恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

Tinder女性ユーザー必見!最強の3ワードでさりげなくデートに誘ってもらう方法とは

デートの可能性を高めるキーワード「近いですね!」

「Tinder」は男性・女性ともに登録からマッチング、メッセージ機能まで無料で利用できるマッチングアプリです。特徴は、利用料金がかからず手軽に利用ができることと、位置情報から近くに住んでいる人を自動的に探してくれるという点です。

使い方もシンプルで、位置情報で検出された相手のプロフィール写真を見て「興味なし(NOPE)」の場合は左側に、「興味あり(LIKE)」の場合は右側にの要領で、左右どちらかにスワイプして振り分けます。黄色お互いに「LIKE」すればマッチング成立となって、メッセージのやり取りができるシステムです。

直感の印象がマッチングに繋がるのも「Tinder」が若い世代を中心に人気を集める理由ですが、会員数が多い「Tinder」でいかに男性からアプローチしてもらえるかは女性ユーザーにとって大きな関心事でしょう。

そこで今回は、男性からさりげなくデートに誘ってもらうための流れをつくる3つの最強キーワードをご紹介します。自分から積極的にアプローチするのが苦手という女性でもすぐに実践できる方法なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まず一つ目のキーワードは「近いですね!」です。位置情報をもとに居住地域から近い相手が表示されるシステムの「Tinder」では、距離の近さはデートに繋がるアピールポイントになります。
住んでいる地域が近ければ、ローカルな穴場スポットや行きつけのお店の話など、その場所を知っている者同士だからこそ盛り上がる地元トークのきっかけにもなります。さりげなく近くに住んでいることをアピールして、男性からデートに誘ってもらえるきっかけをつくりましょう。

男性のリードをさりげなく誘うキーワード「おすすめは?」

話が盛り上がりそうなら、二つ目のキーワード「おすすめは?」でさらに話題を広げてみましょう。デートの際にはいっしょに食事をすることも多いと思いますが、男性にとってお店選びは悩ましいところです。

例えば、男性の地元の行きつけのお店やおすすめのグルメなど、「おすすめは?」の一言で女性側から興味や関心を示すことで、男性も自然と話をリードできる流れをつくることができます。

ほかにも趣味など共通の話題があれば、そうした話題においても相手との距離を縮めるきっかけになります。映画鑑賞がお互いの趣味だった場合、おすすめにまつわる話題として、お気に入りの映画はもちろん、おすすめの映画館や映画の撮影スポットなど話題が広がると、自然とデートのプランもイメージできるので、男性からも女性を誘いやすくなるでしょう。質問する姿勢で相手に関心を示すことで、男性に話題をリードしてもらう流れを自然につくることができます。

距離が縮まるきっかけをつくるキーワード「共通点多いですね!」

共通点がある相手とは自然と距離も縮まりやすいものです。住んでいる場所や趣味、職業や学歴、好みのタイプなど、気になる相手といくつかの共通点を見つけられたら「似てますね」「共通点多いですね」などのキーワードで相手に共感を抱いていることをアピールしましょう。

男性側も自分に興味を持ってもらえていると感じることができれば、自然と直接会ってみたいという気持ちが湧いて、気になる存在として捉えてくれます。またこのキーワードをきっかけに、ほかにも共通点がないかと話題を広げることにも繋がり、男性からも興味を示してもらえるでしょう。

男性の心を惹きつける3つのキーワードでモテる女性を目指そう

男性から自然とデートに誘いたいと思ってもらえるような流れをつくるためには、自己主張しすぎず相手の話題に共感する姿勢が大切です。

以上3つのキーワードは、恋愛が苦手な方であっても何気ない会話の流れで自然に使うことのできるフレーズばかりです。相手に興味や関心があるという間接的な意思表示にもなるので、キーワードを活用しつつ気になる相手との距離を縮めましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP