恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

男性ウケのいい!モテる女子のプロフィール写真の撮り方を徹底解説!

▼Pairs(ペアーズ)について詳しくはこちら
リンクボックス

マッチングアプリPairs(ペアーズ)で素敵な出会い!攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!


そもそもプロフィール写真とは?

プロフィール写真とはマッチングアプリなどを利用する際に使う、ユーザーを表徴する画像のことです。この写真の良し悪しでその後の出会いに繋がるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

第一印象を決める大きなポイントとなるので、安易に選ばず、どのような写真が男性ウケするのかを考えて選ぶことが重要です。

「暗そうだな」「実物と違いすぎるかも…」「なんで犬の写真?」と思われたらそこからの出会いの見込みは薄いです。そうならないためにも、今回ご紹介するPairs(ペアーズ)男子からモテるプロフィール写真の撮り方をマスターしましょう!

チェックしてみよう!あなたのプロフィール写真

まず、あなたの今のプロフィール写真が本当に大丈夫かチェックしてみましょう。チェック項目は5つです。

  • ① 自分の顔がしっかりわかる写真ですか?
  • ② 「今」のあなたが伝わる写真ですか?
  • ③ 勝負顔になってませんか?
  • ④ 正方形で美しく見える写真ですか?
  • ⑤ 背景、光の反射、小物は意識していますか?

顔が写っていない画像を載せている人はもってのほかです。実は顔なし画像の方が、実際に会った時のガッカリ感が大きいという意見もあるそうですよ。

では具体的に説明していきます。

①は文章の通りで、ぼやけたり、ブレたりしていないかということです。自分の後ろ姿の写真はもちろんNGですよ。

②について、自分の幼い頃の写真を載せる人がいますが、これもアウトです。今の姿をアップすることが安心感を与えます。

③について、あまりにもキメすぎていると、実際に会った時に「別人?」と思われてしまいます。派手なお化粧や加工は極力避けましょう

④について、長方形の写真を登録する際に見切れてしまう部分が出てくるので、これを知っておかないとせっかくの写真も台無しになってしまいます。

⑤は写真の雰囲気に大きく影響する事項です。これをないがしろにするともったいないですよ。

あなたはいくつ当てはまったでしょうか。全部当てはまってしまった人もそうでない人も、これから紹介する撮り方をぜひ参考にしてみてください。

①明るい写真

では実際にどんなプロフィール写真がモテるのか紹介します。1つ目は明るい写真がキーワードになります。

自分の姿や背景が明るいのはもちろん、表情も明るいものがモテるプロフィール写真の基本条件です。暗くて顔がよく見えないものは、相手に自分をアピールできません。

恥ずかしがらずに、自分の顔が明るく撮れているものを選びましょう。背景は海や公園など季節感が感じられるところがおすすめです。

人工的な照明の下で撮ったものより断然きれいに映えるので、できれば日中に太陽の下で撮りましょう。このときイヤリングやヘアアクセサリーなどの小物を使うと、より立体感が出た写真になりますよ。

また、誰かと一緒に写っている写真も社交性を示すのに有効です。

友達や家族、子どもとハッピーに写っているものを載せることで、明るい性格だということが表現できます。

ただし大人数になりすぎないように、2~3人程度で写るものを載せるようにしましょう。

②盛りすぎない自然な写真

2つ目は盛りすぎていない自然な写真がポイントです。

派手なメイクや大きすぎるアクセサリーは避け、適度なメイクと小物でシンプルに飾って写真を撮りましょう。

加工に関しても、ほんのちょっと演出するくらいの程度に留めてください。実際にあった時に「あれ?プロフィール写真と違う?」と思われるような写真はNGです。

そのままの姿のあなたが一番素敵ですよ。

③趣味の写真

3つ目は友達と過ごしている時や趣味を楽しんでいる時の写真です。

このときの表情が一番自然で、素のあなたの顔を引き出してくれます。例えば料理をしているときの写真を載せれば女性らしさや、自分の得意なことをアピールするきっかけにもなるでしょう。

そこから料理の話題を振るきっかけとなり、得意料理を披露したり、お気に入りのご飯屋さんに連れていってもらえるチャンスを掴めるかもしれません。

両手が塞がってて一人じゃ写真を撮れないという場合には、友達や家族に撮ってもらうようにしましょう。写真を撮る際は、ぜひ笑顔を忘れないでくださいね。

④品の良い写真

4つ目はセンスのある写真です。自分がプロフィール写真のど真ん中をカメラ目線で写っていると、ただの証明写真になってセンスのかけらもありません。

プロフィール写真ではシンプルかつ親しみやすく、品の良い印象が大切になってきます。そのような写真を撮るためには上や下、ななめから撮影したり、わざと視線を外して撮ってみたりといった工夫が必要です。

自分の顔をセンターから少しずらしたりするだけでも大きく印象は変わりますよ。自分が一番かっこよく写る角度を探してみてください。

プロフィール写真で深層心理がわかる!

プロフィール写真を見れば、その人の本音がわかってしまうといいます。表には出さない心の奥底の思いが、プロフィール写真に現れてしまうのです。その一例をご紹介しましょう。

自分のアップすぎる顔や顔の一部分だけを載せている人

この人は個性的なキャラをアピールしたい人です。ただ、実は自分の本当の姿に自信がない人が多いので、顔がはっきりと映るアングルではなく、少し顔が分かりにくくなるように映している傾向にあります。自由気ままに楽しく付き合っていきたいと思う人にオススメのタイプです。

変顔や変わった衣装を着た写真を載せる人

この人は極度の寂しがり屋です。他人の興味を引いて、かまってほしいが為にそのような写真をアップします。おどけるので一見するとコミュニケーション上手に思われがちですが、実は本心をさらけ出すのが苦手な場合も。ただ、純粋な人が多いので、一緒に楽しい時間を過ごしていきたいと思う人にはオススメのタイプと言えるでしょう。

ペットや動物の写真を載せる人

誰か近くにいないと人恋しくなる寂しがり屋の人が多いです。愛されたい願望が強く、物事がドラマチックな展開になることに憧れている面もあります。ただ実際の恋愛は閉鎖的です。本当に仲良くなった人にしか心を開きません。でも、一度心を許した相手には人懐っこく純粋な恋愛を好むので、一緒にいる時間を大切にしたいと思う人にオススメのタイプです。

景色だけの写真を載せる人

これは景色がその人のいまの心情を表しています。明るい景色なら楽しいところに行きたいという心、暗くさみしい景色ならセンチメンタルな心の状態です。性格は思いにふけるのが好きなタイプの人が多いので、一緒にいてゆっくりと落ち着いた時間を過ごしたいと思う人にオススメのタイプです。

以上、プロフィール写真の種類から相手のタイプを推測することができます。表向きの態度と本音は一致しないこともあります。

この一例を参考にプロフィール写真を見て、「あ、この人は本当はこう思っている人なのかも」と想像しながらお相手探しをしてみると新たな出会いに繋がるでしょう。

プロフィール写真を駆使して出会いを見つけよう

以上、Pairs(ペアーズ)20代男性にモテるプロフィール写真の撮り方をまとめてみました。キーワードは自然体、親しみやすさ、季節感です。盛りすぎず堅くなりすぎず、自然で明るい写真を撮ってみてくださいね。

しかし、何といっても笑顔でハッピーな姿の写真が一番です。あなたが心の底から楽しんでいる様子をアップすることで、この人といたら楽しいだろうなという安心感を相手に与えることができます。

人は無意識に相手が敵か味方かを瞬時に判断するといいます。歯を見せて微笑むことは、自分は敵じゃないと親しみの気持ちを表現することに繋がります。笑顔は世界共通の言語です。ぜひ自然な笑顔で写真を撮ってみてください。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP