恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【ゼクシィ恋結び】女性必見!さりげなくデートに誘わせる最強3ワード

この記事を要約すると

話題の『ゼクシィ恋結び』で気になる男性に出会っても、自分からデートに誘えない女性のために、男性からデートに誘ってもらう魔法の言葉やコツを徹底解説します。

話題の『ゼクシィ恋結び』で気になる男性に出会っても、自分からデートに誘えない女性のために、男性からデートに誘ってもらう魔法の言葉やコツを徹底解説します。

近いですね

気になる男性とメッセージをやり取りをするようになると、必ずと言っていいほど話題になるのが、住んでいる場所や会社の場所です。ここでは『場所』を使って、さりげなく『デートに誘ってほしい』アピールをするコツやポイントを詳しく紹介します。

場所の話題が出たら、近いですね!

メッセージをやり取りしている中で、住んでいる場所や会社の場所など『場所』の話題が出たら、すかさず「最寄り駅から近いです!」や「会社から近いです!」といったメッセージを送ってみましょう。

そうすることで、相手に『自分との距離が近い』ということをさりげなくアピールでき、「近くなら会いやすいし、デートに誘ってみようかな…」という気持ちにさせやすくなります。

出身地の近さで話も盛り上がる

自分との距離の近さをアピールするための『場所』は、現在住んでいる場所や会社の場所だけに限りません。

出身地が近いということも大きなアピールポイントになり、それだけでお互いに親近感が湧き、話が盛り上がることも珍しくありません。その結果、「もっとゆっくり話したい」と思ってもらいやすくなり、デートに誘われる確率がぐんと上がります。

また、『ゼクシィ恋結び』で男性を検索する際に、出身地も考慮するとマッチングする確率が高くなり、デートに誘われる回数も増えるでしょう。

自宅や最寄りの駅を知られたくないときは

「まだ相手の男性のことをよく知らない段階で、自分の家や最寄り駅を知られてしまうのは避けたい」と思う女性も多いのではないでしょうか。

『場所』を使ったアピール方法は、あくまでも『自分との距離が近い』ということを相手に感じてもらうことが目的なので、友人と遊びに行く場所やお気に入りの街など普段よく行く場所などでも構いません。

おすすめは?

誰でも自分の好きなものに関して、相手が興味を示してくれると嬉しく感じますよね。相手の『おすすめ』を聞くことで会話も弾み、断然デートに誘われやすくなります。

まずは相手の好きなものを聞く

おすすめを聞き出すためには、まず相手が好きなことやものが何なのか知る必要があります。

メッセージを送る際に、自然な流れの中で『どんな料理が好きなのか』・『どんな趣味や特技があるのか』など、さりげなく聞いてみるのがおすすめです。

そうすることで、おすすめを聞き出す手がかりを掴めるだけでなく、『自分に興味を持ってくれている』ということも伝わり一石二鳥です。

なお、『ゼクシィ恋結び』のプロフィールで、ある程度の情報を得ることは可能ですが、あまりにも詳し過ぎると「プロフィールを隅々まで読み込んでいるようで怖い」といった間違った印象を与え、引かれてしまう可能性があるので、注意しましょう。

オススメを聞いて興味を伝える

例えば、気になる男性がラーメンが好きだと分かったら、「実は私もラーメンが大好きなんです!でも、なかなか美味しいお店に出会えなくて…もし、おすすめのラーメン店があったら教えてください」といった感じで、相手のおすすめを聞いて興味があるということをアピールしましょう。

共通点があると話が尽きないだけでなく、親近感が湧き距離がぐっと縮まります。その結果、「もっと話してみたい」と感じ、「じゃあ、今度一緒におすすめのラーメン店に行ってみない?」と、デートに誘われやすくなります。

教えてを添えて頼ってますアピール

一般的に男性は女性から『教えて』と頼られたり、甘えられたりすると放っておけないものです。

例えば、気になる男性がゴルフが得意なら、「私もゴルフを始めたのだけど、なかなか上達しなくて…今度打ち方を教えてくれませんか?」と『教えて』アピールをしてみましょう。

また、特に共通の趣味がなければ、相手が詳しい街についてなどでも構いません。

例えば、相手が横浜に詳しいとしたら、「実は横浜のことをほとんど知らないんです…」と、さりげなく『教えて』アピールをすると、「いいお店がたくさんあるから、今度紹介してあげるよ」といった感じで誘われやすくなります。

女1人で行くのは…

大皿の中華料理店、焼き鳥屋、屋台のラーメン屋など、女性一人だと行きにくい雰囲気のお店はたくさんあります。

それを上手く利用して『行きたいけれど、女性一人では行けない』ということをアピールすることで、相手に「じゃあ、一緒に行ってあげようかな」と思わせ、デートに誘われやすくなります。

相手の好きな食べ物に合わせる

まずは、相手がどんな食べ物が好きなのかを事前に調べておき、相手の好みに合わせて話題を選ぶことがポイントです。

相手が好きな食べ物であれば、特に好きでもない食べ物よりも、一緒に食べに行こうという流れになりやすいでしょう。

一緒に行きたいをさりげなく伝える

自分からはデートに誘いづらいと感じる女性は多いですが、不安な気持ちがあるのは男性も一緒です。

女性から『デートに誘ってほしい』アピールをしても、なかなかデートに誘われないケースも少なくありません。そんなときにデートに繋げる最強の言葉が『一緒に』です。

相手の興味がある場所や、自分が行きたい場所などの話題がでたら、『一緒に』という言葉を巧みに使うことで、デートに誘われる確率がかなり上がります。

例えば、相手が「週末に代官山に行ってきたんだ」と言ったら、「○○さん、代官山に詳しいから、一緒に行ったら楽しそう!」といった感じに返してみましょう。

はっきり言葉にしなくても、相手にあなたがデートしたいと思っている気持ちがしっかり伝わります。そして、相手もあなたに興味を持っていれば「じゃあ、今度案内するよ」と気軽にデートに誘ってくれるでしょう。

誘われないときは一度メールを見直して!

何度かメッセージのやり取りをして、『デートに誘ってほしい』アピールも十分にしているのに、一向にデートに誘われないときは、自分が相手に送ったメッセージを見直してみましょう。

長文メール送ってる?

女性同士でも長文のメッセージは重いですし、返信する際も同じように長文で返さなくてはいけないようなプレッシャーを感じる人も多いのではないでしょうか。

ましてや、『ゼクシィ恋結び』で出会ったばかりで、まだお互いをよく知らない者同士の場合は、より重く感じますし、返信するのが億劫になり、結局そのままになってしまうことも珍しくありません。

理想のメッセージのやり取りは、『短文でテンポよく』です。相手からメッセージが来たタイミングでテンポよく短文で返す方が、やり取りが断然長続きします。

特に、メッセージでのやり取りを始めたばかりの段階のときは、1回のメッセージが3行程度の気軽なやり取りがおすすめです。

絵文字や顔文字を使ってる?

メッセージのやり取りが苦手で、つい簡素になり過ぎてしまうと悩んでいる女性は、絵文字や記号を意識して使用することで、文章に温かみが増し好感度が上がります。

ただし、絵文字や記号を使いすぎてしまうと、読みにくくなるばかりか、幼稚な印象を与えてしまうこともあるので、適度に使うように心がけましょう。

最強の3ワードを使ってデートに誘うってもらおう

男性に「デートに誘ってみようかな」と思わせる最強ワードは『近いですね』・『おすすめは?』・『女1人で行くのは……』の3つです。

自分からデートに誘いづらい人は、さりげなく『デートに誘ってほしいアピール』をして、気になる男性にデートに誘ってもらいましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP