恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【マッチドットコム】ブロックと非表示の違いって?

この記事を要約すると

マッチドットコムで婚活をする際に、相性が良くない相手からのメッセージが沢山きても困るでしょう。そんな時に使えるブロックと非表示という機能の違いを解説します。

マッチドットコムで婚活をする際に、相性が良くない相手からのメッセージが沢山きても困るでしょう。そんな時に使えるブロックと非表示という機能の違いを解説します。

▼「マッチドットコム」の詳しい内容はコチラ

無料出会いアプリ「マッチドットコム」の特徴、料金、口コミ、攻略方法は?

ブロックする仕方は?

婚活において、自分の条件にあわない異性とのやり取りは効率的ではありません。さらに、自分が求めている異性を探すことの障害ともなりかねません。

そこで、合わない異性や、迷惑なメッセージを送ってくる会員をブロックする方法を解説します。ブロックは無料会員でも使えて、簡単に利用できる機能なので便利ですよ。

ブロックしたい会員のプロフィールを開く

まず、マッチドットコムのホーム画面から、ブロックしたい会員のプロフィールを開きましょう。これはスマホのアプリでも、PCサイトからおこなう場合でも同じです。

相手のプロフィールを開いたら次は、メニューボタンである『…』のマークを探してください。

メニューにマウスを合わせる

相手のプロフィールを開いたら後は、メニューにマウスを合わせましょう。

  • PCサイトからであれば「いいね」ボタンの横にある『…』にマウスを合わせる
  • スマホの場合は画面右上の『…』(※スマホ画面では点が縦に表示されます)がメニューの場所です。

どちらも『…』を選択すると、簡単にメニュー画面を出すことができます。メニュー画面を出せたら次に進みましょう。

受信拒否、をクリックする

メニュー画面から『受信拒否』という項目を選択し、クリックするとブロック完了です。これで、ブロックした相手からメッセージやウィンク(※)は表示されなくなります。

以上のように、操作は非常に簡単にできます。自分と合わない異性のメッセージが沢山きて困っているという方は使ってみましょう。

また、『相手にはこちらがブロックしたことはわからない』ので、相手の気分を害する心配はないため安心して使えます。

操作も簡単なので、より理想の相手を探しやすくするためにも、上手にブロック機能を使っていきましょう。

(※ウィンクとは、無料会員でも使えるワンクリックで相手への好意を伝えられる機能)

間違ってブロックしてしまったら?

間違ってブロックしてしまった際には、再び表示することができますのでご安心ください。スマホアプリの場合と、PCサイトからの場合に操作が変わりますので分けて紹介します。

スマホアプリの場合には、以下の方法で再びブロックした相手を表示させることが可能です。

  1. メニュー画面を表示する
  2. ヘルプを選択し、クリックする
  3. 画面の右上にある歯車マーク(設定)をクリック
  4. 『受信拒否』という項目をクリックし、リストから間違ってブロックした相手を排除

PCからブロックした相手を表示させる場合には、以下の操作で再表示できます。

  1. 画面右上にある歯車マーク(設定)をクリック
  2. 『受信拒否』をクリックし、間違ってブロックした相手を排除

以上の方法で、万が一簡単に間違ってブロックしても再び表示することができるので、間違ってしまっても焦らなくて大丈夫です。

操作ミスなどで間違えてブロックした場合には、上記の操作でブロックを解除すれば問題ありません。

非表示の仕方は?

マッチドットコムで婚活をしている場合、検索結果に相性の良くない異性が毎回出てくると、本当に付き合いたい異性を見逃してしまう可能性もありますね。

そこで、検索から特定の会員を非表示にする方法を紹介したいと思います。ちなみに、この機能は有料会員のみ使える機能です。

非表示にしたい会員のプロフィールを開く

マッチドットコムの画面から、非表示にしたい会員のプロフィールを開きましょう。

メニューにマウスを合わせる

次に、メニューを表示します。スマホアプリとPCサイトからでは操作が変わるので、分けて解説しましょう。

  • スマホアプリでは、右上にある『…』マーク(スマホでは点が縦に表示されます)をクリック
  • PCサイトからは、『いいね』ボタンの横にある『…』マークをクリック

検索から削除、をクリックする

スマホアプリまたは、PCサイトのメニューを出したら『検索から削除』をクリックすると、検索結果にその会員は出てこなくなります。

検索する際に、沢山の候補が出てきて選ぶのに時間がかかるというお悩みをお持ちの方はぜひ使ってみてください。

また、『相手にはこちらが検索から排除したことはわからない』ので、相手の心象を気にする心配はないため安心して使えます。

ブロックと非表示の違い

ブロックした場合には自分のプロフィールを相手が閲覧できますが、非表示の場合には、相手は自分のプロフィールそのものを見ることができなくなります。

どちらも似ている機能ですが、2つの機能には大きな違いがありますのでしっかり覚えておきましょう。

メール受信拒否と検索結果から削除

ブロックと非表示には下記のような違いがあります。

ブロックした場合は以下のようになるのです。

  • 相手からのメッセージやウィンクを拒否することができる。
  • 相手からは自分のプロフィールが見られる
  • 相手にはブロックされたことはわからない

非表示にした場合は以下のようになります。

  • 相手が自分の検索結果から消える
  • 相手の検索結果からからも自分が消える
  • 相手は非表示されたことはわからない

このように、非表示にすると根本的に自分の存在を検索結果から消すことができるのです。

ブロックは無料会員、非表示は有料会員のみ

ブロックは無料会員でも使える機能ですが、非表示は有料会員しか使うことができない機能です。ブロックのみでも相手からのメッセージやウィンクを拒否することができます。

しかし、ブロックでは検索結果には表示され続けるので、検索する際に除外したい場合には非表示を使いましょう。

必要に応じて使い分けよう

マッチドットコムには、ブロックと非表示の2つの機能があるので、場合によって使い分けましょう。ブロックと非表示は似ている機能ですが、明確な違いがあります。

そこで、どのようにブロックと非表示を使い分ければ良いのかについて解説していきます。

ブロックはしつこくしてくる会員対策に

『ブロックしても相手には自分のプロフィールが見えている状態』なので、こちらが返信する気がないことを明確に伝えることができます。

婚活で、自分の条件に合わない異性からしつこくアプローチされても困りますから、見込みのない異性とは早めに関係を切った方がお互いのためでしょう。

そのためにも、相手にやんわりと拒否の意思を伝えることができるブロック機能は、しつこい相手に有効です。

非表示は理想の相手を見つけやすくする

非表示機能をつかうと、こちらだけでなく『相手の検索結果からも自分のプロフィールが消える』ため、望まない相手からのアプローチを避けることができます。

さらに、検索の際に恋愛対象とならない異性を排除すると、検索結果がスッキリして自分の好みの異性を見つけやすくなるので、効率的に理想の相手を探すことが可能です。

なお、非表示機能は有料会員しか使えないので、もっと検索結果を見やすくしたくなったら有料会員に切り替えるといいでしょう。

2つの機能を上手に活用しよう

マッチドットコムには多くの会員がいますから、その中から自分の運命の人を見つけるのは簡単ではありません。

そこで、運命の相手を効率的に見つけるために、ブロックと非表示という便利な機能を活用してマッチング率を上げていきましょう。

マッチドットコムはこちら

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP