恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【Omiai】男性必見!モテる4つのプロフィールポイント

この記事を要約すると

Omiaiでモテる男性のプロフィールには共通点があります。今回は、モテる男性のプロフィールを紐とき、プロフィールの上手な書き方のポイントを紹介します。

Omiaiでモテる男性のプロフィールには共通点があります。今回は、モテる男性のプロフィールを紐とき、プロフィールの上手な書き方のポイントを紹介します。

▼「Omiai」の詳しい内容はコチラ

無料出会いアプリ「Omiai(オミアイ)」の特徴、料金、口コミ、攻略方法は?

モテる男性のプロフィール内容とは?

Omiaiでいいね!をたくさんもらう男性は、プロフィールが魅力的です。その魅力的なプロフィールは、共通してどれも『写真』と『ディテール』が充実しています。細かい書き方は後述しますが、まずはプロフィールのどんなところが見られているのか知っておきましょう。

写真が重要

プロフィールで、一番はじめに女性の目に入るのは『写真』です。『第一印象は見た目で決まる』と言われることがありますが、Omiaiでの出会いも、まずは写真(見た目)からはじまります。

雰囲気が伝わる写真が好ましい

『見た目が大切』というと、よく、イケメンじゃないと言われますが、写真の見た目はかっこいいかどうかだけで決まるものではありません。写真を見た時に、「話しやすそう」や「楽しそう」といった雰囲気が伝わるのが理想です。「近寄りがたい」と思われてはマッチングには結び付きません。

そのためには、髪の毛は顔がよく見えるようにセットし、清潔感を演出することも大切です。自撮り(セルフィー)は、女性ウケがよくないので、友人などに撮ってもらった写真にしましょう。

また、楽しそうな写真でも、複数人で映った写真はおすすめしません。ひとりで撮ってもらった笑顔の写真が基本です。最近では、アプリを使って加工する人も多いですが、加工しすぎはマイナスイメージにつながります。

ディテールにこだわる

プロフィールは、細かい部分にちょっとこだわることでほかのユーザと差がつき、全体的に魅力的なプロフィールに近づけられます。たとえば、趣味について書く際に『映画鑑賞』というだけではどんな映画が好きなのか、自宅で見るのか映画館で見るのか、など人によって趣向は異なります。

プロフィールに書く際には、こうした細かいところまで少し掘り下げて書くことを意識しておくと、女性からの共感を得やすくなります。他にも、

  • スポーツ・・・好きなチーム名、最後に観戦した試合、自宅で見るのが好き、大勢で見るのが好きなど
  • 読書・・・好きなジャンル、好きな作家・本、どのくらい読むのかなど
  • 旅行・・・好きな場所(国名・地名・スポット)、好きなスタイル(アウトドア系・リラックス系)など
  • グルメ・・・好きな料理のジャンル、好きなお店、よく行くエリアなど

というように、ディテールまで丁寧に書いておくと、どんな人物かが伝わりやすくなるので、女性の興味を引きやすくなります。

文字数多め

ここからは、モテるプロフィールを書くために、より詳しい書き方のポイントを4つに絞って紹介します。ひとつめのポイントは『文字数』です。

プロフィールを書く際には、400~500文字程度が良いといわれています。文字数だけ見るとボリュームがありますが、コツを掴めばそう難しくはありません。

詳しい自己紹介で人柄を知ってもらう

まず、文字数が多い=詳しく書くということを意識しましょう。ただ単語を並べ文字数を稼いだだけでは、不十分です。

モテる男性のプロフィールは、ディテールまで書かれていることは先にも少し触れましたが、プロフィールでは文章で詳しく自己紹介することがポイントです。内容を充実させることで、女性の気になる存在になれます。

人柄を知ってもらうためにも、趣味や休日の過ごし方、性格などを盛り込むのがおすすめです。特に趣味や休日の話題は、「気が合いそう」・「楽しそう」というように、女性の気を引くきっかけになるので必ず書きたい項目です。

言葉遣いは丁寧に、長文にも気を付ける

『文字数多め』がポイントですが、ひとつの文が長くなりすぎないように注意も必要です。それぞれの文が長いと、読みにくくなりがちで、肝心の内容がわかりにくい印象を与えかねません。

プロフィールは短めの文章で的確に伝えることを意識しましょう。一文おきに改行する必要はありませんが、適宜改行しておくと、スマホ画面でも読みやすくなります。

また、ため口や話し言葉による文章は、軽い・馴れ馴れしいなどといったネガティブな印象につながることもあります。多少の記号や絵文字程度であればOKですが、砕けすぎないようにするのもポイントです。

良い面と苦手な面を組み合わせて自分をアピール

ふたつめのポイントは、良いことだけでなく、『苦手な部分も合わせて記載する』ことです。いい印象を持ってもらおうと、プロフィールにはつい良い面だけを記載しがちですが、苦手なことや短所も女性へのアピールにうまく使えます。

心理学の手法で良い印象を残す

人は、良い面だけを提示された時よりも、良い面とそうでない面(デメリットやリスク)の両方を提示されたときのほうが、信頼度が上がるという心理学的法則があります(両面提示の法則)。

たとえば、長所は誰とでも話ができるところで、社交的で明るくて友達も多い、とたくさん並べられても、強い魅力には結び付きません。それに対し、

映画が好きで週末はDVDを借りて家でよく見ています。夢中になりすぎて一日中見てしまうのがたまにキズです。彼女ができたら、映画はもちろん、いろんなところへデートに出かけたいです!

というように、短所を混ぜて書いたほうが印象に残りやすくなるのです。

自己分析のできる男性は高評価

苦手なことや短所を書くことは、『自己分析ができている』というアピールにもなります。自分のダメなところを知り、さらに直そうとしている姿は女性の目には魅力的にうつります。

しかし、ダメなところを理解していても、開き直ってあぐらをかいていては、偉そうに感じることもあります。自分をしっかり理解し、改善中あるいは改善したいと思っているというニュアンスが伝わるのが理想です。

女性が興味を引くような話題(趣味)を入れる

上手にアピールしているつもりでも、肝心の女性たちからの『いいね!』がなければ、せっかくのプロフィールも無駄になってしまいます。女性に読まれていることを意識し、趣味など共通の話題となりうることを織り交ぜましょう。

共感できるかどうかが大事

女性がいいね!してくれるかどうかの鍵となるのが『共感』です。プロフィールには、女性が共感してくれるような話題は欠かせません。

特に利用しやすい話題は、趣味です。同じサッカーでも、プレイするという女性は多くありませんが、サッカー観戦が好きという女性は、実は結構いたりします。また、ランニングや料理も女性の趣味として人気です。

一方、車やバイクを挙げてしまうと、どうしても女性の『共感』からは遠ざかってしまいがちです。女性でも親しみが持てるような趣味を書く、あるいは『車が好きなので、一緒にドライブに行きましょう!』というように、一緒に楽しめるように書き方を工夫するのがベターです。

自分の魅力や価値をさりげなく入れ込む

ただ女性の共感を得るのではなく、自分の価値や魅力を女性が感じてくれるような書き方ができるとモテるプロフィールに近づきます。

『一緒にドライブに行きましょう!』という書き方と同様に、一通りの家庭料理が作れる・旅行好きなので旅の手配が得意、というように、一緒に楽しむだけでなく、プラスと思える魅力や価値があると女性の印象はぐっと良くなります。

頼れそう、しっかりしている、というような評価にもつながるので、趣味や特技はアピールのチャンスとして、魅力や価値を盛り込みましょう。

プロフィール項目はできるだけ埋める

プロフィールには細かい項目もたくさんあります。面倒に感じるかもしれませんが、この細かい項目をできる限り埋めるのもモテるプロフィールの条件です。

多くの女性はちゃんとチェックしている

本当にこんなところまで読まれている?と思うかもしれませんが、実は、多くの女性がトップの写真だけでなく隅々までチェックしています。Omiaiには、真剣に恋活・婚活する人が集まっていますので、男性を探す女性も真剣そのものです。

プロフィール項目に空欄が多いと、女性ユーザの目には、そんなに恋活(婚活)していないのかな?それとも業者?といった疑いの目が生まれやすくなります。一方、プロフィールが充実しているほど、女性は熱意・真剣さを感じ取りやすいので、できる限り埋めておくのがおすすめです。

正直に記入して誠実さを出す

プロフィールはただ埋めれば良いというわけではありません。正直に書くことが最も大切です。

少しでもよく見せたいという気持ちはごもっともですが、嘘はやがてバレるものです。マッチング後に、『話が違う』と女性に振られてしまうのは目に見えています。

ネット(アプリ)での出会いは、些細なことでも信用に関わります。プロフィールは嘘偽りなく書くのが、モテる男の鉄則です。

ポイントを押さえてモテる男になろう

マッチングアプリOmiaiで、モテる男になるためのプロフィールの書き方について解説しました。プロフィールはできるだけ空欄をなくし、女性目線で『一緒に楽しめそう』と思える内容にまとめましょう。

また、写真の加工しすぎや嘘は禁物です。プロフィールの嘘は信用にかかわります。正直に記載することを忘れないようにしてください。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP