恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【with】男性必見!モテる4つのプロフィールポイント

with(ウィズ)を使っていて、「いいね」が中々来ないという男性も多いのではないでしょうか。

そういった時には、一度プロフィールを見直してみることが大切です。プロフィール写真であったり自己アピール文などプロフィール全体に目を向けてみましょう。

▼with(ウィズ)について詳しくはこちら


モテる男性のプロフィール内容とは?

withでは、「いいね!」をたくさんもらうことで、マッチングにつながりますが、「いいね!」がもらえなければマッチングにはつながりません。

「いいね!」をもらえるのは、見た目かっこいいからだと思っていませんか?

それは違います!

決して外見がかっこいいからだけではありません。

しかし…「いいね」をする上で、女性が最初に判断するポイントは写真です!

それは、容姿の良さだけを見ているのではなく、人となりを見ているからです。

人気会員はイケメンというより、写真の写りや撮り方が抜群に上手な人達でもあるのです。

顔立ちはもちろんですが、表情や雰囲気、そして服装なども女性はチェックしています。

写真は、適当ではなく、必ずこだわりましょう。できれば、撮った写真がどう見えるかを客観的に判断してもらうために、誰かの意見を聞いてみてもいいでしょう。

そして最低でも3枚以上は載せましょう。

たった一枚の写真ではその人の一面しか見ることが出来ないのです。証明写真を用いた場合、誠実で真面目そうな人だとは思うでしょう。

しかし、どのような笑顔になるのか、普段はどんな人なのか想像することは難しいです。

そのためにも、最低3枚の写真を用意しておけばさまざまな角度から人柄を推測できるようになります。以下の項目の写真は用意しておくと良いでしょう。

1 笑顔の顔写真
2 全身が分かる写真
3 スーツなどの仕事中の写真
4 趣味を楽しむ(スポーツや旅行、ペットと一緒)写真

1から順に女性が見たいと思う順ですから、これらの4枚があれば、女性も判断材料が沢山あっていいね!しやすいのです。

奇跡的に撮れた最高の1枚だけを載せたとしたら、女性にもそれが伝わります。この写真だけ奇跡的によい写りなのでは?と思われてしまうのです。

マッチングにおいて女性は相手の普段の様子やどんな人かを知りたいわけですから、1枚最高の写真を載せても意味がないわけです。

例えば、何かに打ち込む姿や優しげにペットと写る写真を一緒に載せることで、人柄も伝わります。

プロフィールの字数は多めが良い

自己紹介の目標は「一度会ってみてもよいかも」と思ってもらうことが目標です。

そのためには、長すぎず、短すぎず、400文字程度が理想です。

400文字以上書けば、マッチングの確率は20倍にも上がります。

書くべき内容は、趣味や特技・どんな仕事をしているか・休日は何をしているか・性格について・好みの女性のタイプは最低でも触れておきましょう。

まずは何よりも自分の事を知ってもらわなければ、相手から声をかけてもらえることもありません。

400文字が多いと思う方でも、これらの要素を盛り込んで書いていけば、すぐに400文字は超えます。

少し盛るのも構いませんが、実際の自分とのギャップがあればすぐにバレますので、出会ってから先に繋がるように自己アピールしましょう。

良い面と苦手な面を組み合わせて自分をアピール

人には長所と短所が必ずあります。しかしそれは表裏一体のものであり、考えすぎ=思慮深い、優しい=優柔不断、八方美人などと言い換えもできます。

短所は長所であり、長所は短所です。

短所を端的に長所と関係のないものを書いてしまうと、長所より短所が目立ちやすくなります。

「私は温厚で優しいとよく言われますが、マイペースです。」

こう言われると、「マイペースなんだ・・・」とマイナスのイメージを膨らませてしまいがちです。

そこで自分の性格を表現するときに、短所と長所が全く別であるよりも、組み合わせてアピールした方が良い印象を与えます。

「私は一人の時間を楽しく過ごしているせいか、マイペースなところもあります。」

こういった一文で表現することで、悪い面の印象が和らぎます。

この文のあとに「一人より、二人の方が楽しいと思うので、そんな私と一緒に時間を過ごし、楽しく過ごせる女性を探しています。」

といった文章を入れれば、「マイペース」という言葉は既に流れています。

このように上手に短所もアピールすることで、飾らずに真剣に文章を書いているという印象を相手に与えます。

女性が興味を引くような話題(趣味)を入れる

自己紹介文の中で、趣味という項目は非常に大切です。
趣味によって、相手との会話の幅も広がりますし、女性への絶好のアピールチャンスになります。

女性に受け入れられやすい趣味とは何でしょう。
趣味がないという方は不安に思うかもしれませんが、安心して下さい。どんな趣味を持っていると見せられる雰囲気は変わるので、少しだけでも覚えておきましょう。

  • サーフィンなどのスポーツ→ 男らしさ、かっこよさ
  • 写真、映画、読書→ 知性、センス
  • ペット、料理→優しさ
  • 旅行→頼りがい

このように趣味ひとつとっても、それで女性が受け取る印象は変わります。
趣味がないという人も、自分の趣味が何かを一度考えてみましょう。

そして何かを始めるのもよいでしょう。
「初心者です。」と一文入れるだけで、女性もとっつきやすくなるかもしれません。

そしてできれば、趣味の写真を入れるとよいでしょう。
旅行の写真、スポーツの写真など何でも構いません。

《本当に趣味だとしても絶対に書いてはいけないもの》
競馬、競輪、競艇、パチンコ、スロット、カジノ、宝くじ

こういったギャンブルを女性は嫌います。結婚相手には絶対して欲しくない趣味とも言われているので、覚えておきましょう。

プロフィール項目はできるだけ埋める

真剣に相手探しをしているということが伝わるように、プロフィールの項目はできるだけ埋める方がよいでしょう。

女性も沢山の男性の中からあなたを選ぶ理由が必要です。

適当に書いたり、項目が埋まっていないと真剣さが伝わらなかったり、この人は言いたくないことがあるのかなと思われてしまいます。
せっかくプロフィールを読む女性がいても、あなたのページから離れてしまいます。

項目は以下の通りです。

  • 身長
  • チャームポイント
  • 学歴
  • 職業職種
  • 年収
  • 休日
  • タバコ
  • 趣味好きなこと
  • 性格
  • 居住地
  • 結婚歴
  • 初回デート費用

結婚歴や子供の有無、そしてタバコは有りだと条件で女性から弾かれる可能性も高く、項目に記載がないと女性は不安になります。

女性ウケしないからといって嘘をついてはトラブルになりますので、きちっと記載しておきましょう。

プロフィールが大きく印象を左右する

マッチングアプリ内で、モテる理由は全てプロフィールにあります。それは写真、そして紹介文です。ト
その二つでしか判断ができないので、その中でいかに女性に伝わるかを考えればよいだけなのです。

写真は、顔立ちが分かり、笑顔で爽やかであれば充分です。そこに2,3枚人柄が伝わる写真を掲載します。

そして、紹介文はきっちりと長めに書きます。400文字以上が理想です。

本気で相手探しをしたいなら、400文字程度の自己アピールは難しくはないでしょう。

プロフィール文章のテンプレートなどもありますので、それを利用し、アレンジしてもよいと思います。

相手が知りたいのは、人柄です。また自分が求めるものをはっきりと明記していると女性側も安心します。

こういった点に気を付ければ、アプリ内でモテることができるでしょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP