恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【with】30代男性の人気を独占!モテる女が意識するプロフィール写真

▼with(ウィズ)について詳しくはこちら

自然な笑顔の写真が撮れるようになるまで

お見合い写真や履歴書の写真など、自分をアピールする時の写真は、やはりかしこまってしまいます。もちろん笑顔を意識しますが、どこか硬い笑顔になっています。履歴書の場合、これは仕方がないよねという話になりますし、なにより目は開いて、明るい表情で、歯は見せないという制限もありますから、笑顔風味の真顔にしかならないです。
しかしwithで自分をアピールする写真は、自分の良い点を見てもらうことが大切です。かといって取り繕っても不自然になります。自然な笑顔の写真は、自分の良い面をアピールするには非常に有効です。
では自然な笑顔とはなにかといえば、実は練習と鍛錬です。もちろん普段から笑っているのに、今さら訓練する意味はあるのかと思われるかもしれませんが、自然な笑顔を素敵な笑顔にするために、ぜひトレーニングをしていただきたいのです。人はいつでも自分の表情を見ることはできませんから、日頃どんな表情をしているのかは、細かく意識はしていないと思います。
そこで鏡を見ながら笑顔を作ってみます。やはり不自然な笑顔になっているでしょう。そこで表情筋、特に口角や頬の筋肉を鍛えるつもりで、鏡の前でトレーニングそしていきます。表情を作る顔の筋肉も、使わなければ固くなり表情が動かなくなるのです。「あ、い、う、え、お」と大きな口を開けたり、口角を引き上げるだけでも訓練することで、筋肉が動くようになり、思い通りの笑顔を作ることができるようになり、それが自然な笑顔の写真に繋がります。
このような訓練を日常的に行うことで、性格が前向きになるという話もあります。表情ひとつで周囲からの印象も変わってきますし、人に接する時に表情豊かな方は、何を考えているのかわからないという雰囲気から遠ざかり、明るい人という印象を与えます。また初対面で緊張していると表情が上手く動かせないということはよくありますが、それでも日頃から訓練をすることで、表情も動きやすくなります。そうすることで第一印象も良くなり、出会いの場で雰囲気を掴むことができる可能性が高くなります

家庭的な部分をアピールすることで、理想の相手とマッチング

女は家庭に入るという思想は古いという意見があります。それはもちろん当然です。男女どちらかの役割分担である必要はないです。女性も仕事をしていれば忙しく家事に手が回らないことも多いです。しかし結婚を意識している30代の男性相手であれば、お互いが家事を分担できる程度には家事能力があることのアピールは必要です
もちろん完璧に努めなければいけないという話ではありません。これは女が家事をするのが当たり前という話と同じことなのです。家庭的な部分が全くない女性に対して、もしかしてこの女性は家事がまったくできないのではないだろうかと思われた場合、男性が一手に家事を担う事を想像します。もちろん男性も会社で働いていますから、帰ってこればクタクタです。そんな時に、家事まで押し付けられてしまったらと思われたら、そんな未来はやはり遠慮されてしまいます。つまりどちらかに家事を押し付けられるという状態が想定させてしまうことで、生活を共にするという結婚に対して、この人は遠慮したいなと思わせてしまうのです。
男性でも女性でも、家事ができることは、大切なことです。家庭的な部分をアピールするということは、自分が家事を担うことを宣言するのではなく、お互いに頑張れるということをアピールするためのものです。逆の目線でいえば、家庭的な雰囲気の無い男性は、家事を手伝ってはくれないのではと、警戒してしまうことも、仕方がないという事です。どんな家庭を作りたいのか、その理想は人それぞれです。もし自分がお互い家事も仕事も助け合いたいと思っているのなら、自分から家庭的な部分をアピールすることは、決して下に見られることにはありませんし、下に見るような方は、むしろ選別が出来て好都合です。家庭的な写真1枚でも、お互いがわかることもあります。

趣味の写真は、いろいろなあなたを魅せてくれます

Withは心理学を利用して、お互いの共通点や正確に合わせた相手をピックアップしてくれます。こちらはメンタリストのDaiGoさんが監修しているマッチングシステムが使われています。ただどんなにすごいメンタリストが監修したシステムとはいえ、最後に決心し判断するのは自分です。また相手にも同じことが言えます。
ですから判断材料になる情報は多い方が助かります。そんな助けのひとつに趣味の写真があります。例えばアウトドアが趣味という方に、写真を見せてとお願いしてみると、キャンプ場での写真が多い場合と、山頂での写真が多いという場合があります。どちらもアウトドアです。もちろんお互いが、お互いの趣味が楽しそうだと興味を持てることが一番良いことです。
これはどのような趣味にもいえます。フランス映画が好き、アメリカ映画が好き、邦画が好き、話題になっている映画なら何でもと、インドアと呼ばれる趣味の中でも色々細かな趣味がみられます。そんな趣味の細かいニュアンスを知ってもらうためにも趣味の写真をプロフィールとともにアピールすることで、自分を知ってもらえます。
ただSNS映えを狙いすぎた写真は良しあしです。趣味が良いと思ってもらえる写真と、やりすぎと思われる写真があります。そして大切なのは、趣味を楽しんでいる自分も撮影することです。もちろん景色だけの写真も綺麗ですし、趣味が伺えます。しかしそれを楽しんでいる相手を見たいと思うわけですから、ぜひお友達に趣味を楽しんでいる写真を撮ってもらってください。
この時、できたらスマホではなく、デジカメを使用してほしいです。最近のスマホのカメラ機能は非常に高く、高画質にはなりましたが、純粋なカメラ機能である、倍率や手振れ、ぼかし、夜景などはまだまだデジカメの方が機能は高いので、スマホよりも簡単に日常の写真を綺麗にとることができます。もちろんスマホでも綺麗な日常写真を撮ることができます。しかしコツが必要になります。ただすぐに撮れる、すぐに編集できるという利便性はスマホの方が上ですので、手軽に何枚も撮って、良いものを選びたい場合はスマホでもいいと思います。

素敵なアピール写真についてのまとめ

写真一枚と、あなどることなかれ、それは自分を表す、大切な情報です。普段の自分の良い部分を視覚的にアピールできる大切なアイテムです。わざわざ着飾る必要はありませんが、自然体の中でも良い印象を持ってもらえる写真を選ぶことが大切です。
そのためには笑顔は大切です。もちろん趣味に真剣に取り組んでいる写真もとても素敵ですが、顔写真はやはり笑顔が一番です。清潔感も大切ですが、どんなにきちんとした格好でも、真顔で映っていては魅力も半減します
また写真を撮る時の背景も大切です。室内撮りでも問題はないのですが、暗い部屋で撮影をすると、表情が明るくても暗い印象を与えてしまいます。外で撮影する場合は逆光や風に注意しつつ撮影する必要も出てきますが、自然光は人の表情を明るく見せます。
できれば穏やかな晴れの日に、お気に入りの場所を探して撮影できれば、楽しんでいる表情が自然と浮かんでくると思います。日ごろから表情を鍛えて、思い通りの表情が作れるようにすることも大切ですが、表情は気持ちから出てくるものですから、自然な笑顔が自然と出せる環境で、写真を撮ってほしいです。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP