恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【ゼクシィ恋結び】女性が初めてのデートで気を付けたい5つのポイント!

この記事を要約すると

人気の婚活アプリ『ゼクシィ恋結び』で出会った気になる男性との初デートを上手くこなし、好印象を残すために気を付けたいポイントやコツをたっぷり紹介します。

人気の婚活アプリ『ゼクシィ恋結び』で出会った気になる男性との初デートを上手くこなし、好印象を残すために気を付けたいポイントやコツをたっぷり紹介します。

話すのが苦手なら事前に伝えておく

気になる男性と初デートとなれば、誰でも「会話が弾まなかったらどうしよう…」「どんな会話をしたらいいのだろう…」と少なからず不安になります。
特に普段から男性と話すのが苦手な人にとっては、かなりのプレッシャーになりますよね。そういう場合は、まず会話が苦手であることを相手に率直に伝えてしまいましょう。
デートする目的は、お互いのことをもっとよく知ることです。相手に苦手なことを伝えることは、あなたを深く理解してもらう為に必要不可欠なステップです。
また、初デートに応じるくらいですから、相手も苦手なことを含めて、あなたのことをもっとよく知りたいと思っているはずです。
苦手なことを共有することで、より親近感が湧き、思った以上に会話が弾むことも珍しくありません。

ネガティブにならない様気を付ける

特に初デートは、お互いのことをほとんど知らない段階ですので、会社の愚痴や悪口などネガティブな話題は控えましょう。ネガティブな言葉は、あなた自身の印象もネガティブにしてしまい、マイナス要因になります。
また、会話が苦手な人でも、会話の中で「すごい!」とか「楽しい!」などポジティブな言葉を使うことで会話が弾みますし、あなたの印象もポジティブになり、一石二鳥です。

あらかじめ話題を幾つか用意しておく

会話上手な人は、日頃から話題になりそうなネタをストックしています。
普段から意識して自分の身の回りのことに気を配っていると、日常のささいなことなどからでも話題を切り出せるようになります。
初デートで「どんな話をしていいのか分からない」という人も、あらかじめ話題をストックしておくと、会話に詰まったときに役立ちます。
具体的には、趣味、出身地(地元の話)、最近のニュースや話題、ペット、休暇(旅行)など、身近な話題がおすすめです。
特に、共通の趣味がある場合は、話が尽きず盛り上がり、楽しい時間を過ごせるでしょう。
また、例えば出身地の話であれば、観光地や特産品などについても把握しておくことで、話題を膨らませることができますし、より会話が弾みます。

女性らしく振舞う

女性が男性らしさに惹かれるように、男性は女性らしい振る舞いやしぐさといった『女性らしさ』に惹かれます。具体的にどう振舞ったら女性らしいという印象を残せるのでしょうか。

綺麗な所作に慣れておくのがコツ

例えば、初デートで食事をするときに向い合わせに座ると、常に相手の視界にあなたが入るので、所作が目につきやすくなります。いくら女性らしい洋服を身にまとっていても、所作ががさつで女性らしさに欠けていると、男性の心を捕えるのは難しくなります。
基本的なマナーも含め、女性らしい振る舞いは、その場だけ上手く振舞おうとしても、実際はなかなか自然にできません。日頃から意識してしっかり身につけておくことが大切です。

気配りを忘れない

男性は振る舞いやしぐさだけでなく、さりげない気配りにも女性らしさを感じます。気配りと一口に言ってもいろいろありますが、デートで必要とされる気配りは『自分がされて嬉しいことを相手にする』ということです。
その中でも大切なのが『笑顔を絶やさない』ことです。話が盛り上がっていないときでも、明らかにつまらなそうな表情や態度をするのは、女性としてだけでなく一人の大人としても気配りに欠けますよね。
また、例えばサッカーが趣味の男性がサッカーの話をしてきたときに、「全く興味がない」「分かりません」といった返答も気配りに欠けます。興味がなくても、「どのチームが好きですか?」など一般的な質問をして、話を膨らませることはできるでしょう。
同じ時間を共有しているデートなのですから、お互いが楽しく過ごせるように努めるのが、最低限の気配りです。

おしゃべり好きでも話し過ぎない

デートで気をつけなければいけないことの1つが、会話が一方通行になってしまうことです。自分ばかり話をしているのに、盛り上がっていると勘違いしてしまうパターンも少なくありません。自分は楽しかったと感じるかもしれませんが、相手が同じように感じているとは限らないので注意しましょう。

会話のキャッチボールを楽しむ

会話はキャッチボールです。自分だけが楽しい一方通行の会話は相手のテンションをぐんと下げてしまい、デートそのものがマイナスの印象になってしまう可能性もあります。
会話のキャッチボールを楽しむためには、相手に話題をふってみたり、質問してみたりすると話が膨らみます。
ただし、質問は「自分に興味を持ってくれて嬉しい」と感じる反面、度が過ぎると「うっとうしい」「質問攻めで怖い」など間違った印象を与えてしまうので、気をつけましょう。

相手への興味を示す

人それぞれ興味や趣味、価値観が異なる、ということを心得ていないと、楽しい会話はできません。
例えば、相手が自分の趣味の話をしてきたときに、「知らない」「興味がない」といった態度や言動では上手く会話が続かないばかりか、デート自体うまくいかないでしょう。
前述した通り、女性としてだけでなく、一人の大人としても、さりげない気配りはマナーの1つです。興味がないことでも「それは何?」「どういうこと?」と、ある程度興味を示し会話のキャッチボールをすることが大切です。

TPOに合わせた服装を

第一印象が大事だとよく耳にすることもあり、初デートが決まったら何を着ていこうか悩みますよね。できるだけ好印象を与えるためには、TPOに合わせた服装を選ぶことがポイントです。

事前に大まかなプランを聞いておく

TPOに合わせて服装を選ぶために、事前にある程度のデートプランを聞いておきましょう。
例えば、公園や遊園地などアウトドアのデートでは、動きやすいカジュアルの洋服、ワンランク上のレストランでは、上品でシックなワンピースなど雰囲気に合う洋服を選ぶことが大切です。
TPOに合わせた洋服は、デートを大切に思っているのが伝わりますし、きちんとTPOをわきまえた判断や行動ができる女性という印象になりプラスになります。

過度な露出やブランド品は避ける

初デートはついつい気合が入り過ぎてしまうこともありますよね。しかし、女性らしさをアピールしようと胸元や肩が見えすぎる露出の多い洋服を選んでしまうと、逆に相手の気持ちを遠ざけてしまうこともあります。
露出の多い服は、遊んでいる女性のイメージが強くなるので、特に初デートでは好印象を与える清楚な洋服が無難です。
また、お気に入りの洋服やバッグ、靴などがブランド品だとしても、初デートではブランド品は極力控えましょう。ブランド嗜好のお金のかかる女性といった印象を与えてしまいますし、「金銭感覚がずれているかもしれない」と思われる可能性もあります。
どちらも、結婚相手としてはマイナスなイメージですので、気をつけましょう。

少しだけ謙虚さを持つ

男性が大切に思っている『女性らしさ』にも繋がることですが、謙虚な気持ちを忘れないことが大切です。

当たり前は存在しない

初デートで食事に出かけたら、奢りたいと思っている男性は多いですが、ポイントはその時の女性の態度です。奢ってもらうことが当たり前のような態度をとってしまうと、高飛車な女性という悪い印象になってしまいます。
たとえ奢ってくれると分かっていても、謙虚な態度で感謝の気持ちをしっかり伝えるようにしましょう。男性はそういったことからも将来の結婚相手にふさわしい女性かどうか判断しています。

感謝の気持ちを伝える

当然のことですが、感謝の気持ちをしっかり言葉で伝えることを忘れないようにしましょう。
たとえ小さなことでも笑顔で『ありがとう』と言われれば嬉しいですし、相手も自然と笑顔になり楽しいデートに繋がります。
また、きちんとお礼など挨拶が言える女性は、親に紹介しても恥ずかしくないという印象が残り、将来を考える要因の1つになります。基本的な挨拶を大切にしましょう。

ポイントを押さえて初デートを楽しもう

女性と男性では見ているポイントが違います。せっかくの出会いを有意義なものにするために、女性らしさを意識して、初デートを楽しいものにしましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP