恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【ゼクシィ恋結び】30代人気女性会員の特徴とは?

この記事を要約すると

大人の魅力を武器にできる30代こそ、たくさんの男性からモテたいですよね。『ゼクシィ恋結び』で人気を集める30代女性会員の特徴について紹介します。

大人の魅力を武器にできる30代こそ、たくさんの男性からモテたいですよね。『ゼクシィ恋結び』で人気を集める30代女性会員の特徴について紹介します。

写真の複数登録

どの人気会員にも共通する大きな特徴として、写真を複数枚登録しているということが挙げられます。男性会員の気を引くためには、まずは興味を抱かせるような写真を登録することが大切です。

大人っぽい落ち着いた感じの写真を選ぶ

男性は、悪気なく無意識に若い女性に惹かれるため、どうしても20代女性の方が人気を得やすい傾向にあります。そんな中でも、30代女性の中にも男性人気の高い人がいます。

そんな30代女性に共通しているのが、大人っぽさを売りにした写真をアップしていることです。これは単にセクシー系で攻めているという話ではなく、落ち着いた上品さをうまく写真で表現しているということです。

確かに若さは一つのチャームポイントですが、だからといって若く見せようと力を入れすぎると、逆に痛々しさが漂ってしまいます。年齢相応の落ち着いた服装やメイクの方が、かえって上品な色気が醸し出されるものです。

日常の写真を多用して親近感を出す

男性の中には、30代女性に対してセンスや金銭的な面でハードルの高さを感じている人もいます。大人の女性だからこそ、20代女性に比べて隙を感じにくいというわけです。

しかし、モテる30代女性はそんな男性心理をうまく突くことが得意です。日常風景を切り取った写真を多くアップすることで、手を出しにくいイメージから一転、男性に親しみやすさや無邪気で素直な印象を抱かせます。

高級そうなレストランやお洒落すぎるカフェなどで撮った写真よりも、小綺麗にした自室や近所の公園などで撮った写真の方が、「この人となら付き合いやすそう」というイメージを与えることができるのです。

自己紹介文はしっかり書く

男性は、基本的に30代女性のことを『しっかりとした大人の女性』と認識しています。その期待を裏切らないためにも、自己紹介文は要点を押さえてきちんと書いた方が、好印象を与えることができます。

自分の性格を親しみのある言葉で伝える

気の合うパートナーとマッチングするためにも、自己紹介では自分の性格をわかりやすく伝える必要があります。人気会員は、この自己紹介に使う言葉選びがとても巧みです。

ただ性格や趣味、婚活にかける思いなどを箇条書きのように羅列するだけでは、就職活動のエントリーシートのようになってしまいます。

そうならないためにも、目の前の相手に話しかけるような親しみやすい文体を意識することが大切です。基本の敬語は押さえつつ、若干くだけた言葉遣いを意識するくらいがベストでしょう。

ネガティブな表現や希望条件の記載はNG

自己紹介文でタブーともいえるのが、ネガティブな表現を使うことです。同じ内容でも言い方を変えるだけで、好印象にも悪印象にもなり得ます。

たとえば、「休日は誰にも邪魔されずに一人で読書をしています」というと、人といるのが嫌いな近寄りがたい印象になります。

しかし「休日はお気に入りのカフェでまったりと本を読んでいます」というと、ほんわかとした癒し系女性のイメージに早変わりします。このように、伝え方を工夫するだけでイメージは大きく変わるのです。

また、相手に求める希望条件を事細かに羅列するのも避けたいところです。希望条件が多いほど、プライドと理想が高い面倒な人というレッテルを貼られてしまうので注意しましょう。

メッセージが来やすいように趣味を入れる

人気の高い30代女性は、趣味のアピールが上手です。自己紹介文や写真などでわかりやすく趣味を示しておくと、同じ趣味をもつ男性に興味をもってもらいやすくなります。

共通の趣味がメッセージの糸口に

気になる人にいざメッセージを送ろうとしたときに、内容に困ってしまったという経験は誰しも一度はあるでしょう。しかし、共通の趣がある場合、この悩みは一気に解消されます。

料理やスポーツ、お酒など、好きなものが同じというだけで心の距離が近くなり、相手へのコンタクトがとりやすくなります。そのため、男性からもっと気軽にメッセージがほしいという人ほど、趣味が突破口になるのです。

お互いの趣味を共有して語り合える分、他の会員よりもディープな話ができるため絆が深まりやすいのもメリットと言えます。会話のきっかけと関係性を進展させるためのツールとして、恥ずかしがらずに趣味は公開した方が賢明です。

趣味の写真でさりげなくアピール

趣味は積極的にアピールした方が結果に繋がりやすいものですが、ゲームやアニメ、コスプレなどの趣味の場合、オープンにしにくいという女性も少なからずいます。

しかし、そんなときこそ写真を活用すれば、さり気なく趣味を主張することができます。特にコスプレの写真は、視覚的にも新鮮で、男性から好意的に受け取られることが多いためおすすめです。

また、自分としては趣味といえるか自信がないことでも、写真を載せたら食いついてくれる男性がいる可能性もあります。あまり深く考えずに、とにかく好きなことをしている写真を登録すれば、後々の話題作りにも役立つでしょう。

家庭的な印象を与えると好印象に

マッチングアプリを利用している男性の多くは、結婚後に良い奥さんになってくれそうな家庭的な女性を求めています。人気のある30代女性会員は、そんな男性会員のツボを押さえたアピールの仕方を心得ているのが特徴です。

料理中の写真でさりげなくアピール

家庭的なところを手っ取り早くアピールしたいのであれば、料理中の写真を登録するのが効果的です。ポイントは、完成した料理単体ではなく、あくまでも料理をしている姿の写真を撮るところにあります。

男性にとって大切なのは、女性がどれだけ綺麗に料理を作ることができるかではなく、料理をしようという意識がどれだけあるかという点です。そのため、楽しそうに料理をしている写真はとても好感度が高くなります。

また、往々にして女性のエプロン姿は男性に魅力的に映ります。エプロン姿で料理をしている写真は、「もしこの人と付き合って料理を作ってもらったら」という男性の想像をかき立てるのに効果てきめんです。

家庭的を過剰にアピールするのは逆効果

男性は家庭的な女性を好む傾向にありますが、だからといって家庭的であることをアピールしすぎると、かえって不自然な印象を与えてしまいます。男性人気を高めるためには、このあたりの塩梅をよく心得ておくことが大切です。

いくら綺麗好きといっても、不自然なほど生活感のないキッチンだと、「普段料理をしないのでは?」と疑われてしまいますし、子供好きを過剰にアピールすると他の家事ができないことを誤魔化そうとしていると思われることもあります。

本当に家庭的な女性は、毎日自然と家事をこなしているものです。男性に家庭的であることをアピールするときは、掃除済の部屋で写真を撮ったり料理中の写真を載せたりするなど、さり気なく証拠を示す方が賢明です。

つながりで探す機能を利用

『つながりで探す』機能とは、選択した距離の範囲内にいる相手の中で、趣味や出身地など、共通する登録内容がある人が通知される機能です。この機能をうまく利用することで、マッチング率をグッとアップさせることができます。

近くにいる相手を表示してくれる

つながりで探す機能は、5km、25km、50kmのいずれかの距離を選択することで、その範囲内にいる相手の通知を受け取ることができます。つまり、自分の近くにいる相手を手軽に検索できるのです。

相手の画像が表示されたら、『気になる!』もしくは『ごめんね』ボタンを押しましょう。気になる!ボタンを押した場合、相手も気になる!ボタンを押してくれたらマッチング成立となります。

一方、ごめんねボタンを押すと、新たな相手の画像が表示されます。どちらのボタンを押しても相手に通知はいかないため、気兼ねなく相手を選ぶことができるのがメリットです。

マッチングがすぐ分かる単純明解な機能

つながりで探す機能は、気になる!ボタンかごめんねボタンのどちらかを必ず押さなくてはなりません。そのため、相手の選別がさくさくと進み、とても効率的にパートナーを探すことができます。

お互いに気になる!ボタンを押したらマッチング成立というシンプルなルールのため、相手にアプローチした結果をすぐに知りたい人にはぴったりな機能です。

表示される相手をある程度絞りたい場合は、検索範囲を狭く設定することと、自分のプロフィールをより詳細に登録することが必要です。こうすることで、身近にいる自分と共通項の多い相手に絞って検索することができます。

大人の魅力を武器にして人気会員に

人気の高い30代の女性会員には、落ち着いた雰囲気で家庭的な女性が多いという特徴があります。写真や自己紹介文のポイントを押さえて大人の魅力をアピールし、20代会員の女性と差をつけましょう。

また30代は、男女を問わずより真剣に結婚を意識する年代でもあります。結婚生活を連想させる家庭的な部分を示すためにも、日常風景や料理中の写真をうまく利用することが大切です。

さらに、『つながりで探す』機能を使えば、身近にいるパートナー候補とマッチングできるチャンスが広がります。距離設定の工夫やプロフィール内容の充実化を図って、ぜひ幸せになれる相手と巡り会いましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP