恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【Omiai】女性必見!さりげなくデートに誘わせる最強3ワード

この記事を要約すると

やっぱりデートには誘われたい派の女性の皆さん、最強の3ワードを覚えておきましょう。これを使えば意中の男性からデートに誘われること間違いなしです。

やっぱりデートには誘われたい派の女性の皆さん、最強の3ワードを覚えておきましょう。これを使えば意中の男性からデートに誘ってもらえるかもしれません。

▼「Omiai」の詳しい内容はコチラ

無料出会いアプリ「Omiai(オミアイ)」の特徴、料金、口コミ、攻略方法は?

自然にさりげなくがポイント

好きだと思ったらストレートに気持ちを伝えるというのも素直で良いことですが、それが裏目に出て『重い女』のレッテルを貼られてしまうと、その先どう頑張っても前には進めません。

相手からデートに誘ってもらうには、自然にさりげなくデートに行きたい気持ちを伝えていくのがポイントです。

自分から誘えない内気な男性も多い

近年良く耳にする『草食系男子』という言葉の通り、好きになった相手が奥手な男性の可能性があります。もしかするとお互い同じ気持ちかもしれないのに、両者とも奥手では平行線のまま終わってしまいます。

デートに誘ってもらえないから好意がないと思い込まず、さりげないアプローチを積み重ねて行きましょう。

女性に必要なのは隙

一般的に『隙がある』女性とは、相手が割り込む隙がある女性のことを言います。

例えば、早口にずっと喋りっぱなしの女性よりは、ゆっくりと会話ができる女性の方が男性が話に入ってきやすいでしょう。同様に、スタスタ先を歩く女性よりは、落ち着いた動作の女性の方が、行動を共にしやすいと思ってもらえます。このように相手に気にかけてもらう『隙』をつくるのはとても重要なことです。

~尊敬します

デートに誘わせる最強ワード1つ目は、『〇〇さんのこと、尊敬します』と相手を敬うことです。

3歩下がって後ろを歩く『大和撫子』タイプの女性は昔から女性の理想像とも言われています。『大和撫子』のように、男性を立て、頼れる存在として敬うスタンスを伝えるようにしましょう。

男性は頼りにされると喜ぶ

夫婦やパートナーは少なからずお互いを『助け合う』為に一緒に過ごすものです。何でも一人でできてしまう女性は、『俺がいなくても生きていける』と男性に思わせてしまいます。

甘えるのが苦手な女性は、相手の気持ちを考えて迷惑がかかるんじゃないかと思いがちです。しかし、『甘え=信頼』であり、男性は頼られると嬉しいですし、頼られることで好きな感情が生まれることもあります。

あなたが目を輝かせて『〇〇さんってすごい!』と言えば、大抵の男性はそれを自分への好意と受け取り、自信をつけてデートに誘ってくれるかもしれません。

相談に乗ってもらうのもいいかも

相談事をする相手には信頼関係が必要です。『他の人には言いづらくて』や、『あなたにしか相談できなくて』というフレーズを使って悩み事を相談すれば、『あなたが特別な存在だ』ということをアピールできます。

ちょっとしたことでも、気軽に男性に相談事を持ちかけてみましょう。『やっぱり〇〇君に相談して良かった』なんて言えたら、彼の心を射止める効果抜群です。

おすすめは?

デートに誘わせる最強ワード2つ目は、『おすすめは?』と相手の興味や関心があることを深堀して聞いてみることです。

相手のことを知ろうとせず、自分の思いだけを突っ走らせていると、『自分には興味がない』と思われてしまいます。どんな時でも、相手の意見や思いを尊重するように心がけましょう。

相手の話に耳を傾け、相手の考えを尋ね、相手の意向を認めることで、相手の様々な部分を受け入れる姿勢を見せましょう。そうすることで、好意的なコミュニケーションが取れるようになります。

どんなことに興味があるのかリサーチする

相手がSNSを使っていれば、インターネット上で相手の趣味や興味があることを調べられます。

また、会話の中からも彼の話に耳を傾け、相手に関する情報を蓄えましょう。

そして、蓄えた情報は有効に使っていきましょう。映画に詳しそうであればおすすめの映画を、グルメ好きであればおすすめのレストランを聞いてみましょう。運が良ければ、その会話をきっかけに、彼がデートに誘ってくれる可能性だってあります。

うんちくは長くても聞いてあげましょう

コミュニケーションを取り、親密さが増してくると、男性も自分の話をし出すことがあります。婚活女子の間では、うんちく話を延々とする男性は『残念男子』というレッテルが貼られることがありますが、うんちく話が始まったら大チャンスです。

男性の心理的には、自分の持っている知識の量があるほど、女性に『すごい』と喜んでもらえると思っています。そして、それは好意を持って欲しいという気持ちの表れと言えます。どんなに長いうんちく話でも、相槌を忘れず聞いてあげましょう。

女1人で行くのは…

デートに誘わせる最強ワード3つ目は、『女1人で行くのは…』と弱さを見せて相手からの誘いを引き出すことです。

デートに誘って断られるのが怖いのは男性も同じです。では、デートに誘ったら絶対にOKされる確信があったらどうでしょうか?あなたが『デートに誘って欲しい』と思わせることができれば、デートに誘われる可能性が高まります。

例えば、嘘でも本当でもいいので、焼肉店やラーメン屋などに行きたいけれど、『女1人で行くのは気が引けてしまう』と気になる男性に話してみましょう。誘うのではなく、あくまで『行きたいけれど、行けない』という感じで相談するのが良いでしょう。

助けてあげたいと思わせる

前述の通り、相談をすることで、男性に『特別な存在』だという意識を持たせます。そして、困っているあなたを助けたいという気持ちにさせることで、自然と『じゃあ、今度一緒に行こう』という流れに持っていけるのです。

『助けてあげたい』『守ってあげたい』と思わせることで、男性は『彼女には俺が必要だ』という意識を持ち始め、恋愛に発展しやすくなります。

男性の意見を求める

『女1人では行けない』という甘え方がしっくりこない時には、『〇〇に行こうと思うんだけど、どう思う?』と、男性の意見を求めてみましょう。

これは、相手の興味がある事柄のリサーチができていることが前提ですが、相手が興味があると思われる場所に行こうとしていると伝えることで、『じゃあ、今度一緒に行こう』という流れに持っていける可能性が高くなります。

会話を弾ませるには同じ趣味を見つける

最近では、共通の趣味をもとに男女をマッチングさせるアプリや婚活パーティーがあるほど、同じ趣味を持つことは非常に大きな武器です。

共通の趣味があると2人で趣味の時間を楽しめるので、会話も尽きずお互いを理解しやすいというメリットがあります。また、デートプランも立てやすく、休日を共に過ごす時間が増えることで2人の関係が良くなる可能性が高くなります。

実はわたしも~

彼に関する趣味の事前収集が重要な理由はここにもあります。もしあなたに何の趣味がなかったとしても、事前に彼の趣味を知っておくことで、あたかも自分も同じ趣味を持っていたかのように話を合わせ、会話を盛り上げられます。

知識は後付けでも構いませんし、趣味とまでは言わなくても、自分も興味を持っていたと伝えてみましょう。大切なのは、いかに会話を弾ませてデートに持っていくかです。

共通の趣味がなければ始めればいい

特に趣味がないもの同士という場合には、一緒に趣味を探すのもいいかもしれません。

最近話題のボルダリングやグランピングなど、まだお互いが挑戦したことがない趣味を一緒に始める機会を持つことで、接点を増やしてみましょう。

さりげなく好意を伝えることが大切

アプローチもデートも告白も、全て男性任せにしていてはいつまでも恋愛が始まらないかもしれません。女性を誘えない男性が増えているのが現実です。いかに女性が上手に男性を誘導するかが成功の鍵を握る時代かもしれません。

恋愛は必ずしもうまく行くとは限りませんが、待っているだけよりは自分の好意を伝える努力をして、男性からのデートの誘いにこぎつけましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP