恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

ゼクシィ恋結びで20代男性にモテるにはプロフィール写真の選び方にコツがある!

第一印象が良くなる明るい雰囲気の写真


人の第一印象は見た目で決まります。というと、身も蓋も無いかもしれませんが、人と出会う時は男女共に見た目でその人となりを判断するのが一般的です。実際に面と向かって会うなら、その人のしぐさや雰囲気、話し方などでイメージが良くなることも多々ありますが、ゼクシィ恋結びの場合は相手を判断する材料はプロフィール写真しかありません。ですから、写真の印象が良いことはとても重要なポイントなのです。

ゼクシィ恋結びは、他のマッチングアプリに比べると、プロフィール写真が大きく表示されるため、見た目のインパクトも大きくなります。多くの会員の写真がある中で自分にスポットを当ててもらうためには、「この人、感じが良いな」と相手に思ってもらうことが必要です。明るい笑顔で撮った写真は、真顔で撮った写真よりも印象が良くなります。

写真は自撮りではなく誰かに撮ってもらうのがおすすめですが、その理由は自然な笑顔の写真が撮れるからです。美人かそうでないかというのもポイントですが、それよりも雰囲気の良さが写真に表れているかどうかの方が大切だと言えます。室内よりも外の自然光の下で撮ってもらうと、より明るい雰囲気の写真を撮ることが可能です。

明らかに加工をしすぎている写真はマイナスイメージ


最近は、写真の加工が簡単に行えるアプリがたくさんあります。特に、自分の顔に動物の鼻や耳をつけられたりスタンプを押せたりするスノーが若い女性を中心に人気です。友だちと遊びでこのような写真を撮るのは良いのですが、スノーで加工した写真をゼクシィ恋結びのプロフィール写真に使うのはおすすめできません。

スノーを使うと、元の顔とは似ても似つかぬほど別の顔になりますし、元の顔よりもずっとかわいくなるのは確かです。しかし、実際に会うことになったら、相手の男性から詐欺だと思われてしまう可能性も高くなってしまい、かえって自分の印象を貶めてしまいます。

良い写真をプロフィールに使うことが大切とは言っても、リアルの自分とあまりに違いすぎる写真は、詐欺と言われても返す言葉がありません。写真の加工をするなら、背景を明るくしたり、多少の美白をするにとどめておきましょう。くれぐれも、不自然なほどに加工した写真を使わないことがポイントです。

自分の趣味が分かる写真


ゼクシィ恋結びでは、複数の写真を登録することができます。そのため、写真は是非とも複数登録をしましょう。笑顔で写った顔写真は必須ですが、自分がどんな人間なのか、何が好きなのかを相手にアピールするには、顔写真以外の写真も載せておくことが大切です。

ゼクシィ恋結びでは、共通の話題や趣味があると話が弾みやすいですし、それが出会いのきっかけになります。例えば人前で発表する機会のある趣味をしているなら、発表会の時に撮った写真を載せたり、何かを作ることが趣味なら作品を載せたりすると良いです。同じものや似たものが好きという方から「いいね!」が来る可能性が高くなります。

自分の良さが伝わる写真を選ぼう


ゼクシィ恋結びで男性にモテるためには、写真の印象が良いことが必須条件です。美人だと「いいね!」がたくさん来ますが、それほど美人でなくても、明るい笑顔で雰囲気の良さが感じられれば印象は十分に良くなり、「いいね!」もたくさん来ます。

最近は加工アプリを用いればありのままの自分よりもかわいく見せることは簡単にできますが、明らかに加工して元の顔とは別人のようになったものをプロフィール写真として使うのはおすすめできません。あくまで、普段の自分の良さが伝わる写真を選びましょう。ゼクシィ縁結びでは複数の写真登録ができますので、趣味や好きなものなどの写真も載せると良いです。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP