写真は必須といえるでしょう。

最高の一枚を登録して審査を通過しよう

写真が持つ第一印象の効果は絶大です。
『審査に通過しやすい写真』のポイントを押さえつつ、完全審査制恋活アプリ イヴイヴで自分の魅力が最大限に伝わるようなベストショットを登録しましょう。
写真に慣れていないという人は、身近な人やプロのアドバイスを受けてみることをおすすめします。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP