恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

「with(ウィズ)」30代女性に人気!モテる男のプロフィール写真

マッチングアプリwith(ウィズ)では「いいね!」をたくさんもらうことがマッチングへの近道となります。

逆に言うと、「いいね!」がもらえなければマッチングの可能性はとても低くなってしまうということです。

プロフィールの中で最も大切なのが写真。第一印象を決めるのは写真だと言っても過言ではありません。

恋人や結婚相手は外見ではなく中身重視で選ぶとは言っても、やはり外見がどんな方か気になるというのはごく普通の感覚でしょう。

多くの男性会員の中から、30代女性がその男性のプロフィールの中身を見るかどうかを決める最初の選別ポイントが写真になります。

では、どのようなプロフィール写真であれば30代女性の目に留まり、たくさんの「いいね!」をもらうことができるのでしょうか?

今回はモテる男性会員が実践しているプロフィール写真の5つのテクニックをご紹介します!

▼with(ウィズ)について詳しくはこちら


withの人気男性会員のプロフィール写真は5枚以上!

withでは最大9枚まで写真を載せることが可能です。30代女性に人気のある男性は、最低でも5枚以上は写真を掲載しています。

写真の枚数が1枚だけ、という方は自分の魅力を女性にアピールできず理解してもらうことはできないと考えて下さい。

特に、メイン写真になるものは、自分の顔がしっかり写っているものを選びましょう。風景だけ、遠すぎて自分の顔が分からない写真、画質が荒くてよく分からない写真、イラストなどを載せている会員の方は自分の顔が分かる写真を載せている会員と比べるとマッチング率が低くなります。

自分の顔に自信が無いからといって自分の顔がよく分からない写真ばかりを載せるのは好ましくありません。自分の顔をしっかり公表することも、女性に対しての誠意の表れと言えます。

笑顔の写真をメインに

メイン写真には、笑顔の写真を載せましょう。

特別イケメンでなくても笑顔が素敵な方に惹かれる、安心できるという女性は多いです。

人との円滑なお付き合いをしていく上でも笑顔は欠かせません。笑顔には人柄も現れますし、親しみやすさも感じられます。

固く真面目な表情の写真よりも自然な笑顔の写真に「いいね!」を押したくなるというのも頷けます。

顔写真+全身写真

顔写真だけでなく、全身が写っているものも載せましょう。30代女性に人気のある男性会員は、上半身と全身の写真を掲載して、自分らしさを上手にアピールしている方が多いです。

全身写真を載せると、体型や身長などがどんな方なのかも分かります。自分という人間を分かってもらうためにも、顔写真と全身写真の両方を載せるのがおすすめです。

明らかな加工写真はNG

最近は写真の加工が簡単に行えるようになりましたが、withのプロフィール写真にこうしたものを使うのは逆効果です。

ありのままの自分を晒すのに自信が無いからと加工しているのかもしれませんが、実物と写真があまりに違いすぎると、仮にマッチングして会うことになった時に相手にがっかりされてしまいます。

プロフィール写真では、あくまでありのままの自分を知ってもらうことがポイントとなりますので、明らかに加工されていると分かるような写真を使わないようにしましょう。

また、プリクラ写真を使っていると子供っぽいと思われてしまいますので、プリクラも使わない方が良いです。

写真の撮り方には注意!自撮りでないものを選ぼう

30代女性に人気のある男性会員の中で自撮りした写真を載せている人は、あまり多くありません。

斜め上から撮った自撮り写真はナルシストな感じがして引いてしまうという女性会員の意見や、この角度から撮りたい感が感じられ、自然体ではない感じがあまり好きではないという女性会員の意見が寄せられています。

決めポーズでカッコイイところを見せたいと男性は思うのかもしれませんが、女性側からすると、自然体の写真を見たいという意見が多く、そうした何気ない普段の表情を見せた写真を載せている方が断然人気が高いです。

他の人に撮ってもらった楽しそうな写真が人気

30代女性会員は、男性会員の自然体の時の表情を知りたいと思っています。証明写真のようなカチッとした印象の写真よりも友人と一緒にいる時に撮ってもらったリラックスした表情の写真の方が、自分らしさが出ていて好感度も高いです。

写真は自分一人だけ写ったのではなく、友人と一緒に写したものを載せるのも効果的です。

例えば、友人とどこかに出かけた時やバーベキューなどをしている時などに仲間と撮った写真は、楽しそうな雰囲気を伝えられます。

なお、この時に一緒に写っている中に女性が入っているものは選ばないようにしましょう。

たとえ友達の一人だったとしても、withのプロフィール写真として使うにはふさわしくありません。

女性が一緒に写った写真を載せていると、遊び人なのではないか、元彼女ではないか、もしくは既に付き合っている人がいるのではないかと疑われる可能性がありますし、そうでないとしてもそれを弁解することすらできません。

他の人が写り込んだ写真を使う場合は、あくまで男友達と一緒に撮った写真を載せましょう。

自分の趣味や好みが何かを伝えられる写真で魅力アップ!

写真には、自分の趣味や好みが何かを伝えられるものも選びましょう。

例えば、楽器演奏をしている時の自分の姿やスポーツをしている時の姿など、自分の趣味や好きなものに夢中になっている時の表情は自然体ながらもその人の魅力が感じられる写真の筈です。

withには自分と共通の趣味や好みがある女性会員もたくさんいます。それをきっかけとして話が弾んでいくことも多々ありますし、共感してくれる方から「いいね!」がもらえる可能性も高いです。

趣味や好きなものの写真も、できれば複数枚あった方が効果も高くなります。インドアなものとアウトドアなものと両方あれば、同じものを好きな人や趣味としている人も増えるので、結果的にマッチング率も高くなるのです。

ただし、いくら趣味だとは言っても、ギャンブルやお酒などの写真は好ましくありません。

結婚相手にはギャンブル好きや酒好きな方は選びたくないという女性が多いためです。

また、高級ブランドや高級外車の写真なども浪費家なのではないかと思われたり、自慢したがりの人なのではないかと思われて女性からは敬遠されてしまいますので、趣味の写真を載せる場合はその点を注意しましょう。

子供やペットと一緒に写った写真は好感度が高い

恋人や結婚相手には優しさや安らぎを求めているという女性はとても多いです。

子供やペットなどと一緒に写した写真は、おのずと優しさや温かみが感じられるものになっていることが多く、人柄の良さも感じられるので、30代女性会員からの好感度も高くなっています。

子供好きをアピールできることから、結婚相手としてふさわしいと感じてもらうこともできます。

友だちと出かけたりすることがあまりなくて、一緒に撮ってもらうことが難しいという方は、是非とも子供やペットと一緒に写した写真を載せましょう。

第一印象が決まる写真で好感度アップを狙おう!

withで30代女性から多くの「いいね!」をもらっている男性会員は、プロフィール写真の選び方に特徴があります。

写真は自分がどんな人間なのかを相手に最初にアピールするために大切なものです。

証明写真のような作りすぎのものではなく、普段の自然な笑顔の写真など、ありのままの自分の良さが伝わるものを選びましょう。

枚数は最低でも5枚、メイン写真は顔がはっきり分かる笑顔の写真を選びます。顔写真だけ
でなく全身写真や趣味や好みが分かるものなども一緒に載せると効果的です。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP