恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

マッチングアプリで連絡先交換、デキる女子の上手な断り方とは

この記事の要約動画

マッチングアプリで男性とメッセージのやり取りをしていると、直接連絡がしたいと言われることってありますよね?

でも、もう少しマッチングアプリ内で話したいときもあると思います。電話番号やメールアドレス、LINEといった直接の連絡先を教えるのは、女性にとってとても勇気がいること。躊躇してしまうのも仕方ありません。

ですが、教えないと言ったせいで相手の気を悪くさせてしまったらと考えると、なかなか正直に断りづらいところもあります。「せっかく知り合ってここまで仲良くなれたのに、これを断ったせいで連絡がなくなったらどうしよう」そう考えて不安な気持ちを持ったまま連絡先を教えてしまうこともあるでしょう。

しかし、自分の気持ちに沿わない行動はあまり良い結果を生みません。実際には勇気を持って断ることが大切なのです

では、男性に悪い気持ちをさせることなく断る方法はないのでしょうか?

そこで今回は、男性に連絡先を聞かれた時の上手な断り方について紹介していきます。

まだ連絡は取りたいんだけど…連絡先交換の上手な断り方。ポイントは2つ

男性から連絡先を聞かれたとき、女性がいかに上手な断り方をするかで今後の2人の関係は大きく変化します

相手を傷つけず、かつ今までの関係を維持するために重要なポイントは大きくわけて2つ。1つずつ具体的に見ていきましょう。

男性が納得のいく断り方をする

どんなにメンタルの強い男性でも、女性に連絡先を聞くときにはある程度の勇気が必要です。たとえダメ元だったとしても断られたらやっぱりちょっと落ち込んでしまいます。

マッチングアプリなど顔の見えないやり取りでは、1つのメッセージがその後の印象に大きく関わってきます。男性の自尊心を傷つけず、かつ納得してもらえそうな理由を伝えるのが1つ目のポイントです。

断るときには意思を伝えて安心してもらう

マッチングアプリが婚活サイトと違うところの1つに、女性は無料であることが多いという点があります。しかし男性は基本有料。

そのため、男性は常に「相手がサクラかどうか」を気にしています。直接連絡を取ることを避けられると「あれ?もしかして?」と疑われることにもつながるので、この点には配慮が必要。

ただ単純に断ることに終始せずに、連絡を取り続けたい気持ちを相手に伝えればいらぬ心配をかけることは避けられるかもしれません。次の項ではこの2つのポイントを踏まえ、実際に例を挙げて上手な断り方を紹介します。

連絡先交換の上手な断り方3選

では具体的にどのような断り方をすればサクラだと思われず、男性の気分を損ねることがないのでしょうか?ここでは連絡先交換の上手な断り方を3つ紹介していきます。

もう少し仲良くなってから

まず1つ目の断り方は「もう少し仲良くなってから」と正直に話すこと。一見するとサクラやその気のない女性だと思われてしまいそうな断り方のようですが、実はこのワードに「期間」を付け加えることで男性の受け取り方は随分変わります

たとえば「あと1週間くらいはアプリ内でやり取りしたいなー」などといった感じですね。そうすることで、男性が相手の女性のことを「サクラだ!」と思ってしまう確率はグッと下がります。

過去に嫌な思いをしたことがあると話す

「過去に嫌な思いをしたことがあるから慎重になっている」 このように言われて納得できない、そんな理由で断られたくないと思う男性がいるでしょうか?もちろん信用していないから教えられないというスタンスで話すのはNG。

ですが、男性に慎重であるというのはマイナスポイントではありません。むしろ、いつまでなら待ってもらえるかと男子を気遣う言葉を添えることで前向きに考えていることを伝えられるかもしれません。

一度会ってからにしたいと伝える

男性にとって連絡先を交換するというのは、女性との出会いをより確実にするための重要なステップです。「いつか会うためにまず直接の連絡先を聞いておかなければ…!」と考えている男性も少なくないはず。

そんな男性の心理を逆手に取った断り方がこの方法です。 「連絡先は会ったときに直接教えるね!」と言えばさらに先のステップの会うことについて前向きであることを伝えられます。

もし何度かやり取りを重ねてもまだ不安がある場合には、「次の休みは予定がある」「来月の休みが出てから」など、上手に理由をつけて時間を確保しましょう。このときにも具体的にいつスケジュールが出ると伝えるのは有効。

先の見えない時間よりは、具体的にいつまでと言われた方が人は待てるものです。

連絡先交換、断る場合に必要なのはやはり思いやり

今回はマッチングアプリで知り合った男性から、電話番号やメールアドレス、LINEといった直接の連絡先を聞かれた場合の上手な断り方についてご紹介しました。

連絡先を聞かれるということは相手は少なからず好意を持っているということです。

断る際にはまず「嬉しい、ありがとう」という気持ちをはっきり伝えましょう。その上で男性が納得できる理由を用意する、具体的な期限をはっきり伝えるといった工夫が必要です。

上手な断り方をマスターすればその分マッチングの成功率も上がるはず。お互いに興味を持っているのであれば、気持ちよくやり取りが出来るよう相手の立場に立った言葉選びをしたいですね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP