恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

マッチングアプリ「with」のfacebook連動メリットを深ボリ!

with(ウィズ)は、facebook連動型の恋愛・婚活のマッチングアプリです。

マザーズに上場している株式会社イグニスのグループ会社が運営しています。
2015年にウェブ版をリリースし、続いてiOS版とAndroid版のサービスをスタートさせました。

以降、会員数を増やしており、2017年には会員数は65万人に到達しています。さらなる精度の高いマッチングを目指して、テレビで活躍しているメンタリストのDaiGo氏を監修に迎えました。

そんな今、注目のマッチングサービス、それがwithです。

▼with(ウィズ)について詳しくはこちら


facebookと連動させるメリットとは?

withの登録はfacebookアカウントを使います。登録するには、友だち10人以上のfacebookアカウントを持っていることが必要になります。

これは、withが安心・安全のアプリ運営を目指しているからです。

たとえ偽アカウントを用意しようと考える人がいたとしても、10人以上友だちのいるアカウントを作るにはそれなりに手間がかかります。

そのような偽アカウントを排除するために10人以上というくくりを設けているのです。純粋な恋活目的ではなく、悪質サイトへ誘導するような業者やなりすまし等の「排除」を狙っています。

withのヘルプページには、業者の特徴が詳しく掲載されています。業者の手口としては、メールアドレスやLINEの交換を積極的に求めてくる傾向があります。

やり取りの具体例やメッセージの送信例もヘルプ内に掲載されていますので一度目を通しておくと安心です。

また、実名制を採用しているfacebookと連動させれば、年齢等の「嘘」を少なくできるというメリットがあります。

18歳未満は登録できなくなりますし、既婚者や恋人有りといった恋愛ステータスの人たちも登録できません。

withを使って真剣に恋活しようとしている人たちにとって、facebookと同期するメリットは大きいです。

これだけではなく、withではさらなる安心・安全の取り組みとして、本人確認書類の確認を徹底しています。

運転免許証や健康保険証、パスポートといった書類の画像提出が義務づけられ、それを人の目で1件1件確認しています。審査も1時間ほどで終了するので手間取りません。

一方でfacebookと連動させると、恋活していることがfacebook上の友だちにバレるのではないかと心配が出てきます。

しかし、そこは心配いりません。あらかじめ、友だち間ではお互いに表示されない設定になっています。

Q&Aでfacebook連動型のことをもっと知ろう!

これからはQ&A形式でよくある質問を見ていきましょう。そうすれば、facebook連動の心配がぐんと軽くなります。

Q,「facebookと同期すると、自動でfacebook上のプロフィール写真がメイン写真にアップされてしまうのですが、変更できますか?」

A,できます。「マイページ」を開いて、「マイプロフィールを編集」をタップすれば、メイン写真の右下にカメラのアイコンが出ます。そこから写真を選択すればOKです。

簡単に変更できるのでwith用の写真を改めて用意しましょう。その方が断然マッチングに効果的です。

Q,「facebookのいいね!とwithのいいね!は連動していますか?」

A,していません。同じいいね!ではありますが全く別物だと考えましょう。

Q,「withの中に友だちを見つけてしまったとき、バレないようにできますか?」

A,ブロック機能があるので利用しましょう。プロフィール画面の右上もしくは左下の「…」のボタンがあります。そこをタップして「ブロックする」を選択すればまだマッチングしていない相手であれば自分のプロフィールも足あと履歴も相手側には表示されなくなります。

facebookとwithの間で、友だち同士はお互いに表示されない設定になっていますが、これは定期的に自動更新されます。

もしもfacebook上で友だちを追加した直後に、すぐにwithに反映したいという場合は、手動で更新をかけるのが良いです。

「マイページ」から「各種設定」を選択し、「Facebookの友達更新」ボタンから簡単に操作ができます。

友だちの友だちまでは自動で表示しないようにはできないので覚えておくと便利です。

ちなみに、with上での名前の表記は「イニシャル」になります。

このことで、名前からあなたを検索されることがないようにしています。イニシャル表示にすればfacebookやSNSで個人が特定される心配は少なくなり、より安心です。

facebookアカウントを持っていないと会員になれない?

withへはfacebookアカウントがないと登録できません。繰り返しになりますが、登録するには、友だち10人以上のfacebookアカウントを持っていることが必須です。

登録を始める前に人数を確認しましょう。生年月日や恋愛ステータス等も問題なければ登録を始めます。

公式サイトの「facebookではじめる」から登録を開始しましょう。画面の案内に従ってfacebookのアカウント情報を入力し、ログインしたら、簡単に無料登録が終わります。

プロフィールは同期されます。女性は完全無料でマッチングサービスを利用することができます。

また、さらにマッチング率をUPさせたい男性は、有料会員やVIP会員として登録することも可能です。

facebook連動型だからこそ安心して恋活を楽しめる!

with(ウィズ)は数あるマッチングアプリの中でも楽しんで恋活できる仕掛けがたくさんあります。

デザインや操作性も初心者が使いやすいですし、テレビで人気のメンタリストDaiGoさんを起用しているので親近感があって入りやすいです。

withは、SNS世代である20代がメインユーザーのマッチングアプリですが、実はfacebook連動については詳しくは知らない、よく分からない、という人もいます。

分からないことで登録に躊躇してしまうことがないようにfacebook連動型のアプリのメリットをまとめます。

facebookの情報を元にするメリットを一言で表すと、「安心・安全のため」です。

登録に、友だち10人以上のfacebookアカウントを持っていることを必須にすれば、偽アカウントで近づこうとする業者やネットワークビジネス勧誘、なりすましをふるいにかけることができます。

誠実な出会いを求めている人たちにとって、年齢や既婚未婚、恋人の有無をごまかされるのはつらいです。実名制を採用しているfacebookと連動させれば、プロフィールの嘘を予め少なくできるメリットがあります。

恋活していることが友だちにバレるのが恥ずかしくて、マッチングアプリの利用に踏み出せない人は、むしろfacebookと同期させているマッチングサービスを選びましょう。友だち間ではお互いに表示されないようにできるので安心です。

アメリカやヨーロッパのように、日本でもマッチングサービスを利用して、男女が出会うことがあたりまえの時代になりつつあります。

withのようなfacebookと連動しているマッチングアプリなら安心して恋活に取り組めそうです。ト

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP