恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

「youbride(ユーブライド)」高返信率!女性とメッセージを続けるための3つのコツ

▼youbride(ユーブライド)について詳しくはこちら


本気で結婚相手を探している人が数多く集まっているマッチングアプリyoubride(ユーブライド)は、登録者数も多く、年間数千人のカップルが結婚へと繋がっています。登録者数も多い分、多くの出会いを求める事もできますが、人によっては一日何人からも連絡がくるため、全員を相手にするのが難しい場合もあるのです。

慣れてくると、ついコピーペーストや少しアレンジを加えた文章を送りがちになってしまいますが、それでは相手にバレバレです。誰でもいいから繋がりたいのだなと思われてしまう可能性があるので、注意が必要です。

また、自分で一生懸命考えた文章でも、長すぎれば面倒と思われる場合もあります。女性にメッセージを送る場合は、少し面倒だと思っても、慎重に進めていくことが重要です。そこで今回は、女性からの返信率が高くなる、3つのメッセージテクニックをご紹介します。それでは見ていきましょう。

「youbride(ユーブライド)」女性とメッセージが続く3つのコツ♪

女性のプロフィールに合わせたメッセージを送る

とにかくやりとりを続けたいがために、ありがちな文章を女性に送ってしまうことがあります。しかし、女性はそういう事に敏感なため、多くのユーザーにも送っているのだなと勘ぐられ、不信感を抱かれてしまいます。

それぞれプロフィールを確認してみて、気になったところがあればそこを突っ込んでみるのもいいですし、質問形式にしてみる事で女性は自分だけに興味があるのだなと思い、嫌な気持ちになる人はいません。女性は特別扱いされることを好む傾向がありますので、好印象を与える事もできるのです。

初めてのメッセージは敬語がオススメ

気に入った女性を見つけ、早く距離を縮めたい気持ちもわかりますが、いきなり友達感覚でメッセージを送信し距離を縮めようとすると、女性からは軽い人だというイメージを持たれてしまいますので、注意が必要です。また、婚活アプリ「ユーブライド」は、結婚を意識した男性女性が多く集まっているため、遊び感覚で出会いを求めている人が少ないのも特徴です。

敬語から始まり、丁寧な印象を与える方が多くのユーザーに好まれる傾向がありますので、少しずつ距離を縮めながら相手の様子を伺って進めていくことをお勧めします。

メッセージのやり取りは女性の返信に合わせる

まずは相手の返信の反応で今後のメッセージのやり取りの仕方を変えるのがオススメです。なかなか反応がないと、ついもう一度アクションを起こしてしまいそうになりますが、ここはぐっと我慢し待ちましょう。中には相手に興味がないわけではないけれどもあまり得意でない人、連絡の頻度はある程度保ちたい人、逆に常にやり取りを行っていたい人もいます。相手がどんな感じのタイプなのかを把握しつつ、相手に合わせましょう

また、文章の長さも自分が比較的長めの文章で送ったにもかかわらず、相手からの返信が短い場合は、遠回しに連絡のやり取りを断られているのか、単純に長文が苦手なのかの2パターンに別れますので、分量も相手に合わせてあげる必要があります。

「youbride(ユーブライド)」女性から返信が来なくなった時の判断方法

やり取りがある程度続いていれば、どれくらいの間隔で返信が来るのかわかってくるかと思いますが、連絡の間隔が徐々に空いていき、一週間程経っても返信がない場合はご縁がなかったと思った方がいいかもしれません。

返信が常にまめでないタイプの相手でも、あまりにも返信頻度が空く場合はご縁がなかったと思った方がいいでしょう。実際に、マッチング成立から連絡のやり取りが始まり出会うまでに1ヵ月程の方が多いのも現状です。

「youbride(ユーブライド)」メッセージのやり取りで女性の心を掴みましょう

登録してから実際に出会うまで意外と簡単そうに見えますが、なかなか思うようにいかないのもマッチングアプリの難しいところでもあります。しかし、真剣な出会いを日々求めている人が多くいるのも現状なのです。相手を思いやる気持ちを忘れずに、少しコツを掴むだけでメッセージの段階から相手に好印象を与える事もでき、順調に交際へと発展していくことも可能なのです。婚活アプリyoubride(ユーブライド)で素敵な相手に出会えるようにメッセージのコツを覚えておきましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP