恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

Facebook連動アプリ「Pairs」は安全&快適で恋人探しにぴったり!

Pairs(ペアーズ)にはSNSと連動していることによるさまざまなメリットがあります。プライバシーやセキュリティ、ユーザーの質に関わることまで、Facebook連動だからこそ実現できた高性能な機能をご紹介します。

▼Pairs(ペアーズ)について詳しくはこちら


Facebook連動アプリPairsの3つの魅力

友達に知られることなくこっそり恋活・婚活

SNSと連動しているということで、Pairsを始めたことが友達に知られてしまうのでは? と不安に思われた方もいるでしょう。

ところが実はその逆で、ばれずにこっそり恋活・婚活ができるのがPairsの強みなのです。

Facebookで繋がりのある相手は表示されないようあらかじめ配慮されていますので、知り合いに見付かって気まずい思いをする…なんて心配はありません。

Facebook側からPairsの利用がわからないのと同様、Pairs側からもFacebookのアカウントがばれることはありません。

名前はデフォルトでイニシャル表示になり、本名のまま登録されることはありません。

Facebookアカウントが公開されるのも、自分で公開するように設定した時だけです。具体的には、相手とマッチングした状態でメッセージをやりとりすると、会話が2往復以上したところで公開ボタンが出現します。

その公開ボタンを押した時だけ、自分のFacebookアカウントが相手に表示されるという仕組みです。

一対一のやりとりなので、他の利用者にまで知られることはありません。もちろんこの機能を使うか使わないかも利用者の自由です。

つまり、使い方次第では徹底的に自分のアカウントを隠すことも可能。友達にばれたくないという人にこそ、Facebook連動型のマッチングアプリであるPairsがおすすめです。

既婚者や彼氏・彼女持ちは登録NG!真剣交際が可能

Pairsは出会い系とは一線を画する、真面目なパートナー紹介サービスです。そのためFacebook上のプロフィールが既婚者や交際中となっている場合、Pairsには登録不可となります。

パートナーがいながら遊び相手を探しているなどという人は登録自体できないのです。

ユーザーの質が良いというのはPairsの大きな特徴です。真剣に恋愛相手を探している独身の方が多いため、自然と交際にも発展しやすくなっています。

また、Facebookと紐付されているおかげで、18歳以下の未成年が紛れ込む可能性も低くなっています。

不倫やパパ活には最も向いていないアプリと言っても過言ではないでしょう。これまで不誠実な相手にうんざりさせられた経験がある方も、Pairsなら安心して恋人を探すことができます。

業者が紛れ込めないシステム構造

Facebookは実名登録制のため、複数アカウントを所持するのが難しくなっています。業者がいくつものアカウントを使い分けて…ということは、Pairsでは非常に困難なのです。

さらに、Pairsは10人以上の友達と繋がっているアカウントでなければ登録できません。

業者がPairsに登録するためだけに作ったいわゆる「捨てアカウント」はこの時点で排除されます。

こうしたシステムを取っているため、Pairsは身元がきちんと判明している利用者が大多数を占めています。

もちろんどんなことにも絶対はありませんので、業者が紛れ込んでいることも稀にあります。

しかし、前述したように真面目に恋活・婚活をしているユーザーがほとんどのため、業者はPairsでは浮いた存在です。

よく見ればすぐに分かってしまいますので、騙される心配をする必要はほぼないでしょう。

もし不審な人物にしつこく絡まれた場合は、カスタマーセンターへの問い合わせや違反報告を行なうことで退会措置を取ってもらうことができます。

Facebook連動型アプリの気になる疑問

Q.Pairsに登録するとFacebookに投稿される?

A.答えは「いいえ」です。

Pairsのサイトを開くと、「Facebookでログイン」のボタンにしっかり「※Facebookには一切投稿されません」と但し書きが付いています。

連動と言っても情報が筒抜けになるわけでは決してない、ということがわかります。Pairsを始めたことやPairs内での活動がFacebookに投稿されることはありません。

Q.友達にばれてしまう場合があるって本当?

A.基本的には「いいえ」ですが、場合によっては「はい」となります。

PairsではFacebookでの友達がマッチング相手として表示されないシステムを取っています。

そのシステムはFacebookの友達リストに基づくものですが、新しく友達になった人の情報まで即座に反映されるとは限りません

Facebook側の情報が更新されているにも関わらず、Pairs上の友達リストが古いままという場合、新しく友達になった相手がマッチング相手として表示される可能性があります。

リストは定期的に自動更新されますが、Facebookで友達を追加した際には手動で更新を行っておくと安心です。

Q.Facebookで繋がっていない友達と出くわしたら?

A.ブロック機能が有効です。

Pairsの特性上、Facebookで繋がっていないリアルの友達・知人とはニアミスしてしまうことがあります。

その場合、見付けた時点で相手をブロックすることでマッチングを回避することが可能です。

ブロックされた側はブロックした側のプロフィールや写真などを閲覧することができなくなるため、Pairs上で関わりを持たずに済みます。

何が何でも友人・知人と関わりたくないという場合は、有料オプションの「プライベートモード」がおすすめです。

これは自分自身が他の利用者から見えなくなり、自分から異性にいいね!を送った際、その相手にだけ可視化されるというモードです。

自分からアクションを起こした相手にしか見られることがないため、リアルの知人とうっかり遭遇してしまう恐れは完全にありません。月額2500円ほどで利用が可能となっています。

Facebookアカウント以外での登録が解禁!


2017年まで、Pairsの登録にはFacebookのアカウントが必須でした。

しかしアプリの改良に伴い、現在では電話番号での登録が可能となっています。「Facebookをお持ちでない方はこちら」のボタンを押すと電話番号を入力するフォームが出てきますので、そこから登録を行います。電話番号での認証を行なう理由については、Facebookアカウントと同様、複数使い分けることが困難だからだと考えられます。

メールアドレスならいくらでも捨てアドレスが作り放題ですが、電話番号となるとなかなかそうはいきません

電話番号で登録を行なう場合、FacebookのプロフィールをそのままPairsに反映させるということができないので、Facebook経由より少々面倒になります。

年齢、性別、居住地、顔写真などを一から設定しなくてはなりません。

あらかじめFacebookアカウントを作成しておけば5分足らずで登録が完了してしまいますので、この際Pairs用にFacebookアカウントを取得するというのも手です。

友達が10人以上という条件も、昔の同級生や顔見知り、職場の同僚、などと繋がって条件をクリアしましょう。

Pairsにはマッチングした相手に自分のFacebookアカウントを公開する機能もあるため、自分をもっとよく知ってもらいたい!という方にはうってつけのアピール方法となります。

facebookアカウントを使えば安心して恋活・婚活ができる!


Pairs(ペアーズ)のFacebook連動によるメリットは大きく分けて3つ。
1つはFacebookで繋がっている相手はあらかじめブロックされ、Pairs内でマッチングされる恐れがないこと。

次に、Facebookのプロフィールで既婚者、あるいは交際中となっているユーザーは登録できないため、真剣に恋愛相手を探している独身の方が多く集まっていること。

最後に、複数アカウントを持つことが難しいという特徴から、業者やサクラが入り込みづらいこと。

利用者のプライバシーやセキュリティを守ると同時に、ユーザーの質を一定に保つ秘訣にもなっているのですね。

Facebook連動型ではあってもPairsを始めたことが投稿されるなどの心配はないので、安心して利用することができます。

どうしても不安だという方は、プライベートモードなどのオプションを駆使することで快適に利用が可能です。

Facebookアカウントを利用することで安心して利用することができるPairsで素敵な出会いを見つけましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP