恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【マッチブック】30代女性に人気!モテる男のプロフィール写真

この記事を要約すると

出会い系アプリで、女性にモテるためのプロフィール写真の撮影ポイントを解説しています。女性に興味を持ってもらうためには、プロフィール写真の品質が最も重要です。

出会い系アプリで、女性にモテるためのプロフィール写真の撮影ポイントを解説しています。女性に興味を持ってもらうためには、プロフィール写真の品質が最も重要です。

写真は複数枚

出会い系アプリでは、一般的にメインとなる写真1枚と、サブ写真複数枚をプロフ画像に掲載できるようになっています。

出会い系アプリを利用するなら、今では写真を載せるのが当たり前です。

仮に写真を載せないとライバルたちに勝つことができず、出会えない可能性が高くなってしまいます。

出会い系アプリでは『プロフィールの写真で相手への印象が決まる』と言っても過言ではありません。

複数枚の写真を用意して、あなたのことを相手に最大限アピールするようにしましょう。

メイン画像には、顔がはっきりわかる写真を、2枚目以降は遠目から撮影した全身が見える写真を掲載するようにします。

 

写真で人柄が表現できる

インターネットで知り合った見ず知らずの男性に会うのは、女性にも不安が付きものです。その不安を少しでも解消するのに役立つのがプロフィールの写真です。

出会い系アプリでは、基本的に会員の比率は女性より男性の方が多いので、女性はたくさんの男性からアプローチされます。その男性たちをふるいにかける際、女性が見るのがプロフィールの写真です。

プロフィールを詳細にチェックする前に、プロフィール写真を見て『直感的に印象の良し悪しを判断』しているのです。

女性がチェックしているのは『イケメンか否か』だけではありません。プロフィール写真を見て、あなたが『安心して会える男性か』などあなたの人柄をイメージしています。

逆にいえば、プロフィール写真であなたの人柄をアピールできるわけです。そのためにもメイン画像だけでなく、複数の写真を掲載してあなたの雰囲気を相手に伝えるのが重要です。

 

良い印象を与える写真だけを選ぶ

あなた自身をアピールするために、出来るだけ多くの写真を載せた方がよいのですが、なんでも掲載すればよいというわけではありません。

たとえば、メイン画像を含め他の写真は明るくて爽やかな印象なのに、1枚でも暗い感じの写真が混じっていると、それだけで印象を悪くしてしまいます。

あまり印象の良くない写真ならアップしない方がマシです。

よい印象の写真だけアップするようにしましょう。

自撮り写真はNG

出会い系アプリ用のプロフィール写真に、すぐに用意できる自撮り写真を使う男性が多く見られます。

しかし自撮り写真を使うのは基本的にNGです。

仮に、どうしても自撮り写真しか用意できない場合でも、セルフタイマーを使うなどして出来るだけ自撮りに見えない工夫をしましょう。

 

男性の自撮り写真を苦手な女性は多い

なぜ自撮り写真がNGかというと、女性の中には男性の自撮り写真が苦手な人が多いからです。

どんなによく撮れていたとしても、男性の自撮り写真はあまり良く思われません。

 

ナルシストに受けとられる可能性がある

男性の自撮りは、しばしば『自分が大好きなナルシスト』に受け取られてしまうことがあります。

誰が見てもイケメンと言えるぐらいの男性ならば納得してもらえることもありますが、そうでなければ避けた方が無難です。

 

他者撮りの楽しそうな写真

よほどのイケメンでなければ、女性に安心感を与えられるのはカッコつけたキメ顔ではなく笑顔です。

ところが、自撮りで自分の笑顔を撮ろうとすると、どうしても不自然になってしまいがちです。

友達に会話などしながら撮ってもらうと、自然で心から楽しそうな笑顔の写真が撮れるでしょう。

 

笑顔は好印象を与える

女性は見も知らぬ男性と2人きりで会うのは不安なものです。

プロフィール写真は多少オーバーなくらいの笑顔のほうが、相手に安心感を与え印象もよくなります。

爽やかでなおかつ優しそうな笑顔であれば、さらによいでしょう。

ただおとなしい方が、無理やり大げさな笑顔を作ったりする必要もありません。

自分のキャラにあった範囲で、自然な笑顔を作ることを心掛けましょう。

そのためにも、自撮りより自分を自然に撮ってもらえる他者撮りがおすすめです。

 

専門カメラマンに撮ってもらうのもおすすめ

可能であれば、友達より専門のカメラマンに撮ってもらう方がいいでしょう。

専門家は豊富なノウハウをもっているので、「相手に安心感を与えるような自然な笑顔を撮ってください」とお願いすれば、希望に近い写真を撮ってもらえます。

こちらから構図などを指示しなくても、専門のカメラマンはよいアイデアを持っています。

プロであれば、カメラ自体も一般人ではなかなか手の届かない高機能な代物です。

そのカメラできれいに撮影する術も把握しています。

実際、スマホなどで友達に撮ってもらった写真と、カメラマンに高級なカメラで撮ってもらった写真では雲泥の差があり、『いいね!』をもらえる数に大きな差がでるでしょう。

結果、出会い系サイトで女性と出会えるまでの期間が短くなり、費用の節約になることもあるなど、メリットは多いはずです。

趣味が分かるおしゃれな写真

サブ写真には、趣味に取り組んでいるおしゃれな写真を載せるのが効果的です。

フットサルのようなスポーツをしていたり、ギターを弾いていたり、趣味に没頭しているときの方が、その人が輝いて魅力的に見えるものです。女性のウケも良くなるでしょう。

 

会話のきっかけになる

趣味の写真は、他にもメリットがあります。

何かの趣味を楽しんでいる写真を見て、相手から「楽しそうですね」とか「私もやってるんですよ」とか会話を引き出すきっかけにもなるのです。

それで会話が盛り上がれば、相手と仲良くなりやすいでしょう。

 

共通の趣味を持つ女性の興味をひく

さらに女性が共通の趣味を持っていれば、趣味の写真で興味を示してくれる可能性が高くなります。

共通の趣味を持った相手なら、その後の会話も続きやすいですし、仲良くなれる可能性も高くなります。

そういった相手を探し出すときにも、趣味の写真は有効なのです。

 

子供やペットと写った優しさが伝わる写真

子供やペットを可愛がっている写真は、優しそうにみえるので好印象です。

その上、子供と映っている写真なら「将来子供ができても、ちゃんと子育てを手伝ってくれそう」といった印象を持ってもらうことも可能です。

相手が動物好きなら「一緒に動物園に行ったら楽しそうだな」と話のきっかけになることもあります。

 

女性は可愛いものが好き

子供やペットと映ったサブ写真を使うのは、他のメリットも期待できます。

女性は可愛いものが好きなので、可愛い子供やペットの写真に目が惹かれるのです。

結果、自分のプロフィール写真に興味を持ってもらうきっかけにもなります。

プロフィール写真では、まずは相手に見てもらうことが重要です。

 

子供と写る時は注意書きも必要

子供と写るときは必ず注意書きを添えるようにしましょう。

間違ってバツイチの子持ちなどと勘違いされてしまうと、女性から敬遠されることになります。

プロフィールの細かいところに、結婚歴や子供の有無が書いてあっても、相手が見てくれないことも考えられます。

たとえば自己紹介文に、甥っ子や友達の子といったように書いておくと、勘違いされる可能性を減らせます。

 

モテる男になるために最高の写真を選ぼう

出会い系アプリでは見た目の印象が重要です。プロフィール画像の写真が、女性の目に留まらなければマッチングできません。

ここでまとめたモテる男のポイントをしっかり押さえて、最強のプロフィール写真を目指してチャレンジしてみて下さい。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP