恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

【20代前半女性】知っておくべき、モテる婚活方法!

婚活をする年代の中でも、特に需要が高く男性からモテやすいのは20代の女性です。さらに20代の前半ともなれば、婚活をしている女性の割合そのものが少ないので人気があると言えます。

今回は、そんな20代前半の女性におすすめする婚活での服装や好感度を上げるためのポイントを解説します。  

20代前半で男性受けしやすい服装とは?

婚活をする上でどのような年代の女性であっても、男性受けするのはワンピースなどの主に清楚系のファッションです。特に20代前半の女性であれば清楚で女性らしいふんわりとした雰囲気が求められているので、綺麗目の濃いワンピースと明るい色のカーディガンを組み合わせたスタイルが男性受けしやすいと言えます。

また、20代前半だとそこまで大人の女性らしさを演出する必要はなく、多少カジュアルな感じを出しても「若々しいフレッシュな女性」という年相応の印象を与えられるので好感度が高いです。そのため、綺麗目のワンピースだけではなく、シフォントップスにパンツスタイルなど少しラフなカジュアルさを出した服装でも男性受けします。髪が長い人はポニーテールにすると女性の魅力が増すので、評判はいいとされています。

このように20代前半の女性が婚活する場合の服装としては、綺麗目かつ少しカジュアルな服装を選ぶと男性から話しかけやすいので好印象を与えることができます。30代と比較するとある程度若々しさを演出してもいい年代なので、女性らしさの中に若々しさや多少の子どもっぽさを演出しても問題ありません。

ただし、カジュアルになりすぎてしまうと友人のような印象を与えてしまいますし、あまりにも可愛らしさを前面に出してしまうと子供っぽいと判断されてしまうので加減が必要です。

異性からの好感度を上げるためのポイント

元々婚活において20代前半の女性というのは需要が高いので、ほかの年代と比較すると男性からのアプローチは多いとされています。そのため男性のアプローチをうまく利用して好感度を上げていく必要があるのですが、そこで重要となってくるのが「一人一人に対して笑顔で丁寧に対応する」ことです。

どんなに20代前半が男性からの需要が高いと言っても、笑顔がなかったりぞんざいな態度を見せる女性に対して男性は好感度を上げることはありません。アプローチそのものは最初は多いかもしれませんが、このようにあまりにも態度が悪い状態を見せ続けていると、徐々にアプローチそのものが減ってしまう可能性があります。

このため相手に対しては笑顔で話ができるようにする必要がありますし、丁寧に対応していけば「若いのにしっかりしている」と好感度を上げやすいようです。ただし、あまりにもビジネスシーンのような丁寧な対応をしていると逆効果になってしまうので、敬語を使いこなすのではなく接し方に気を付けるところがポイントだと言えます。

20代前半の女性がモテるためには

まず前提として、20代前半の女性は特に何かしていなくても年齢だけで男性からモテるという傾向があります。ただしその状態に甘えてしまうとどんどんモテなくなってしまうため、注意しなければいけません。

では20代前半でモテる状態を維持するためにはどうするのかというと、より多くの男性との出会いを経験することが大切です。

20代前半というとまだ社会に出てきたばかりで、年上の男性と話をする機会も限られてきます。そのため男性がどのような女性を求めているのか、どのように話をしていけばいいのかよくわからないという人も少なくないようです。そこで婚活を利用して様々な年代の男性とコミュニケーションを取ることで、より男性が好むコミュニケーションや仕草を勉強できます。

その上で大切なのは若さに頼りすぎないところです。若いからと言って不躾な態度を取っても許されると思い込んでいると、どんどん男性が離れてしまいます。若くてもきちんと笑顔で対応できるかどうか、お礼を言うなど丁寧でしっかりしている部分があるかどうかなど、若さや可愛らしさだけではない部分も見られているので、その点を踏まえた接し方を勉強するのもモテるためには重要です。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
恋ドット編集部

恋ドット編集部

「運命の赤い糸は”アプリ”でたぐり寄せる!」 恋ドットは、マッチングアプリを活用した出会いや恋活・婚活の情報を発信する、すべての「恋」を応援するメディアです。
PAGE TOP