恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【Omiai】男性あるある!女性が嫌がるLINEの聞き方

今の時代、マッチングアプリで出会いを求めることはもう常識。ただ、最終的に出会いたいと思っているのであれば、どこかの段階でアプリからLINEなどにコミュニケーションの場を移す必要があります。

でも、男性の立場からしてみれば、アプリからLINEに移ることは簡単ではありませんよね。どうやって女の子のLINEを聞き出したら良いか、真剣に悩んでいる人も少なくないことでしょう。

できればもっと相手と親しくなりたいけれど、下手な聞き方をして断られてしまったらダメージは大きいので、なかなか言い出せない人もいると思います。また、うまく聞こうとしても、どうしてもLINEを交換することができず、自分のやり方のどこが間違えているのかと悩むこともあるでしょう。

そこで、この記事ではスマートなLINEの聞き方について解説してみました。幸せな出会いのために、ぜひ、参考になさってください。

▼「Omiai」の詳しい内容はコチラ

無料出会いアプリ「Omiai(オミアイ)」の特徴、料金、口コミ、攻略方法は?

こんな聞き方はダメ! 失敗するLINEの聞き方

唐突にLINEを聞くことはNG!

まず、絶対にやってはいけないのが、何の前触れもなく唐突にLINEを聞くこと。多くの場合、女性は見知らぬ男性に対し、好奇心とともに警戒心も抱いています。

まだ相手のキャラクターがはっきりわかっていない段階なのに、自分のプライバシー情報でもあるLINEをいきなり聞き出してくるような人には、ほとんどの人が抵抗感を抱くでしょう。

したがって、まだアプリでつながったばかりのときに、「じゃあ、さっそくですが、LINEを教えてください」などと言い出すことは避けましょう。これでは、いくらかあなたに興味を持っていた女性でも「いきなりLINEを聞いてくるなんて…」と思ってしまいます。

出会いを急ぎたい気持ちはわかりますが、ここはぐっとこらえて、慎重に行動しましょう。まずは女性と楽しくやり取りをするところからスタートです。そこから話が盛り上がり、お互いが打ち解けてきたのがわかったら、LINEを聞いてみることにしましょう。

下心が見える聞き方も良くない

それから、あなたの下心がどこかしら透けて見えるような聞き方もNGです。たとえば、「料理が趣味っていいですよね。ぼくもそうなんです。今度、一緒にぼくの家で料理でもしませんか?さっそくですがLINEの交換をしましょう!」といった聞き方には問題があります。

もしかしたらうまく一石二鳥を狙ったつもりかもしれませんが、この段階で自宅デートのお誘いはあまりにも早すぎですし、しかも、何だか良くない下心があるように思われてしまいます。

女性は誰でも危険な男には近づきたくないという思いがあるもの。このようなLINEの聞き方をしてしまっては「ひょっとしたらわたしの体が目当てなのかも。LINEを教えたらしつこくされるかも」と思ってしまうことでしょう。そうなっては、LINEを聞きだすどころではありません。

残念ながら、マッチングアプリに純粋な出会いを求めていない男性が少なからずいるのは事実ですし、何回かそういう相手に遭遇したという女性もいることでしょう。警戒心を持たれないためにも、できるだけ気を付けて行動しましょう。

軽すぎる表現は問題外

もちろん、あまり軽い表現もNG。まだそれほど親しくなってもいないのに、「じゃあ、そろそろLINEで話をしよっか。アドレス教えてよ☆」などという聞き方をしたら、「何だか軽すぎだし、急になれなれしいな」と思われてしまうことでしょう。

たしかに軽い男が好きな女性もいなくはないでしょうが、アプリでのやり取りで軽さを前面に出してしまうと誠実さが足りない印象を与えてしまいます。

女性は一般的に、ある程度の信用が置ける相手でなければアプリからLINEに移ろうとはしません。真面目で堅すぎる人に見られるのは恥ずかしいかもしれませんが、ここは勝負どころ。

軽すぎる表現を選ぶことは間違いだということは認識しておきましょう。時には、真剣になることも必要なのです。あなたの気持ちを誤解されないよう注意するべきでしょう。

これで大丈夫! OKをもらいやすいLINEの聞き方

「あまりこのアプリは見ないので……」

ここまで記したような聞き方が良くないということは、だれでも理解できると思います。それでは、いったいどのような聞き方をすれば良いのでしょうか。

もちろん、はっきりと「これが正解」といった聞き方があるわけではありません。相手によって、また状況によっては、方法を変えていく必要があります。しかし、よりベターな聞き方があることも確かです。

 

そのひとつが、何か女性が納得できる理由を用意すること。「確かに、LINEで話したほうがもっと簡単におしゃべりできるな」などと思ってもらったら成功です。

そこで、「普段、あまりこのアプリは見ないので、もしよければLINEのほうでやり取りしませんか」といった言い方をしてみると良いでしょう。言い訳じみているように感じられるかもしれませんが、女性が納得してくれれば、うまくいく可能性は高くなります。

女性ともっと話したいということを素直に伝える

また、細かいテクニックよりも大切なのは、その女性ともっと話してみたいということを、あくまで素直に伝えることです。

アプリで会話するところまで行ったということは、その女性もあなたに興味を抱いているということ。そこで会話が盛り上がったなら、相手ももっとあなたと話してみたいと思っているかもしれません。

そこで、あなたのほうも今までのやり取りを楽しんだということ、そしてさらに話を続けたいということをきちんと相手に伝えましょう。

たとえば「××さんとのお話、とても楽しいです。できればもっとお話したいのですが、もしよければLINEを教えていただけませんか。」といった聞き方をすれば、LINE交換の成功率はぐっと上がることでしょう。

もちろん、ウソをついたりお世辞を言っても仕方ありません。あなたの本心を正直に伝えることが必要だということです。心からの言葉は案外と伝わるもの、正面から恥ずかしがらずに誠実な言葉を届けましょう。

最後は誠実さがものをいう。勇気を出してチャレンジを!

色々と書いてきましたが、ようするに最も大切なのは女性がもっと話してみたいと思うような誠実な態度です。性急に次の展開を求めすぎたり、下心を丸出しにしてしまったりして「なんだか怪しい奴」と思われてしまっては成功はおぼつきません。

マッチングアプリでは女性はたくさんの男性を相手にしていることが多いものですから、そのような対応をすれば他の不誠実な男性たちのなかに埋没してしまいますし、すぐに切られてしまいます。そこで女性を恨んでもしかたありません。問題があるのは、男性側の態度のほうなのです。

つまりは、まずは相手に「この人とならもう少し話してみてもいいな」と思ってもらうよう努力するべきだということです。

たしかに、アプリの利用者ならなるべく早くLINEを交換したい、できれば直接に出会いたい、という気持ちを抱えているものです。それ自体は悪いことではありません。女性のほうだって、そういう気持ちを持っているからこそ、マッチングアプリに登録しているのですから。

しかし、まだ本当には親しくなっていない段階で、いきなりその気持ちを前面に出してしまっては女性にひかれてしまうことは間違いありません。少なくともアプリを使用している段階では、紳士的に振る舞うよう心がけましょう。

あなたの思いはきっと相手に伝わります。どうか良い出会いを得られるまで、がんばってみてください。心から応援しています。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP