恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【ユーブライド】ブロックすることに罪悪感をもつ必要はない

ブロックは具体的にどのように行うのか

ユーブライドの登録方法は、簡単です。ユーブライドのサイトにある無料会員登録から、メールアドレスを入力して登録するだけです。ユーブライドでは、サクラゼロの宣言をしています。

それでも業者などが忍びこんでいることや、自分とは決定的に合わないのにしつこく付きまとわれるとことがどうしてもあるようです。特に、後者についてはユーブライドの問題ではなく、相手の問題です。この場合、ブロックをして相手と二度と連絡がつかない対応をすることが大切です。

いつまでも相手をして、こちらの住所など個人情報が知られてしまえば、後々ストーカーになるという可能性もあります。自分の勘は、あながち頼りになりますから、嫌だなぁと思ったら、ブロックをしてしまいましょう。

方法は、とても簡単です。ブロックしたい相手のプロフィールを開き、右上の縦に並んだ3つの丸の部分をクリック、もしくはタップすると、ブロックと違反報告の二つが出てきます。ここでブロックを選択することで、手続きが完了します

ブロックした相手にはどのように表示されるのか

ブロックしたことは、おそらく相手にもわかります。ただし明確にわかるのではなく、察することができるという程度です。こちらにアクセスをしても、「あなたはブロックされています」と表示されるわけではなく、「退会しました」と表示されます。ただ、別のアカウントを作ってこちらにアクセスする方法もあります。

ユーブライドは、お金を支払って会員になります。新しいアカウントを作るということは、新たに月々の契約をする必要があるということです。そこまでして追いかけてくる相手というのは非常に恐ろしいため、ユーブライド側に通報が必要になります。

また、無料会員にもなれますが、絞りこみ検索やメッセージのやり取りもできませんので、再度アクセスされる可能性は非常に低いです。基本的に、ブロックした相手とは個人的なやり取りが無い限り、ユーブライド上で付きまとわれる可能性は低いです

ブロックの解除はできない

ここで重要なことは、ブロックすると二度と解除は出来ないという点です。相手の事が嫌だかだから問題ないのではと思われるかもしれませんが、操作ミスの場合もあります。操作ミスでも、一度手続きが完了すると二度と解除できない仕組みです。

このようなミスを防ぐために、「ブロックは後から取り消せません。お相手をブロックしますか?」と確認画面が出ます。ここでOKを押すことで、手続きが完了します

ブロックしたことに罪悪感を持つ必要はない

気軽にブロック出来る方は、このようなSNS系のコミュニティは非常に向いていると言えます。お互いの顔が見えないからこそ言えること、教えられないことの線引きができ、自分に不利益であれば、すぐに切ることは相手がわからないからこそ重要です

誰にでも話しかけ、気に入らなければ気軽にブロックするという姿勢は、実社会でも良い態度とは言えないと思います。もちろん結婚を前提に、もしくはお付き合いを前提にアクセスをするわけですから、嫌なら断ることは大切です。

実社会でも、このバランスは難しいです。そのため、メッセージを送る人に対して慎重になることをおすすめします。ただ、慎重になりすぎれば逃すことも多いです。プロフィールやつぶやき、あしあとなどを見て、気になる方がいればいいね!をしてみてください。

その後の縁は、運次第ということもあります。ブロックなんて相手に悪いことをしたと思われる方はいると思います。しかし、それは相手がそう思わせる行動をとったことに問題があります。それもまた縁ですから、怖がらず新しい相手を見つけられるよう、再度チャレンジしてほしいです。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP