恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【Pancy】女性が初めてのデートで気を付けたい5つのポイント!

この記事を要約すると

Pancyでマッチングに成功したら、いよいよ初めてのデートです。出会いを1度で終わらせないためにも、初めてのデートで気を付けたい5つのポイントを紹介します。

Pancy(パンシー)でマッチングに成功したら、いよいよ初めてのデートです。
出会いを1度で終わらせないためにも、初めてのデートで気を付けたい5つのポイントを紹介します。

話すのが苦手なら事前に伝えておく

メッセージのやり取りは楽しくできたけれど、実際の会話には自信がないという人もいるでしょう。
「デートは嬉しいけれど、上手く話せるかどうか心配…」という人は、事前に「話すのは苦手」と相手に伝えておきましょう。
話すのが苦手という情報を伝えておかないと、相手の男性も「デートがつまらないのではないか」と不安になるかもしれません。
また初めから話ベタだと伝えておけば、たとえ会話が途切れても、相手の男性が頑張ってくれることも期待できます。
せっかく初めてのデートにこぎつけたのですから、お互いに不安感や不信感なく楽しめるよう気を配っておくことをおすすめします。

口下手が魅力に転じる場合も

話すのが苦手という女性は、それを引け目に感じたり、マイナスポイントだと思ったりする必要はありません。
話すのが苦手な女性は、話好きな男性との相性が良いかもしれません
デートの時も男性が主導権をもって会話を進めてくれるので、気を使わずにすむリラックスしたデートになるでしょう。
話好きな男性にとって話すのが苦手な女性はむしろ魅力的な場合があります。話すのが苦手ということを気にしすぎないようにしましょう。

聞き上手を目指しましょう

話すのが苦手だという人は、聞き上手になることで男性にアピールできます。
聞き上手とは、相手がもっと話を続けたくなるような聞き手のことです。
相手の目を見て話をよく聞き、時折質問したり笑ったりすれば、会話は途切れることなく続くでしょう。
自分の話を聞いてもらいたい男性も多いので、聞き上手の女性は好印象を与えられます。

女性らしく振舞う

初めてのデートだからこそ、相手の男性には良い印象を持ってもらいたいものです。
男性ウケのいい女性になるために重要なのは、やはり『女性らしさ』があることでしょう。
ファッションコーデやヘアスタイルだけではなく、初デートではしぐさや表情にも気を配り、女性らしさを意識した振舞いをしてください。

男性を立ててあげる

女性らしく振舞うための重要なポイントは男性を立ててあげることです。
立ててあげる、といっても男性の言うがままに行動したり、後ろからついていったりするということではありません。
男性を立てるポイントは男性のプライドを尊重し、理解してあげることです。
例えば、何かしてもらったら必ず「ありがとう」と言ったり、自分にはわからないことを相手が知っていたら「すごいね」と伝えたりするなど、小さなことでも相手のいいところを褒め、男性としての自信を保ちやすくしてください。

こうすれば相手の男性はデートの時間を居心地よく感じ、もっと会いたいと思ってくれるでしょう。

品のある立ち居振る舞いを

女性らしいと言われる人をみれば、上品な立ち居振る舞いをしているのがわかるでしょう。
初めてのデートですから、いつもは気を抜いて過ごしている人も、姿勢やしぐさには注意してください。
品のある立ち居振る舞いとは、男性的な要素を少なくすることです。
具体的には口を開けて大笑いしたり、足を開いて座ったりするのはやめましょう。
また、デート中は、一緒に食事することもあるはずです。
食事中のマナーを気にする男性は多いので、箸やフォーク・スプーンの使い方や食べ方にも注意しましょう

おしゃべり好きでも話し過ぎない

おしゃべり好きな女性はかわいい、明るいというイメージがあります。
ほとんどの男性からは好意的に受け止められますが、いくらおしゃべり好きでも、初デートのおしゃべりは控えめにしておくことをおすすめします。
初デートは、まだお互いを探り合っている状態です。自分を全開にしすぎず、相手のテンションに合わせてください。

沈黙してもデート失敗とは限らない

おしゃべり好きな人は沈黙を恐れがちです。
これは会話が途切れるのは話が面白くないから、というイメージが頭の中に出来上がっているためではないでしょうか。
無理に自分をアピールして、矢継ぎ早に話す必要はありません。
たとえ会話が途切れがちで黙が多くなったとしても、初めてのデートなら気にする必要はないのです。
会話のメリハリもつきますし、沈黙=デート失敗とは考えないようにしてください。

会話のキャッチボールを成立させる

おしゃべり好きな人が気をつけたいのが、会話のキャッチボールを成立させるということです。
初めてのデートで自分をアピールしたいのはわかりますが、自分の事ばかりを話すのは会話のマナーとしてもNGです。
まずは相手の話をよく聞き、それに対して適切に言葉を返すようにしてみてください。
自分のことを話したい時は、会話の流れやタイミングを見極めてからにします。
このようにして会話のキャッチボールがうまくいけば話も弾むので、相手の男性には「この女性とは気が合う」と思ってもらえるでしょう。

TPOに合わせた服装を

初めてのデートなら、コーディネートにも注意しなければなりません。
身につけている服のタイプやカラーで、相手に与える印象は大きく異なると覚えておいて下さい。
服装選びで重要なのは、まずTPOを意識するということです
つまり、時と場所、状況に合わせたコーディネートを考えて、相手の男性に好印象を与えましょう。

デートプランで服装を考える

デートプランがある程度決まっているなら、プランにマッチした服装を選んで下さい
例えば遊園地や公園デートなど、歩いたり体を動かしたりすることが分かっているなら、動きやすくカジュアルな服装がTPOにかなっています。
また美術館や博物館など落ち着いたデートの予定なら、エレガントな服装がふさわしいでしょう。
デートプランに合った服装をすれば、マナーや一般常識をわかっている女性というイメージを与えます。
「このデートでなぜその服を着て来た」と思われないためにも、好きだから、似合うからだけでデートの服装を決めないようにしてください。

どこかに女性らしさを入れる

デートのTPOに合わせたコーディネートをするべきとはいえ、せっかくの初デートですから自分の魅力もアピールしたいものです。
そこでコーディネートにはどこかに女性らしいポイントをいれることをおすすめします。
女性らしいというのは肌を露出することや体のラインを強調することではありません。
明るいカラーの服を選んだり、優しい素材の服を選んだりといった、女性だから着こなせる色やデザインをチョイスすることです。
特にワンピースは男性ウケ抜群のアイテムなので、TPOにかなう場合はおすすめです。

少しだけ謙虚さを持つ

初めてのデートなら、まだお互いのこともよくわかりません。
まずは相手に好印象を持ってもらうために、少しだけ謙虚さをアピールしてください。
しかし、あまりに謙虚さをアピールすると逆にあざといイメージを与えたり、素の自分を出していないと捉えられたりするため、打ち解けない雰囲気になります。
少しの謙虚さを持って、男性にアピールしてください。

奥ゆかしさを見せる

女性らしさ満載の女性は、男性ウケが抜群です。
そしてその女性らしさは奥ゆかしさでもあります。
初めてのデートなら自己主張は控えめにし、相手の男性を気遣う言動や行動を心がけましょう。

やりすぎない気配りを

謙虚さをアピールするなら相手への気配りは重要なポイントです。
食べ物のとりわけを率先して行ったり、相手が好きな話を振ったりするなどの細かい気配りは、男性にとってかなりのアピールポイントになるでしょう。
ただし、なにごともやりすぎは禁物です。あまりに先回りして気を配ると『お母さん』のようで迷惑がられることもありますので、注意してください。
お互いが心地良い、適度な距離感で気配りをしてください。

初めてのデートにおいて

多くの男性にとって、適度な気配りができたり、男性を立てたりできる女性は魅力的に映るでしょう。
初めてのデートからもっと親しく付き合いたいなら、自分を猛烈にアピールするのは逆効果です。
コーディネートやしぐさにも注意して、女性らしい魅力をアピールし、相手の男性に「また会いたい」と思わせましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP