恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

「with(ウィズ)」のモテ写真を検証!こんな写真の男性が恋活女性に大人気

with(ウィズ)は、20代の男女を中心に人気の恋活・婚活のマッチングサービスで、会員数も65万人(2017年9月)を突破しています。

テレビで活躍しているメンタリスト「DaiGo」さんが監修に携わっていて、恋愛メンタリズムの仕掛けを楽しむことができるマッチングアプリです。

気になる相手に「いいね!!」を送り、「ありがとう!」が返ってくるとマッチングしたということになり、それからメッセージのやりとりが行えるようになる仕組みです。

言うまでもありませんが、全く知らない者同士が出会う場ですから、プロフィール写真の情報はとても大切です。写真がすべてと言っても過言ではありません。

しかも、たくさんの会員の中から、自分を見つけてもらう必要があります。たとえ写真を撮り慣れている世代であっても、感じの良い写真を用意するのは意外とハードルが高いものです。

すでにライバルに差を付けようと工夫しているという人も、いまいち効果が出なくて悩んでいるなら、ぜひこれから紹介する3つのポイントを見直してみましょう。

今回は、withのモテ写真を検証していきます。実はwithで人気の男性会員のプロフィール写真を分析すると、ある共通点が見えてきます!

▼with(ウィズ)について詳しくはこちら


女性の目を引く「明るい写真」で好感度アップ!

まずひとつ目のポイントは「明るい写真」ということです。

目は自然と明るい写真を選んで見ます。たとえ同じ構図の写真であっても、写真の「明るさ」で見てもらえるかどうかが変わってしまうくらい違います。

しかも、暗っぽい写真というだけで、人物イメージまでも暗いと勘違いされてしまいます。

第一印象でネガティブな印象を持たれてしまったらまず「いいね!」はもらえません。モテ写真には、明るくポジティブな印象が必要です。

では、どうしたら明るい写真になるのでしょう。おすすめは、朝のうちに外に出て撮影する方法です。

朝は自然と明るい写真が撮れる上に、朝の光で瞳の中まできれいに写ります。気持ちの良い朝がモテ写真の撮影チャンスです。

なるべく人に撮ってもらえると良いのですが、自撮りになる場合は、顔がアップすぎないように気をつけましょう。

いくら明るい写真でも顔のドアップを見せられると引いてしまいます。三脚やタイマー、自撮り棒等を使いましょう。

風景も少し入るようにすると全体として印象の明るい写真になります。背景がぼやけるポートレートモードを活用するとプロっぽくなって素敵です。

小物を使う技もあります。女優が下から照明をあてて肌をきれいに見せるように、白いノートやコピー用紙をカメラに写らないところで持って顔に白色を反射させると、レフ板代わりになります。

肌のニキビあとなどが気になっている男性にオススメです。

すでに撮影済の写真を明るくしたい場合には、写真の編集機能の中に、露出補正や明るさ変更ができる設定があります。

少し明るくするだけでイメージアップして、自然と目に留まりやすくなりますよ。

かっこつけずに「笑顔の写真」が最強!

人気会員の写真は、男性も女性もやはり「笑顔」の写真が基本です。

かっこつけすぎている写真は見ているこちらが恥ずかしいですし、真顔で無表情な写真も何を考えているのかわからないので警戒されてしまいます。

知らない者同士、第一印象を良くするには表情がある写真を目指すのがポイントです。中でも無邪気に笑う男性の写真がモテ写真になっています。

また、年齢より若く見られたい場合も笑顔が効果的です。まるで幼い少年のようと表現されることもありますが、男性の笑顔は母性をくすぐるものです。背伸びより等身大、くったくのない自然体の笑顔が一番です。

笑顔の写真の効果は、これだけではありません。実は笑顔があるところには笑顔が寄ってきます。

withの女性会員は恋活を楽しみたいと心から思っているはずです。笑顔は周りを明るくすると言われます。

写真を見ながらどんな人かなと想像し、笑顔の写真についついこちらまで笑顔になってしまう、そんなプロフィール写真の男性が女性会員から人気が出るのも納得です。

ではここで、スマホで自然な笑顔の写真を撮る方法も押さえておきましょう。

無理に口角を上げようとする人がいますが、それでは不自然で堅い印象の笑顔になってしまいます。

口角を上げようと意識するのではなく、「口角を上げる言葉を実際に声に出しながら」撮ってみましょう。

母音のイで終わる言葉が良いので、ウィスキーの「ウィ」や「キー」の部分だけ、チーズの「チ」だけ、キムチ等も使えます。試してみていろいろ撮影してみましょう。

「趣味の写真」がいいね!につながる

モテる男性会員はサブ写真も手を抜いていません

メイン写真に笑顔の明るめの写真をばっちり用意し、サブ写真には趣味がわかるものを使っています。

この趣味がまた本当にいろいろなのです。中には本当かなと思うものもありますが、モテる男性会員は趣味のバランスが良いのが特徴です。

多趣味を演出した方が良いという意味ではありません。男性っぽい趣味に偏らずに、これなら女性も一緒に楽しめそうだなというものも用意します。

女性が興味を持ってくれそうな趣味の写真を用意します。インドアだけ、アウトドアだけにならずバランスが良い趣味の持ち主であることをしっかりプロフィールの文章内でもアピールするのがおすすめです。サブ写真が決め手となって「いいね!」をもらいやすくなります。

知らない者同士でも趣味のことは質問がしやすいものです。withのプロフィールには趣味などの「好き」が表示されます。同じ趣味や価値観の相手と知り合えるのがマッチングアプリのメリットなので、その部分は丁寧にアピールしていきましょう。

趣味がないと悩んでいる方もwithなら安心です。こんな趣味でもいいのかなと思っているものでも、意外と大勢が参加しています。

○○好きのカテゴリーも豊富に揃っているので、少しでも興味のあるコミュニティに積極的に参加してみましょう。

プロフィールをブラッシュアップしていこう!

登録する写真をあれこれ悩むことは、恋活の一環です。

これまでの生き方をじっくり振り返ってみたり、周りからこんな人に見られたいなと思って努力してみたり、どれも自分にとって良い機会になります。マッチングアプリは自分を見つめるきっかけを与えてくれるのです。

プロフィール写真は「明るい写真」「笑顔の写真」「趣味の写真」の3つをぜひ実践してみましょう。写真を設定するには、「マイページ」から「カメラ」のアイコンをタップして写真を選択します。

マッチングアプリを安心安全に楽しむために、withでは1枚1枚の写真を人の目でチェックしています。審査はだいたい1日で終了しますので待ち時間もあまり気になりません。

写真を設定した後は、「いいね!」の反応を見ながら様々なパターンの写真を試してみることも大切です。

プロフィールも、上手く書けないことがあってもみんな最初は当たり前です。まずはすべての項目を埋めることを目標に、反応を見て内容を充実させていきましょう。

with(ウィズ)では、ステージのあるゲームをひとつひとつクリアしていくようなイメージで恋活を楽しむのがコツです。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP