恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

安心して理想のパートナーを見つけたい!セキュリティ対策が充実した「Pairs」とは

円満な結婚生活を送るためには性格の合う理想のパートナーにめぐり逢うことが大前提となりますが、忙しい現代社会において機会を待っているだけではなかなか結婚にたどり着くことができないと考える人も増え、マッチングサイトなどへの関心や需要がより一層高まりを見せています。

マッチングアプリの中でも、幅広い世代の男女の利用率が高いことで注目度が高まっているPairs(ペアーズ)は、恋愛や婚活のためのサービスを展開している人気のマッチングアプリとしてユーザーが増えています。

規模は国内最大級で会員数も多く、ユーザーの年代に偏りがないことも特徴的で、万全なセキュリティ対策も行われているので安心して利用することができますが、実際にサクラや悪質業者とはどういったものなのでしょうか?

ここでは、サクラや悪質業者の実態と、トラブルに合わないための対処方法をご紹介していきます。

「Pairs」の詳しい内容はコチラ
マッチングアプリPairs(ペアーズ)で素敵な出会い!攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!

1. マッチングアプリのユーザーに潜むサクラとは?

マッチングアプリを使うにあたって多く聞かれるのが、一般ユーザーの中にはサクラが紛れているのではないかという声です。
そもそもサクラと呼ばれるものは、マッチングアプリを活用している一般ユーザーに対して、メッセージ機能をはじめとしたアプリ内の有料コンテンツの利用を促すために運営サイドが用意したアカウントのことを言います。
マッチングサイトやアプリでは、月額会員に登録しなければ直接のメッセージ交換ができないシステムになっているものがほとんどです。サクラはマッチングアプリを通じて出会った相手を月額会員にすることが目的なので、相手が有料サービスを利用した途端に連絡が途絶えてしまうというトラブルが少なくありません。

そのほかにも気をつけたいのが一般ユーザーを装った業者です。
一般ユーザーの大切な個人情報の漏えいをはじめ、マッチングアプリとは全く関係のない別のサイトへの勧誘を行なっており、トラブルの原因の一つとなっています。
素敵なパートナーを見つけるための第一歩として、まずはこうしたサクラや業者の入り込みにくい安全な管理体制が整ったサイトやアプリを選ぶことが大切です。
Pairsはこうしたセキュリティ面においてもおすすめのマッチングアプリと言えます。

収益目的などのアカウントよるトラブルに遭遇しないための対策として、Pairsでは登録の際の手続きには、氏名をはじめ連絡先や生年月日といった個人情報の入力が必要となるFacebookの連携が必須条件と定められています
その上、Pairsの利用にあたってはFacebookの友達が10人以上でなければならないという条件があります。
友人とのコミュニケーションを目的としているSNSの利用目的に反するサクラや業者のアカウントに対して友達承認をする人も少ないことから、この利用条件によって悪質なアカウントが一般会員に紛れ込むことを防いでいます。
ほかにもPairsではメッセージ機能などを利用するために、パスポートや運転免許証、健康保険証と言った確実に個人を特定することのできる身分証明書での確認が必要となります。
さらにPairsの運営会社は、世界各国で事業を展開するNASDAQの上場企業の傘下にあり、運営する企業自体の信頼度も高いと言えます。

マッチングアプリの運営にあたっては24時間体制で怪しいアカウントがないか厳重な監視が行なわれています。
こうした利用条件の徹底や厳重な監視体制が整っていることから、Pairsは悪質なトラブルに巻き込まれるリスクが非常に低いと言えます。

2.一般のユーザーではないかな?と感じた時の対処法

慎重になり過ぎてせっかくのチャンスを逃してしまうのは勿体ないことで、自分との相性が良さそうな素敵な方がいたら、積極的にコンタクトを取って行くことも大切です。
安全なサイトやアプリを利用すれば悪質なアカウントと遭遇する可能性は低いですが、万が一、一般のユーザーではないと思われる人と遭遇した場合、どのように対処するべきかを知っておくことも大切です。
まずアプリ内で一般のユーザーではないと思われる人物に多い傾向として、Facebookの友達の人数が少なく、Pairsの利用条件をクリアできるギリギリの人数であること、年収が高額であること、掲載している顔写真の枚数が極端に少ない、自撮りの写真しかないなど不自然な点が多いことが挙げられます。
このような特徴から一般のユーザーではないと思われる人物に遭遇してしまったと感じたら、基本的なことですが個人情報を安易に教えないということがとても重要になります。
それ以外にも外部サイトへの誘導を目的としている業者については、アプリやサイト内の機能を使用したやり取りではなく、早い段階でラインの連絡先などを聞いてくる傾向にあります。
相手の情報をよく確認し、本当に信頼できる人であるかを見極めるまでは安易に個人情報を教えるのは控えるようにしましょう。
万が一不快な思いをしたり、個人情報を悪用されたりする危険性を感じたら、すぐに運営会社に通報し、対処してもらうことも大切です。
自分の身を守るためにもしっかりと対策をしておくことをおすすめします。

3.悪質なアカウントに狙われないために知っておきたいこと

恋愛や婚活が目的ではないアカウントから狙われにくくするためにまず大切なことは、そういったアカウントがどのような目的で近づいてくるかを知っておくことです。
運営サイド側が用意している収益目的のアカウントは、有料サービスの利用者を増やすことを目的としています。
それとは別にマッチングアプリの事業者とは関係のないアカウントによるものは、外部のサイトへの誘導などが目的です。
いずれも早い段階で個人情報を聞き出したり、有料サービスを利用したメッセージのやり取りを要求してきたりするケースがあります。
またこうしたアカウントに多く見られる傾向として、返信が早いことも挙げられます。
業者の被害に遭遇してしまった人の多くは、ラインなど婚活サイトが提供するサービス以外の連絡ツールを使用して連絡を行なっているケースが多く、何気ない会話のやり取りの流れで送られてきた外部サイトのURLに誘導されてしまうパターンが常習化しています。
セキュリティの厳重なPairsではそうしたリスクは低いものの、日頃から気を付けておきたいこととして大切なのは個人情報を安易に教えないことです。
また自分自身の個人情報を必要以上に流出させないためにもSNSの公開範囲の設定を限定しておくことも大切なポイントです。
人間関係を構築していく上で、ある程度お互いのことを知る必要がありますが、出会っても本当に信頼できると自分の中で確信が持てるまでは必要以上に個人情報を教えないことが大切です。

4. マッチングアプリに求められるのはユーザーの安全を熟慮した対策

理想のパートナーを見つける場として、年代を問わずマッチングサイトやアプリを活用する人が増えてきています。サービスも充実していて手軽に始められることが魅力ですが、こうした出会いの場を商売目的などに流用しようとする悪質なアカウントには十分気を付けなければなりません。

Pairs(ペアーズ)はセキュリティ対策と24時間体制のサポート体制が整っていて、公的な証明書による年齢確認により不正利用を目的としたユーザーをしっかりと排除している点が特徴です。また使用するにあたって、実名を表示されることがなく、サイト側からのSNSへの投稿も一切ないので個人情報が意図せず流出してしまう心配もありません。

マッチングアプリを活用した結婚への第一歩として、まずはセキュリティ対策や監視体制が充実しているマッチングサイトやアプリを選ぶことが非常に重要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP