恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

ユーブライドでマッチング率を高めるには「いいね!」の上手な利用法がポイント

無料で行うことができる「いいね!」を活用


ユーブライドは、気になる相手に「いいね」をして、相手から「いいね!ありがとう」が来るとメッセージが送れるようになります。出会いのきっかけであるマッチング率を高めるには、まず「いいね!」をすることが必須条件です。

ユーブライドは無料会員と有料会員があり、無料会員は1日に5回まで、有料会員は1日に50回まで「いいね!」をすることができます。日付が変われば毎日この回数の「いいね!」をすることができるので、こまめにログインして気になる相手を見つけたら、「いいね」をするようにしましょう。

気になる相手とマッチングしたとして、その先に話が弾むようになるには、共通の話題があることがポイントとなります。ユーブライドには色々なコミュニティがあるので、自分の趣味や好きなものに関連するコミュニティに参加してみましょう。

そうすることで、出会いの幅を広げるきっかけになりますし、話も弾みやすくなります。自分の興味のある分野のコミュニティには、なるべくたくさん参加しておくのが大事なポイントです。

メッセージ付きの「いいね!」をすると効果的


ユーブライドでは、有料会員の場合は200文字まで、プレミアムオプションを付けると2000字までのメッセージ付きの「いいね!」をすることができます。ただ「いいね!」だけをする場合よりもメッセージ付きで「いいね!」をする方が、お相手からの反応がある確率が高いです。

ただし、メッセージ付き「いいね!」をする場合は、メッセージにどんな内容を盛り込むかによって、反応率が変わってきます。誰にでも同じ文章を送っているのだろうな、と分かってしまうような明らかにコピペしたようなものや、逆に最初から妙に慣れ慣れしい感じの文章を送ると、相手の女性は警戒してしまうものです。

あくまで初めてメッセージを送ることを念頭に置いた上で、節度ある文章を考える必要があります。とはいえ、多くの女性に文章を送るのをいちいち考えるのは大変ですので、自分の中で一定のひな型を決めておいて、中身を少し変化させると効率が良いです。

まずは初対面であることを意識して、自己紹介から始め、相手のプロフィールに書いてある趣味などで自分との共通点がある部分について触れ、相手に質問を投げかけてみると、話が繋がりやすくなります。

無駄ないいね!を減らす


有料会員は1日50回まで「いいね!」ができますが、だからと言って、むやみやたらに「いいね!」をするのはおすすめできません。特に、メッセージ付き「いいね!」をする場合には、あまりにもその数が多いと話が混乱してしまったり、返信が来た時にそこからつなげて話をしていくのがだんだんと大変になってきてしまいます。

最初のうちは、より多くの方との出会いを求めているので「いいね!」をたくさんしていっても良いのですが、実際にマッチングが成立した後は、マッチングした方とのメッセージ交換の方に重きを置き、新たな「いいね!」をこれまでと同じペースで行っていくのは避けた方が良いです。

マッチングのきっかけになる「いいね!」の上手な利用法を知っておこう


ユーブライドでは、「いいね!」をした相手から「いいね!ありがとう」をしてもらうことによりマッチングが成立します。無料会員と有料会員では1日にできる「いいね!」数に開きがありますが、この回数を利用して気になる相手には「いいね!」をしましょう。

有料会員であれば200字までのメッセージ付き「いいね!」をすることができます。メッセージ無しに比べるとありの方がお相手からの反応も良くなりますので、メッセージ付きにするのがおすすめです。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP