恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【マッチブック】女性が初めてのデートで気を付けたい5つのポイント!

この記事を要約すると

気になる男性との初めてのデートは、好印象を与えて次のステップにつなぎたいですね。初デートで気を付けたい5つのポイントを、しっかり押さえておきましょう。

気になる男性との初めてのデートは、好印象を与えて次のステップにつなぎたいですね。初デートで気を付けたい5つのポイントを、しっかり押さえておきましょう。

話すのが苦手なら事前に伝えておく

せっかくの初デート、できることなら盛り上がりたいところですが、中には会話をするのが苦手という人もいるでしょう。そんな人は初デートの前に、会話が苦手だと相手の男性に伝えておくことをおすすめします。

何故なら、事前に伝えておくことで、万が一当日の会話がなかなかはずまなくても「自分と一緒にいるのつまらないのかな?」と男性を不安がらせずにすむからです。

また、サービス精神旺盛な男性なら、会話が盛り上がるようにいろいろと気配りをしてくれるかもしれません。

苦手を共有して親近感アップ

初デートは誰でも緊張するものですよね。そんな初デートに効果的なのが、自分のダメな部分や苦手なことを積極的に伝えることです。「会話が苦手」と事前に話しておくことも、自分の苦手を共有することのひとつになります。

誰でも、苦手なことはあります。自分のダメな部分をあえて知らせることで、お互いに緊張感が和らいで親近感がアップするでしょう。

苦手な部分を話すときは、卑屈にならずに笑顔で明るく話しましょう。このように素の自分を積極的に出すことで、男性にも「明るくて楽しい女性だな」・「一緒にいて気が楽だな」という印象が残ります。

相手の好みに合わせた話題を考えておく

会話を盛り上げるためのコツは、事前に相手の好みに合わせた話題をいくつか考えておくことです。

例えば、ペットを飼っている男性なら、ペットについて質問すれば答えてくれるでしょう。映画が好きな男性なら、好みのジャンルやおすすめの映画を聞いてみるのも良いですね。

その他にも『好きな食べ物の話』や『休日の過ごし方』など、何気ない会話のネタを事前に考えておくと、会話に詰まっても焦らないですみます。

女性らしく振舞う

素のあなたがいいと言っても、ガサツでいいというわけではありません。特に初デートは、印象が大切です。デートの間は、女性らしさを常に意識するようにしましょう。

食事のマナーを心得ておく

食事中のマナーには、その人の育ちが見え隠れします。そのため、女性の食事のマナーに対する男性からの目は、なかなか厳しいものがあります。特に、男性が不快に感じることは、以下になります

  • くちゃくちゃ音
  • お箸の使い方が悪い(迷い箸や寄せ箸など)
  • 口に食べ物をたくさん入れたまましゃべる
  • 店員に横柄な態度を取ったり店に文句を言ったりする
  • 食べ物をよくこぼす

もし、この中で思い当たることがある人は、初デートで男性を幻滅させないためにも、今のうちに直しておいた方が良いでしょう。

女性らしい心配りをしっかり

初デートは、男性の目が特にシビアになりがちです。女性の取る行動ひとつで、次があるかないかが決まってしまうこともあります。男性に対する心配りは、普段以上にしっかり意識しておきたいところです。

例えば、食事デートであれば小皿を渡してあげたり、調味料を取ってあげたりすると好印象を与えられます。

食事が先に届いた場合は、黙って先に食べ始めたりせず、男性の注文が届くのを待ってみましょう。男性が先に食べるように促してくれれば、先に食べ始めてもかまいません。その場合も、相手の品が届くタイミングや食事のスピードを気にかける気遣いは必要です。

おしゃべり好きでも話し過ぎない

「会話を盛り上げるためにはとにかく話さないと!」そう思っている女性も結構多いものです。中にはおしゃべり好きな女性もいることでしょう。会話は全く話さないと盛り上がりにくいものですが、どちらか一方が話し過ぎても盛り上がらなくなる可能性があります。

会話とは双方向のコミュニケーション、いわゆる言葉のキャッチボールです。にもかかわらず、女性が一方的にマシンガントークを行うと、聞き役は疲れてしまいます。お互いが会話を楽しめるように、話し過ぎには注意をしましょう。

相槌を打ちながら相手の話を聞く

会話中の相槌はとても重要です。自分が話をしている時に相手が全く相槌を打たないと「この人、本当に聞いているのかな?」と心配になってきます。

逆に相槌が入ると、話す方も安心して話せて会話もどんどん楽しくなるものです。相槌を入れる時は男性の方をじっと見つめてみましょう。そうすることで、会話とともに2人のムードも盛り上がります。

あまりにも激しいリアクションはわざとらしくなりがちなのでNGです。あくまでも相槌は、会話を盛り上げるための小道具的な役割であることを忘れないようにしましょう。

男性を立てる

男性はプライドが非常に高く、自分を立ててくれる女性に弱いものです。そんな男性の性質を上手に利用し、初デートは相手を常に立ててあげるように意識してみましょう。

特に外したくないポイントは、男性が自慢話をし始めた時です。男性の自慢話には、自分という存在を女性に認めてもらいたい気持ちが現れています。

男性が何か自慢を始めたら「すごい!」・「ステキね!」など、少しオーバーなくらい良い反応をしてあげましょう。男性は頬を赤らめて上機嫌になり、初デートも大いに盛り上がることでしょう。

TPOに合わせた服装を

デートの雰囲気を壊さないためにも、TPOに合った服装を心掛けることはとても大切です。

デートプランを聞いておく

TPOに合った服装をするために最も簡単なコツは、当日のデートプランを聞いておくことです。食事の場合はどういったお店に行く予定か確認しておけば、お店の雰囲気に服装を合わせることもできますね。

遊園地や水族館など歩く時間が長そうな場合は、アクティブな服装と履き慣れた靴にする方が、動きやすくて良いでしょう。

たしなみ道具を忘れない

女性たるもの、身だしなみに気をつけることは当然です。初デートに必ず持っておきたいアイテムは以下のとおりです。

  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 絆創膏
  • ミニソーイングセット

ハンカチはきちんとアイロンがけもしておきましょう。頭痛や乗り物酔いがある人は、薬の用意をしておくと安心です。

少しだけ謙虚さを持つ

適度な謙虚さを身に付けている女性は、男性から見ても大変魅力的に感じられます。初デートで謙虚さをアピールできる絶好の場面について、説明をします。

お会計の時が勝負

女性の謙虚な姿勢や態度が試される場面、それはお会計の時です。一般的に男性は、女性の前ではかっこよくありたいものです。食事をおごってくれるのもそのひとつになります。

会計時に最もひんしゅくを受けるNG行為は、男性がおごって当然という態度です。財布を出す素振りすらしないのは問題外と言えるでしょう。

レジの前でも構いませんし、会計は男性にお任せして外に出てから支払うのでも構いません。自分の分はきちんと支払うという意思を見せるのと見せないのとでは、男性からの印象は全く違ってきます。

笑顔でお礼が大事

もし、男性が「おごるよ」と言ってくれたら、そこは無理に断らず、素直に男性の好意を受け止めることが大切です。女性は、男性の好意を受け取ったら、必ず笑顔でお礼を言うようにしましょう。

大事なポイントを押さえて素敵なデートに

初めてのデートは、お互いの振る舞い次第でその後の発展に大きく差が出てきます。今後の二人の関係をより強固なものにしていくためにも、些細な行動まで意識しながら初デートを楽しんでくださいね。

マッチブックはこちら

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP