恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

PCMAXで知り合って初めてデートする時に男性が気を付けるべき5つのポイント

デートのプランを大まかに決めておく


女性はデートで男性にリードしてもらいたいと思っているので、プランもなしに出かけるのは良くありません。かといってあまり細かく決めすぎても時間に縛られてしまいますので、大まかに何をするかを考えておきましょう。

例えば、待ち合わせをしてランチをしてから水族館に行き、カフェでお茶をした後、映画を見てディナーという具合に、大まかな流れを考えておく程度で構いません。ランチやディナーのお店の下調べをしておき、混雑しそうなら予約をしましょう。

予約しない場合は、いくつかの候補を考えておき、当日女性に希望を聞いてから決めるという方法もあります。映画はあらかじめコンビニなどで女性の分も一緒に前売り券を買っておくと窓口に並ぶ必要がなく、スムーズに映画館に入れるのでおすすめです。

身だしなみを整えて第一印象を良くする


初めて会う時の第一印象はとても大切です。デートの約束の場所に現れた人が、髪はぼさぼさ、ヒゲが伸びている、服もくたびれた感じ、というのでは残念過ぎますし、女性側のテンションは一気に下がってしまいます。

まずは清潔感が感じられるよう身だしなみを整えましょう。髪の毛はこざっぱりとしておく、ヒゲはきちんと剃っておく、洋服はきちんと洗濯をしておきましょう。初デートに何を着ていけば良いのか迷うところですが、カジュアルな恰好でもジャケットを1枚羽織るときちんとした印象になります。

余裕があればお店で一式揃えると安心ですが、必ずしも新しいものを買う必要はありません。最低限のマナーとして、着古したものを着て行かないようにしましょう。

レディーファーストで女性に気遣いを


レディーファーストは、男性から女性を気遣う心構えです。基本的に何かを行う時には女性に先を譲りますが、時と場合によって立ち位置が逆になることもあります。建物などに入る時、自動ドアでない場合は男性がドアを開け、女性を通しましょう。

エレベーターやタクシーの場合は男性が先に入り、出る時は女性が先です。エスカレーターの場合は上りは女性が上で、下りは男性が先になります。

上りはもし女性が足を踏み外しても男性が後ろから支えられるから。下りは逆で、女性が上から転んできても男性が下で支えられるからです。車の多い道路を歩く時は、男性が車道側を歩きましょう。

自分の話ばかりしない


自分をアピールしようとして自分のことばかり話してしまうと、マイナスイメージになります。しかも、自慢話や反対に愚痴ばかりでは話をしていても面白くありませんし、自信のなさを見透かされてしまいます。

女性の話の聞き役になることで、女性は自分に興味を持ってくれていると感じられるのです。ただし、女性があまり自分から話すタイプでない場合は、男性が自分から話題を提供しましょう。臨機応変に対応できることも大切です。

相手に安心してもらえることが大切


もともと知り合いだった人とデートするのとは違い、「PCMAX」で知り合った人と初めてデートする場合、女性は相手の男性がどんな人なのかと緊張しています。

いきなりホテルに連れ込まれるのではないかと思っている人も多いですし、実際そのような口コミを見て不安になっている人も多いです。そのため、初めてのデートでは、相手の女性に安心感を与え、信頼してもらえることが大切なポイントになります。

準備をしっかりして楽しい時間を

初めてのデートということでお互いに緊張してしまうかもしれませんが、準備はしっかりした上で当日はあまり肩ひじを張らずに楽しい時間を過ごして下さい。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP