恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【Omiai】気になる男性を落とす5つのメッセージテクニック

この記事を要約すると

「マッチングしたけど、メッセージで何を送ればいいかわからない…」そんな方に向けて、デートまで進展させるために使える5つのメッセージテクニックを紹介します。

「マッチングしたけど、メッセージで何を送ればいいかわからない…」

そんな方に向けて、デートまで進展させるために使える5つのメッセージテクニックを紹介します。

▼「Omiai」の詳しい内容はコチラ

無料出会いアプリ「Omiai(オミアイ)」の特徴、料金、口コミ、攻略方法は?

さりげないアピール

「メッセージは送ったものの、自分をアピールするのは苦手…」と躊躇していると、男性との関係はなかなか進展しません。しかし、男性の話を聞かずに自分のことばかりアピールしすぎるのも考えものです。

せっかくいい男性と出会うきっかけができたのですから、さりげないアピールをして男性の気を上手く引きましょう。

確信を持たれない程度に好意をみせる

「もしかして自分のことが好きかも?」と思わせられれば、男性は半分落ちていると言っても過言ではありません。出会う直前までには、この状態にもっていくのが理想でしょう。

ただし、会う前から好意を前面に押し出してしまうと、男性に『重い』と構えられてしまう恐れもあります。興味がある姿勢を見せつつも、確信は持たれないよう適度な距離感を保ったメッセージを心がけましょう。

相手を気遣う態度や労りは好感触

風邪で寝込んでいることや、仕事の愚痴などをメッセージで送ってくる男性は、すでにあなたに心を開きつつあるでしょう。また、貴方からの労いを求めているかもしれません。

そんなときは『お疲れ様です』『大丈夫ですか?』などの言葉をかければ、相手との距離はぐっと縮みます。

積極的になる

さりげないアピールが大切だとお伝えしましたが、テンポよくメッセージのやり取りを進めるためには、積極性も必要不可欠です。しかし積極性とはいっても、最初からあからさまな好意を見せるのはNGです。逆に男性が引いてしまう可能性がありますし、デートへの決定権も男性側に行ってしまうからです。

上手に男性を落とすには『好意があるかどうかわからない』くらいの絶妙なスタンスで男性にアピールをする必要があります。あくまで主導権を自分が握っておくべきだと理解しておきましょう。

必要なのは、積極的に好意を示すというより『興味を示す』ことです。男性に『ひょっとしたら自分に好意があるのだろうか』と思わせながら、どんどんメッセージのやり取りを重ねましょう。

自分から会話を広げる

例えば、男性側が「今日食べた○○おいしかったんだ」とメッセージをくれた場合「そうなんですね」と一言で返信するのはNGです。これでは男性側は返信に困ってしまいますし、下手をすればメッセージが途切れてしまいます。

こういった場合は『そうなんですね。私も○○は好きです』など、一言付け加えて話題を広げましょう。また『どこのお店ですか?』などの質問を入れるのも効果的です。こういった積極性を見せることで、男性側も話題に困らず、メッセージの返信もストレスなく行えます。

それとなく自然に褒める

また、それとなく自然に褒めるのも効果的です。ただし、むやみやたらと褒めるのはNGです。それでは好意があからさまに見えてしまいますし、デートの決定権などが男性側にいってしまうからです。

例えば、外見を褒める場合でも「かっこいいですね」とストレートな表現をするのではなく、『さわやかですね』『清潔感がありますね』など、さりげない表現を心がけましょう。男性側に『お世辞か本心かわからない』と思わせられるくらいが理想的です。

男性に効果的な質問をする

次に、メッセージを盛り上げるために大切な『男性への質問』についてご紹介していきます。より効果的な質問方法でアピールしてみましょう。

距離感や共感を踏まえた問いかけが重要

質問は相手との距離感を意識した上で行うのが大切です。極端な例ですが、2~3回目のメッセージで『結婚するならどんな女性がいいですか?』などと、いきなり踏み込んだ質問をするのは避けるべきです。

既にメッセージを重ねて遠慮なく話すような間柄なら問題ありませんが、質問をする際は男性との距離を客観的にみた上で、違和感がない質問を選びましょう。

また、『私もそう思います』『そうですね』といった、男性側に共感を示す文言を追加した上で、相手に質問をするのも効果が高いのでおすすめです。

プロフィールから話題を探す

男性のプロフィール内容は話題の宝庫です。事前に入念にチェックしておきましょう。

例えば、地元が近かったり、共通の趣味があったりする場合は利用しない手はありません。誰しも自分に関連が深い事柄は安心して話しやすいものです。積極的にその話題の質問を投げかけて、会話を広げてみてください。

返信のタイミング

返信のタイミングについては諸説あります。相手がメッセージに飽きるほど早くしてもいけませんし、遅すぎれば貴方のことを忘れてしまう可能性もあります。

スピードは相手に合わせて

一般的に効果的と言えるのが『相手のスピードに合わせる』ことです。例えば男性側が5分以内で返信するようであれば、こちらも5分以内での返信が望ましいでしょう。また、いつも1時間後くらいに返信がくるようであれば、こちらも1時間おきに返信するようにします。

というのも、そこまで深く考えていない男性なら『どれくらいの返信間隔を望んでいるか』が無意識のうちに返信スピードにそのまま表れている傾向があるからです。このペースに合わせてあげると、自然と安心感と心地よさを与えてあげられる可能性が高いと言えます。

ただし、男性側が意図的に返信のスピードを調整している可能性もありますから、駆け引きを楽しむくらいがちょうどよいでしょう。

曜日や時間帯も考える 

メッセージを送る曜日や時間帯もできるだけ意識しましょう。本気度の高い相手ならなおさらです。

例えば、夜中の3時にメッセージを送られても、男性側は返信できませんし、着信音で睡眠を妨害してしまう恐れもあります。また、男性側が休日で他の用事があるときにメッセージを送るのもあまりよくないでしょう。

そのままメッセージをスルーしてしまい忘れる可能性もありますし、ペースを乱されることに不快感を覚える男性もいるからです。自分のメッセージをきちんと読んでもらうためにも、相手のことを第一に考えて送るタイミングをはかりましょう。

自分のことばかりはなさない

意中の相手とのメッセージは非常にワクワクするものです。どうしても自分の話をしてしまいたくなる気持ちはわかりますが、自分の話題はほどほどにしましょう。

とはいえ、自分の話をまったくしないのもよくありません。どれだけ長い期間メッセージをしていても『よくわからない女性だな』という認識で終わってしまうからです。自分の話題はあまりせず、たまに出すくらいがちょうどよいでしょう。

相手からの質問に付け加える程度がベター

男性が質問をしてくれたとき、男性の心理は以下の2パターンに分かれます。

  • 貴方に興味を持っている
  • 話題に困っている

適切な対応としては、質問に答えるのも勿論ですが、プラスアルファでさらに自分の話をするのもよいでしょう。興味を持って質問してくれている男性にとっては、貴方のことがより深く知れますし、話題に困っている男性にとっては、さらに会話を広げるきっかけとなります。

聞き上手になる

相手が自分の話をするのが好きであれば、徹底的に聞き役に徹しましょう。ただし、相槌をワンパターンにするとメッセージ内容が単調になります。相槌と一緒に話題に沿ったコメントを返信するのがベターです。

また、あまり話したがりの人と付き合うのは自分が辛くなります。上手に相槌をうちながら『相手がどれだけ話したがりか』を見極め、今後もメッセージを続けるか判断しましょう。

コツを覚えて楽しく恋活・婚活しよう

気になる相手とマッチングできたら、適度な距離を保ってメッセージのやり取りをしましょう。ただ相槌をうつのではなく、自らも一言付け加えてみたり、返信するタイミングにも配慮したり、気を配るポイントはいくつかありあす。

しかし、5つのテクニックを用いて双方共に楽しくメッセージをすることができれば、綺麗な流れでデートまでもっていけるでしょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP