恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

Tinderで女性からのメールの返信率を高めてやりとりを続けるために知っておきたいテクニック

女性からメールが来る率を高めるポイント


「Tinder」では、お互いに「ライク」を押してマッチングするとメールを送り合うことができます。しかし、一人の女性がマッチングする男性の数は多いため、人気のある女性の場合はメッセージを送っても埋もれてしまう可能性が高いです。

こうしたマッチングアプリでは、男性から最初に挨拶をするのが礼儀です。待っていても女性からは来ませんので、自分からどんどん送りましょう。女性はたくさんの男性とメールのやりとりをしていますので、定型文のようなつまらないメールを送ったところでまず気にかけられることはありません。

たくさんメールが来る女性の心に響くメールを書き、返事をもらうにはコツがあります。ここでしっかりと押さえておきましょう。

相手のプロフィールを読んだ上でメールの文章を考える


メールのやりとりが続くかどうかのカギを握るのが、女性に送る最初のメールです。最初に送ったメールがつまらないと、その人とやりとりを続けてもつまらないままで終わります。そのため、最初のメールをどう書くかがとても重要です。

メールを書く時には、相手のプロフィールから題材のヒントを得ましょう。プロフィールには、相手の好きなものや趣味などが書かれています。ここを捉えて話題にすることで、話がつながりやすくなるのです。自分の趣味が女性と同じ場合は、その旨を伝えるところから始めましょう。

その上で、その趣味の内容や中身について少し質問をしてみると良いです。ただし、質問攻めにするのは良くありません。メールの最後に1つ質問を入れておしまいにすると効果があります。

最初は敬語で話す


「Tinder」でマッチングしたとはいえ、まだ会ったこともない見ず知らずの相手です。初対面の相手にメッセージを送るわけですから、節度をわきまえた文章を作る必要があります。

最初は敬語で丁寧な話し方をしましょう。いきなりタメ語などのなれなれしい話し方をすると、相手に警戒心を与えてしまいますし、人によっては不快に感じてしまうこともありますので注意が必要です。やりとりを何回か続けていって話が続きそうなら、次第に口語調で話しかけていくようにしましょう。

メールを返す頻度と文章の長さは相手に合わせる


基本的には、相手からメールをもらったらなるべく早く返すように心がけた方が良いですが、メールを返す頻度は人によって違います。早く返信が来る相手にはこちらも早く返した方が良いですが、しばらく間が空く人でしたらあまりに頻回にメールを送ると返信が面倒臭い、うっとうしいと思われる可能性も高いです。

また、相手の文章が短めならこちらも短めで対応する、長く書いてくる人ならこちらも長めで対応するなど、相手に合わせましょう。

メールの返事が来なくなる理由


メールの返事が止まってしまう理由はさまざまです。単に相手が忙しい場合もありますし、マッチングした相手が多すぎてメールを送り切れずにいたり、返信を送る人を絞り込んでいたりするケースもあります。

あるいは、何となくフィーリングが合わなくてメールのやりとりがつまらなくなってきたとか、興味本位で登録した人であればアプリ自体に飽きてしまったということも考えられます。

メールのやりとりが続けば実際に会うことになりますが、なかなか会う約束に結びつかなかったり、逆に早く会おうと急ぎ過ぎた場合も相手から見切りをつけられてしまうことがあります。

いずれにしても、本当の理由を確かめることにはあまり意味がありません。限られた時間を有効に使うためにも、続かないときは速やかに新たな出会いを探しましょう。

メールは相手に合わせてやりとりを行うことが必要

「Tinder」でメールのやりとりが続くためには、相手に合わせたやり取りを行うことが必要です。マッチングしたといっても初対面の相手ですので、節度を持った文章を作成して良い関係を構築しましょう。毎日の疲れを癒しあえるような、素敵な出会いを見つけてくださいね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP