恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【Pairs】ブロックしたらバレる?使い方から学ぶ恋活方法

恋愛マッチングサービスは気になる相手とすぐに出会える方法として人気が高いサービスと言えるでしょう。

気になっている方や興味がある方は多いのではないでしょうか。
数多くあるマッチングサービスでも上位の人気を誇っているPairs(ペアーズ)では、累計700万人にも達するほどの会員登録者がいます。

そのため、相手と出会える確率も他のマッチングサービスと比べて高くなっているのも魅力でしょう。

しかし、それだけユーザーの数が多いということは、中には悪質業者やサクラのような存在もいるのではと不安に思ってしまう方もいます。

そこで、少しでも自分に害を与える相手と出会ってしまった時のためにブロックする方法を覚えておきましょう。

▼Pairs(ペアーズ)について詳しくはこちら


「Pairs」でブロックする手順・登録方法

ブロックの仕方はとても単純なものとなっています。

まずブロックしたい相手のプロフィールページに行って、設定項目の中にある「お互いに表示されない」という項目を選ぶだけです。

これだけで相手からメッセージを受信することもありませんし、迷惑行為もなくなって気楽にPairsを利用することができます。

また、この方法はPC版のブロック方法ですが、スマートフォンアプリの場合は相手のプロフィールから「非表示・ブロック設定」をタップし、「お互い表示されない」を選ぶことでブロックが可能です。

基本的にPC版でもスマートフォン版でも方法は同じなので、どちらを利用していても簡単にブロックすることができます。

ただし、一度ブロックすると今後解除することができないので、しっかりとこれからのことを考えてから行動しましょう。

ブロックをするほどではないけれど、しばらく連絡を控えておきたい相手がいる場合は、ブロック機能を用いるのではなく、非表示という機能があります。

非表示はいつでも気軽に解除することができて、ブロックよりも融通が利く機能です。

非表示の場合はメッセージなどが届いてもこちらに通知が来ることもないので、自分だけにメリットがあるものです。

ただし、メッセージなどが送られてきても見ることも返事もできないので無視している状態になってしまいます。

ブロックと非表示をうまく使い分けるようにするとPairsを上手に活用することができるでしょう。

「Pairs」では相手にブロックしたのかバレる?

不快なユーザーを見えないようにしたとしても、つきまとう不安はすぐに消えることがないでしょう。

あらゆる手を使ってでも自分と連絡を取りに来るのではないかと思ってしまうと、まともにマッチングサービスを利用することができなくなってしまいます。

そのため、うかつにブロックをすることもできずに、しつこい相手と付き合い続けているなんてことになれば精神的苦痛も大きなものとなるでしょう。

Pairsの仕組みでは、ブロックすると連絡を取れなくなるだけではなく、完全に画面上から表示されなくなるので不安に思うことはありません。

メッセージ履歴などを見ても、相手には退会したと表示されるので新しくメッセージを受信してしまう心配もないのです。

しかし、相手が新しくアカウントを作っていたら自分がまだPairsを利用していることがばれてしまいますが、Pairsはfacebookと連携してアカウントを作っているので、個人でいくつもアカウントを所持することができないシステムになっています。

そのため、よほどのことがない限り、相手にブロックをしたことがばれる心配はないでしょう

また、ブロックできる人数というのは上限がないので、少しでも不快に感じる相手がいたらブロックをしてしまっても問題ありません。

ブロックをしてしまえば相手からメッセージや「いいね」を送られてくることもありませんし、新しい出会いを探そうとPairsで検索をしようとしたときに同じ人が出てきてしまう事態も避けられるので、快適なマッチングサービスライフを送ることができるのです。

「Pairs」でブロックと退会は見分けられる?

マッチング前の相手であった場合は検索結果に表示がされなくなり、マッチング後の相手であった場合は「退会済み」と表示がされます。

相手からすれば退会と同じような状態になり、検索をかけることもできなくなるので、有効的に利用できる機能です。

そのように運営側もブロックした際の配慮をしてくれるので、気兼ねなく次の新しい出会いを求めることができます。

少しでも怪しいなと思う相手にはブロック機能を使って、安心して出会いを探すことができる恋活ライフを送りましょう。

「Pairs」のブロック機能を上手く利用して素敵な出会いを見つけよう!

ブロックをした側もされた側も、いつまでも同じ相手に固執していてはマッチングサービスを有効的に活用できないでしょう。

出会いを求めてマッチングサービスを利用しているのだから、自分に悩みの種をもたらす相手よりも、新しい理想の相手を探したほうが賢明な対応になってきます。

ユーザー検索をしてもブロックした相手というのは二度と表示されなくなるので、より理想的な相手を見つけられるようになります。

理想的な相手を見つけるためにはプロフィールなどを参照するほか、参加しているコミュニティをチェックしてみて、どのような相手なのかしっかりと知っておく必要があるでしょう。

上辺だけを見て相手を理解したつもりになっていても、少しやり取りをした後にまたブロックをしてしまうなんてことになれば、一生良い相手と巡り会うことなんてできないのです。

ブロックをしなくて済む相手を探すというのは、いざ付き合うことになった後にも役立つことなので、理想の相手を探す段階に一番力を注ぎましょう。

コミュニティを覗いてみると、共通の趣味を持った方たちが集まっているので気まずい雰囲気にならない相手を探し出せる確率が高くなっています。

特に同じ趣味を持つ方の場合は会話も弾んで楽しい気分でいられることも多いので、嫌なことを忘れるためにも趣味に没頭することも悪くありません。

現在悪質な相手に悩まされている方は、ブロック機能や非表示機能を使って新しい相手を探し始めたほうが、出会いを広げるという意味でも前進できます。

相手に悩まされるマッチングサービスよりも、相手と恋をするマッチングサービスとして、Pairs(ペアーズ)で素敵な出会いを見つけてみてください!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP