恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【ゼクシィ恋結び】男性必見!モテる5つのプロフィールポイント

この記事を要約すると

ゼクシィ恋結びのプロフィールは、書き方に悩む人も多くいます。写真の選び方、趣味の書き方まで、女性に興味を持ってもらうためのポイントを5つ紹介します。

ゼクシィ恋結びのプロフィールは、書き方に悩む人も多くいます。写真の選び方、趣味の書き方まで、女性に興味を持ってもらうためのポイントを5つ紹介します。

モテる男性のプロフィール内容とは?

ゼクシィ恋結びでは、実際に女性に会って自分をアピールできないため、プロフィールがとても重要なアピール方法となります。
そのため、モテる男性のプロフィールには共通したポイントがあります。
いまいちプロフィールの書き方がわからないという人は、モテる男性のプロフィール内容を参考にすると良いでしょう。

顔がはっきりわかるプロフィール写真

実際に会えないからこそ、プロフィール写真には『はっきりと顔が映った写真』を使います。
特に、検索画面に表示されるメインのプロフィール写真には『笑顔で顔がはっきりわかる写真』を選びましょう。
ただし、あまりに顔のアップすぎる写真を載せると『この人変な人なのでは?』と思われてしまいます。
適度に距離を保って、清潔感のある服装で写真を撮りましょう。
また、ゼクシィ恋結びではサブ写真を10枚以上選択することが可能です。サブ写真には、顔がはっきりとわかる写真だけでなく、全身の写真も載せるようにします。
女性側からすれば、1枚だけの写真の人よりも、何枚も写真を載せている人の方が、情報がわかりやすいので『いいね!』をしやすくなります。

自己紹介文をきちんと書く

女性があなたのプロフィール写真を気に入った場合、自己紹介文をチェックしに訪れてくれるでしょう。
女性は、この自己紹介文で自分との共通点を見つけられるかを確認しています。
好印象の場合にはいいね!をしてくれる可能性が高くなるので、丁寧に書きましょう。
自己紹介文は、最初から最後まで『敬語』が基本です。

文字数多め

自己紹介文は、文字数を多めに書きます。
ただし、文字数が多ければ良いわけではありません。
だらだらとした文は、読んでいる側が興味を失ってしまいます。
アピールしたいポイントを『簡潔、かつ丁寧にまとめる』ように心がけてください。
ここでは、上手な自己紹介文の書き方のポイント2つを紹介します。

自己紹介文は上限の500文字を目安に

ゼクシィ恋結びの自己紹介文は、上限が500文字までとなっています。自分をアピールできる自己紹介文は、この500文字を目安にしてください。
自己紹介文は、少なすぎると真剣さや誠実さを感じさせることはできません。
しっかりと自分のアピールポイントをまとめて読みやすくまとめましょう。

仕事、趣味、将来を盛り込んで

女性は、男性の『仕事・趣味・将来』について興味があります。
ゼクシィ恋結びに登録している女性は、20代以上で、将来的には結婚を意識した出会いを求めている人がほとんどです。
仕事は、女性にとってとても気になる部分です。
『仕事にやりがいを感じられているか』・『責任感があるか』などについてもさりげなく触れましょう。
また、将来については『具体的なエピソードや夢』などを入れながら触れることで、相手がイメージしやすくなります。
趣味については、交際を初めて一緒に過ごす時に共有できるものかどうかということがポイントになります。自分1人で楽しむ趣味だけでなく『2人でも楽しめるような趣味』も書いたほうがマッチング度が高くなります。

良い面と苦手な面を組み合わせて自分をアピール

プロフィールには、あえてネガティブなことを書く必要はありませんが、良い面だけを書くと『この人は自信過剰なのでは?』というイメージを与えてしまう危険性があります。
良い面だけでなく苦手な面についても触れながら、上手に組み合わせて自分をアピールしましょう。
良い面と苦手な面の組み合わせ方次第で、より魅力的なプロフィールに仕上げられます。

一緒に居たら楽しそうを最大限アピール

プロフィールを読んで、『この人と一緒にいたら楽しく過ごせそう』と思われることが大切です。
そのためにも、一緒に居たら楽しそうを最大限にアピールしましょう
下記のようなポイントについて触れることで、自然にアピールできます。

  • 周りの人からよく言われること
  • アウトドア・インドアの両方の趣味があり、2人で楽しめるもの

例えば、周りの人から「いつも元気だね!」と言われるといった内容や、旅行へ行ってその土地の美味しいものを食べるのが趣味などの内容でも良いでしょう。

苦手な面にはポジティブ表現を添えて

誰にでも苦手な面があります。苦手な面を書くことで、誠実さや人間味を表現できるというメリットもあります。
しかし苦手な面だけでは、マイナスイメージを与えるので注意が必要です。
では、苦手な面を書く時にはどうしたら良いのでしょうか。
まず、苦手な面を先にかいて、そのあとにポジティブ表現を述べましょう。
例えば、『初対面の人とは緊張してあまり上手に話せませんが、話をしたり聞いたりするのは大好きです』などのように書けば、話をしたり聞いたりするのが大好きという部分がアピールできます。
書き方1つで、印象が変わる>ので気をつけてください。

女性が興味を引くような話題(趣味)を入れる

プロフィールには、女性の興味を引くような趣味などの話題を入れましょう。
自分1人だけで楽しめることばかり書いていると、『この人は1人が好きなのかしら』と思われてしまいがちです。
女性は一緒に楽しく過ごせる人を求めているので、女性が好きそうな趣味についても触れてください。

女性にウケる男性の趣味

モテる男性のプロフィールには、必ずと言っていいほど女性にウケる趣味があります。
それは、かっこいい・素敵と思われる趣味です。
女性にウケる定番の趣味の1つは、スポーツです。スポーツの中でも、爽やかさをイメージされるようなサッカー・フットサル・テニスなどのスポーツが人気です。
また、グルメ系の趣味も女性に人気があります。美味しいお店を知っている男性は、それだけで魅力がありますし、最近は料理ができる男性は素敵と思う女性が増えています。
そのほかにも、ドライブ・BBQ・ランニングなどの趣味も人気があります。

趣味の羅列は避けて、1つは掘り下げる

しかし、女性の興味を引く趣味をただ羅列するだけでは曖昧になってしまいます。趣味を複数挙げるのは構いませんが、必ず『1つ以上の趣味は掘り下げて詳しく』書きましょう。
お酒が好きな人であれば銘柄、グルメが趣味な人であれば好きなレストランなどでもOKです。掘り下げることによって、女性との話題づくりに役立ちます。

プロフィール項目はできるだけ埋める

ゼクシィ恋結びには、選択式で埋めていくプロフィール項目があります。
プロフィール項目には、基本情報・学歴や職業・ライフスタイルなどがあります。
実際に会って聞けないため、相手が知りたい情報はプロフィール項目を読めば分かる仕組みになっています。
ほとんどの女性は、気に入った男性の自己紹介文以外にプロフィール項目も確認しています。自分をアピールする方法の1つなので、できるだけ埋めましょう。

情報が少ないといいねがスルーされるかも

プロフィール項目は、年齢・身長などの基本情報以外にも喫煙・飲酒など色々な項目があります。
プロフィールからその人を判断できる材料が無いため、情報が少ないといいね!をしても『どんな人なのかわからない』と不安要素となりスルーされる可能性があります。

埋めること自体が真面目さアピールに

たくさんの項目があるので、プロフィール項目をすべて埋めるのは少し手間がかかります。
しかし、相手が知りたい情報がほとんどなので、埋めること自体が出会いに対する真面目さをアピールできます。
真剣な出会いを求めているならば、全項目を正直に埋めることが必要です。

ポイントを押さえてモテるプロフィールに

プロフィールはマッチングする上でとっても重要なポイントです。
まずは自己紹介文をしっかりと書いて、選択項目を全て埋めましょう。
丁寧にプロフィールを作ることで、相手にあなたの誠実さをアピールできます。
モテるためのプロフィールの書き方のポイントさえ押さえれば、素敵な出会いが訪れるはずです。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP