恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

女性に拒否される最低なLINEの聞き方は、どのようなものか

LINEを尋ねる時の最悪な聞き方

LINEは気軽に連絡を取り合える便利なアイテムですから、いちいちYYC経由での連絡を取るよりも直接LINEで連絡をした方が、無料でラクです。ですから気になる女性にLINEを聞きたくなる気持ちはわかりますが、いきなり「好きです、LINE教えてください」とメッセージを送れば、ほぼ嫌な顔をされます。

出会いを求めているのに、出会いを躊躇するなんておかしいじゃないかと思われるかもしれませんが、どんな人なのかわからない状態で、いきなり個人のメールアドレスやLINEを教えてほしいというのは、実社会でも言わないことです。老若男女、まずはどんな人なのかをお互いがじっくりと詰めていくのが普通です。

初対面でもLINE交換をする人がいますが、これは一目ぼれの効果ですので出会うことで成立しています。画面越しでは、まず本当にその人が存在するのかすら、実は不安になっていますから、いきなりLINEのような個人的な通信手段を教えてほしいと言われると、詐欺か遊びかと勘ぐってしまいます。

気軽にLINEを教えたくない理由に既読機能もあります。読んだのなら返事が欲しいと思います。ただ返事をしたいと思える相手でなければ苦痛ですし、限度を知らない相手であれば、さらに厄介と思われます。

つまり聞き方よりも、先にLINEを聞くタイミングが重要であるということです。その上で聞き方のNG表現があります。ある程度親しくなった仲であっても、前後の文章もなくLINEのID教えて、と言われれば、なぜ、と相手は思います。この何故は、何の目的で知りたいのかです。

こちらとしては、より親しくなりたいという気持ちからでしょうが、ひとことも添えずに教えてでは、聞き方が悪いです。また下心が見える聞き方は、怖い上に気持ち悪いです。

具体的には、会いたいからLINE教えてと言われると、警戒します。話をしたい、コミュニケーションを取りたいから教えてくれと、会いたいから教えてくれでは、全く印象が違います。

ましてや、やりたいからLINE教えてと言われれば、女性側の目的がそちらで明らかでない限り、嫌です。他にも、教えてほしいなぁ~や、教えていただけないでしょうか、と軽い表現も、へりくだるような表現も苛立ちを感じる方もいます。

女性が応えやすいLINEの聞き方

素直に誠実に聞きだすことと、タイミングを計って聞きだすことが大切です。つまり好意を相手に伝えることです。ただ会っていきなり好きです、気になっていますと言われても、目的が別にあるような雰囲気しかないです。

あくまでもYYC内での交流がきちんとあった上で、どのような部分に惹かれたので、もっと知りたいという点を大事にすることです。実社会でも、会っていきなりLINEを聞くことはなく、少なくとも、何かのアクションがその日の内にあった上で聞き出しているはずです。

YYCの中で、やりとりをしていく上で、実はアプリは、貴方以外には使っていないので、LINEを教えてほしい、と言われれば、女性は余程イヤな相手でない限り納得してくれます。またYCCでのやり取りではお金がかかり制限があるから、もっと、色々話がしたい、など誠実で素直な言葉の方が、女性はLINEのidを教えやすいです。

女性にLINEを聞くときは、丁寧に

女性が嫌がるLINEの聞き方は、つまりシチュエーションを大切にしない聞き方です。ぎこちなくても誠実であること。YYC上の初対面でいきなり、やりたいからLINE教えてなどと言われれば、拒否されます。最終的な2人の関係がそこにあるとしても、女性の人格を否定しかねない誘い方です。

友達として、恋人として、対等にお付き合いがしたいのであれば、お互いが誠実である必要があります。一方的にアプローチをかけている時に、上から目線で聞いてやるや、下心ばかりの聞き方では、全く心が動きませんし、拒否されるだけです。邪な気持ちは、まず横に置き、もっと話をしたいと素直な言葉で話すことが大切です。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP