恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【ユーブライド】30代女性に人気!モテる男のプロフィール写真

婚活サイト『youbride(ユーブライド)』で30代女性にモテる男のプロフィール写真にはどんな特徴があるのでしょうか。NGな写真例などを交えながら、ポイントを解説します。

▼「youbride(ユーブライド)」について詳しくはコチラ

写真は複数枚

ユーブライドではプロフィールの顔となる『メイン写真』の他に、複数枚の『サブ写真』を登録することができます。実は、このサブ写真を何枚登録するかによってマッチング率が変わるのをご存じでしょうか。

様々な恋活・婚活サイトに共通することですが、『写真が多いほどマッチング率が高くなる』という傾向があります。なぜ写真を沢山載せると好評なのか、そして、どんな写真がおすすめなのかを解説していきます。

複数の写真で様々な表情をアピール

『写真は多い方が良い』とは言うものの、『どんな写真にするか』が大切です。顔のアップばかりを載せている人、ワンパターンの写真が多い人は相手に『つまらない』とか『自分好き』というイメージを与えかねません。

ポイントは、複数の写真で『様々な表情』をアピールすることです。メイン写真に『正面からの笑顔の写真』をアップしたら、サブには仕事での真剣な表情や、食事をする無邪気な表情、横顔などワンパターンでないショットを載せてみて下さい。

写真ごとにシーンを変えてみよう

顔の表情だけを変えるのではなく、写真ごとに『シーン』を変えてみましょう。

その人の日常や趣味が分かるような写真は「こんな人かもしれない」とか「一緒に休日を過ごしたら楽しいかも…」と想像を膨らませる材料になります。自分との共通点を見つけたり、キュンとするギャップを見つけたりして、その人のことをどんどん知りたくなるのです。

こういったシーン別の写真は、自撮りではなかなか撮ることができません。ぜひ仲の良い友人に撮影してもらいましょう。

自撮り写真はNG

ユーブライトで、自撮り写真が不評な理由と、写真を撮る時のコツについて解説します。

自撮りは不自然に見えるのでNG

10代や20代の比較的若い世代は自撮りをする機会が多く、自撮りを不自然と思わないケースもあります。しかし、20代後半から30代にかけては『自撮りNG派』の女性が多数をしめています。

不自然な体の向きや、大人の男性には不似合いな上目遣いを女性は快く思いません。「キメ顔が不自然」とか「ナルシストっぽい」と思ってしまうのです。また、自撮りばかりをアップしていると「友達がいない」と思われてしまうかもしれません。

30代の大人の女性をターゲットにするなら、自撮りや過度な加工はやめましょう。鏡越しの自撮りは言語道断です。

適度な距離感で自然な写真を

自撮りはカメラと腕の距離が近いので、どうしても顔がアップになってしまいます。手を伸ばし過ぎて体の向きが不自然になることや、写真に腕が写り込んでしまうことも避けたいものです。

理想的なのは、顔と上半身がバランスよく映り、不要なものが写り込まないことです。遠隔操作での自撮りも可能ですが、より自然体で撮るなら、やはり『他者撮り』がおすすめです。

他者撮りの楽しそうな写真

年齢を重ねると、友人や家族と一緒に写真を撮ることが少なくなるかもしれません。サブ写真に他者撮りの楽しそうな写真が1枚あるだけで、女性は『仲間や家族との繋がりを大切にしている人』と感じるものです。

他者撮りで相手目線の写真を

自撮りに慣れてしまうと、どんな表情が魅力的なのか分からなくなってくることがあります。自分がいいと思っている写真も、他人にとっては「不自然」とか「魅力がない」と感じさせてしまうことが多々あるのです。

自分と他人の感性のギャップを埋めるためにも、他者のアドバイスを参考にし、「この表情はいい」とか「最高に輝いている」と思う瞬間をどんどん撮ってもらいましょう。

カメラ目線ではない何気ない表情や、誰かと語り合っている表情、何かに夢中になっている表情は、見る人にリアルさと自然体の魅力を伝えます。

楽しそうな表情を引き出してもらおう

全体の雰囲気や、他者との関係が分かるような楽しい写真をアップしてみましょう。ワンシーンをそのまま切り取ったような写真は『他者撮り』のみができる技です。

特に『男性の楽しそうな表情』は女性がキュンとするポイントの1つです。仲の良い友人や家族などに、楽しそうな表情を引き出してもらいましょう。

ちなみに、卒業アルバムや集合写真、証明写真などを引き伸ばして使うのはNGです。楽しそうな表情はおろか、その人の良さが全く伝わってきません。

趣味が分かるおしゃれな写真

趣味や好きなものの写真は、自分と相手の共通点や相違点を見つける材料になります。それがきっかけで話が弾むこともあるでしょう。サブ写真に必ず載せたい『趣味の写真』について解説します。

趣味をさりげなく取り入れ魅力をアピール

趣味の写真は、女性に『一緒に過ごす休日』を連想させます。

たとえば、スポーツ観戦や旅行、ドライブなどの写真を見ると、「この人と一緒にいたら楽しそう」と感じますし、サッカーなどのユニフォーム姿にキュンとして「応援したい」と思うかもしれません。

趣味の写真は自分の魅力をアピールする手段であり、女性に声をかけてもらうためのきっかけでもあります。ベストショットをさりげなく取り入れましょう。

また、自分が写っている写真だけでなく、旅をした風景や、参加したイベントの様子、グルメや料理なども数枚アップすると全体のバランスが良くなります。ただし、どんな趣味の写真でも、女性と写っているものはNGです。

趣味がなければ仕事中の写真を

女性は、何かに夢中になっている男性の姿が大好きです。たとえば、仕事に打ち込んでいる表情や、車を運転している姿などです。

趣味がない場合は『仕事中の写真』をアップしてみましょう。エンジニアやオフィスワークであれば、パソコンを触っている姿でもOKです。

特に、男性のスーツや制服姿にキュンとする女性は多く、「頼もしい」や「できる男」というようなポジティブなイメージを持ちます。

子供やペットと写った優しさが伝わる写真

30代ともなると、結婚を意識する女性の割合がグンと増えてきます。とくに『結婚後の温かい家庭』や『子供好き』を連想させるような写真は好感度が高く、多くの女性に注目されます。

無理のない程度で『優しさ』が伝わるシチュエーションを意識してみましょう。

子供やペットと撮影し好感度を上げよう

子供やペットを可愛がる様子は、優しさや温かさ、頼もしさを感じさせ、『子供好きのアピール』にもなります。

ただし、「これは誰の子供?バツイチ?」と見る人に疑問を抱かせることにも繋がるため、子供と写った写真を載せる時には「甥っ子や姪っ子、友人の子供」など、コメントを残しておくことをおすすめします。

微笑ましく眺めている写真もOK

子供と一緒の写真といっても、大抵の人は子供に触れ合う機会が少ないのではないでしょうか。そんな時はツーショットを無理に撮らなくてもOKです。ペットや子供達が遊んでいる様子をほほえましく眺めている写真でも良いのです。

あまり作り込み過ぎると「女子ウケ狙い」と思われてしまうので、写真の上手な友人に自然な印象の写真の撮影をお願いしてみましょう。

落ち着いた雰囲気のモテる男の一枚を選ぼう

30代女性にモテる写真の撮り方は、自然な雰囲気を意識しながら、さりげなく『できる男』や『落ち着き』をアピールすることがポイントです。その一方で、サブ写真には様々な表情やシチュエーションの写真をアップして『ギャップ』を感じさせるのも効果的です。

30代ともなると、結婚や家庭を意識する人が多くなります。遊びの恋活ではない『真剣度』が分かるような雰囲気を目指しましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP