恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【イヴイヴ】女性必見!さりげなくデートに誘わせる最強3ワード

デートの誘いって、女性はやっぱり男性からしてほしいですよね。男性からデートに誘ってもらえるよう、『3つの最強ワード』を使って上手にアピールしてみましょう。

▼「イヴイヴ」について詳しくはコチラ

近いですね!

『近いですね!』というワードは、色々な場面で効果的です。

共通で知っていることがあると、話は自然と盛り上がるものです。もし幸運にも、気になる男性となにかが『近い』という共通点があったら、ぜひ使ってみたいのがこのワードです。「近い」というワードが心理的にも2人を近づけるきっかけとなるのです。

距離が近いというアピールが大事

家が近いと周辺の環境に関してお互いに知っていることが多く、「あの店行ったことある?」など話題を出しやすくなります。地域ネタで話もはずみ、相手に親近感がわきます。家の距離が近いことで『近いなら誘いやすい』と思ってもらえるかもしれません。

また、家が近いと休日でも会いやすいというメリットもあります。

「休日は何しているの?」という質問は、会うのにいつが都合がいいかを確認している可能性もあります。こういうときは『忙しいアピール』は避け、「○曜日はいつもヒマなんだ」など具体的な予定を伝えて、あなたの誘いやすい日を相手にさりげなく教えてあげましょう。

学校や職場が近くてもいい

通っていた高校や大学が近かったというのも、2人を近づけるポイントです。学生時代の思い出がある場所はなつかしさを感じ、お互いに親近感がわきます。

2人にとって思い入れのあるエリアへ思いをはせることで、グッと距離が近くなるかもしれません。学校帰りによく立ち寄った店や公園などを思い出しながら、2人にとっての共通点がないか探りながら会話を展開させてみてください。

また、職場が近いのも誘いやすい要因のひとつとなります。わざわざ休日に時間を設けて会うよりハードルが低く、会いやすいからです。相手が何時に仕事が終わるか確認しましょう。「近いから帰りついでにご飯でも」という自然な展開を期待できます。

出身地が近いのも盛り上がる

合コンなどで初対面の人同士でも気軽に盛り上がる鉄板ネタは『出身地』に関するものです。出身地が近いのは、運命を感じるのにも一役買うくらいインパクトのある要素です。

もし相手と地元が近かったら、利用しない手はありません。出身地が近いというだけで特別な親近感が生まれます。どんどん地元ネタを出して話をはずませましょう。

出身地ネタはメッセージのやりとりだけでも盛り上がりやすいので、「この女性と直接会ってたくさん話してみたい!」と思ってもらえる可能性が高まります。

おすすめは?

『おすすめは?』というワードも積極的に使いましょう。

一般的に男性は、女性になにかを教えてあげるのが好きです。『おすすめは?』と聞かれたら、一生懸命思い出したり、調べたりして教えてくれるでしょう。特に、相手の得意分野について聞けば、話が次から次へと展開していくことが期待できます。

まずは興味や好きな物を聞いてみる

『あなたに興味があります』ということを示すために、まずは彼が興味を持っているものや好きな物について質問してみましょう。

興味のあるものに関する質問をすると、男性に「この女性は自分に興味を持ってくれているから会ってみたい」と思ってもらいやすくなります。相手が好きなものを、「私も好き」と伝えることで、それを口実に誘ってもらえるかもしれません。

男性が好きなことや得意なことを話してきた場合、「すごい!」「おもしろそう!」など積極的にポジティブな言葉でリアクションしましょう。

おすすめを聞いてさりげなくアピール

手っ取り早く男性に誘ってもらうために使えるのが、『おすすめのお店を教えてください』というワードです。教えてもらえたら、一緒に行きたいことをほのめかしてみてください。「じゃあ一緒にどうですか?」と男性の方から誘ってもらえるかもしれません。

『あなたと一緒に行きたい』というアピールをすることで、向こうから誘ってくるのを促しましょう。食事デートに誘ってもらうためには、おすすめのお店を聞いて『行ってみたいアピール』をするのが効果的です。

女1人で行くのは…

『女1人で行くのは…』というワードは、「女友達と行く気はなく、一緒に行く男友達もいない」ということを最大限にアピールしている表現です。「女性1人では入りづらいなら自分が一緒に行ってあげようか」と思ってもらえます。

好きな事や食べ物を聞かれた時がチャンス

食事デートに誘ってもらうには、お互いの食の好みを把握することが重要なポイントです。共通で好きな料理があれば男性も誘いやすくなります。

相手から好きな事や好きな食べ物を聞かれた時は、誘ってもらう大チャンスです。「一緒に行ってみたい」という言葉を添えて、会う約束を取りつけましょう。

ラーメン屋さんや焼き鳥屋さんなど

女性が1人で入りにくいと思うようなお店を引き合いに出して誘ってもらう、という手もあります。例えば牛丼屋、定食屋、ラーメン屋、焼き鳥屋など、男性客の割合が比較的高い店です。

上記のような店は、客の回転率が良く長居しにくいので2人で過ごす時間が少ないかもしれませんが、直接会ってみる口実として、お互いに気軽に行ける店でもあります。

波長が合えばそのあとカフェでお茶することもできますし、話が合わなければ短い時間で帰ることもできます。

行きたいけど1人では行きにくいアピール

男性は、女性から頼られるのが好きな傾向にあります。「男性客が多い店に行ってみたいけど1人では入りにくい。一緒に行ってくれたらうれしいな」といわれたら、「女性1人だと恥ずかしいなんてかわいいな、連れて行ってあげたいな」と男性は考えるかもしれません。

男心をくすぐる女性のかわいらしさをちらっと見せることも時には効果的です。行ってみたいけど1人で行くのは勇気が必要、ということを伝え、男性に『自分はこの女性に頼られている』と自覚させることで誘ってもらうことにつなげましょう。

デートに誘われた時の注意ポイント

まだ会ったことのない人と会うのはお互い不安な気持ちが多いもの。特に女性は、トラブルに巻き込まれないよう、相手の男性が信頼できる人間かどうかをきちんと見極める必要があります。

デートをする前に注意すること

連絡先の交換や、会うことを急ぐ男性には注意が必要です。自分の気持ちや都合ばかり押し付けてくるような男性ではないか、メッセージのやりとりの中で会う前におおまかな人柄をチェックしましょう。

もし会うことになったら、そのデートの行き先はどんな場所なのかも気にしたいところです。

食事以外やいきなり夜に会うデート

相手がどのような人か分かる基準に、初めてのデートでどこに行くかという項目があります。食事デートではなく、深夜の時間帯にバーで会うなど、遅い時間帯にお酒を飲もうと提案してくるような男性には要注意です。

もしかしたら、急にホテルに誘ってくるという失礼な人もいるかもしれません。まずは昼間の時間帯に数回会って信頼できる人かどうかを確かめてから、夜に会うという慎重さがあってもいいでしょう。

車に乗るようなデートは注意

まだお互いのことをよく知らないのに男性の車に乗るのは危険な場合もあります。下心があって車を使う可能性も否定できません。初めて会うのに密室で2人きりになるのには注意が必要です。信頼できるまでは相手の車に乗らない方が身のためともいえます。

最初のデートからドライブに行こうと誘われて疑問に思ったら、勇気を出して断ることも必要です。単に断るだけではなく、「まだあなたのことをよく知らないのでドライブデートはちょっと抵抗がある」と正直に伝えましょう。

本当に大切にしたい出会いであれば、男性は女性の意思を尊重してくれるはずです。ドライブデートを断ったことが原因でデートがなしになるような男性だとしたら、初めから会わなくて正解だったといえるでしょう。

最強3ワードで気になる男性にアピールを

女性がデートに誘われやすくなるには効果的なポイントがあります。この3つの最強ワードを使って、気になる男性からさりげなくデートに誘ってもらいましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP