恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

アプリで出会い。男性が好む必勝プロフィール写真はこれだ!

この記事の要約動画

みなさんはインターネット上に出会いを求めたことがありますか?マッチングアプリや婚活サイトといったネットの出会いは一昔前では考えられないほど定番化しました。今や聞いたことがない・利用したことがないという人の方が少数派なのかもしれません。
これらのサービスでは会ったことがない相手とコミュニケーションを取るという性質上、プロフィールがとても重要視されます。普段何気なく作っていたプロフィールの良し悪しで、驚くほど反応が変わってしまうものなんです。
今回は恋活・婚活を成功させたい女性のために、より多くの男性に興味を持ってもらうためのプロフィールの作り方、なかでも第一印象を決定づけるプロフィール写真の選び方に絞ってお話していきます。

マッチングアプリを使う男性にとって好ましくないプロフィール写真は?

男性が消極的にしてしまうプロフィール写真とはいったいどのようなものなのでしょうか?
ひとくちに写真といっても、自撮りやプリクラなど種類はたくさんあります。男性にとって相手の容姿はこだわるポイントのひとつ。素顔がわかりづらいプロフィール写真であればあるほど、あまり良い印象を持ちません。
ここでは、NGなプロフィール写真の例とダメな理由について紹介していきます。

友達と写っていてどちらが本人かわからない

ありがちなのがこのパターン。この例のダメなところはズバリ「どちらが本人なのかわからない」というところにあります。
マッチングアプリの多くは、気に入った相手を選んだあと、相手からリアクションがあればメッセージのやりとりが可能になります。このようなプロフィール写真の場合、どちらが本人なのか確かめなければなりませんが、確かめるにはメッセージで直接本人に聞くしかありません。プロフィール写真で相手を選びたいのに、相手を選んでからメッセージで確認しなければならないのでは、なんのためのプロフィールだかわかりません。その結果、不確定要素のある情報は避けようという心理でスルーされてしまうことも。
そのようなところでチャンスを逃さないためにも、プロフィール写真は1人で写っているものを選びましょう。

プリクラ

撮ったことのある人ならわかると思いますが、プリクラは容姿が実物と異なって写ります。タイプの女性を見つけたいと考えている男性にとって、実物とのギャップに不安があるような写真を載せている女性はできれば避けたいもの。
また、複数人で写っている場合には上の例と同じように「どれが本人かわからない」という問題が起きるのも欠点です。プリクラはマッチングアプリや婚活サイトのプロフィール写真には使わないほうが良いでしょう。

SNOWなどスマホアプリで加工された写真

これもプリクラと同じで加工の割合が大きいため、参考になるプロフィール写真とはいえません。ほとんどの場合、スタンプによって顔の一部分が隠れています。「コンプレックスがあるのでは?」と勘繰られる原因にもなりますし、ぶりっこと思われてしまう可能性もあります。

マッチングアプリを使う男性が本当に見たいプロフィール写真とは?

では、男性が本当に見たいと思うプロフィール写真とはどのようなものなのでしょうか?

正面からちゃんと撮ってある写真

男性にしっかりと自分の雰囲気を伝えるならば、やっぱり正面から撮った写真がベターです。正面の写真を載せることで実際の容姿がイメージしやすく、誠実な印象を与えることができます。
自分をよく見せたいという気持ちは誰もが持つ感情ですが、マッチングアプリや婚活サイトのプロフィールに載せる写真はできる限り自然なものを用意するようにしましょう。

横顔

匿名性を考えると正面写真には抵抗がある…という人は、横顔の写真がオススメ。
おおげさな加工がされていないものであれば、表情や雰囲気などからある程度のイメージをつけることはできますし、コンプレックスもカバー可能です。
自分がきれいに写るのは左右どちらの顔か、どの角度なら小顔効果があるのか、など色々と研究しておくのも良いかもしれません。その際はくれぐれも実物とかけ離れた写りにならないよう注意しましょう。

マッチングアプリでの成功はプロフィール写真にかかっている

マッチングアプリや婚活サイトでの出会いにおいて、プロフィール画像はとても重要な役割を持っています。その証拠に恋活・婚活用の写真をスタジオで撮ったという人もいるほど。
まず大切なのは男性から「この子とやり取りしたい!」と思ってもらうことです。それがマッチングアプリで幸せを掴み取るための第一歩。チャンスを増やし運命の人に巡りあうためにも、男性にとって参考になる写真を用意しておきましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP