恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

プロフィール写真で視線を釘付け!マッチングアプリ婚活指南

この記事の要約動画

マッチングアプリではプロフィール写真がとても重視されます。なぜなら、会う前の段階では写真から見て取れる容姿や雰囲気しか個性といえるものがないから。
年齢、身長、職業などのプロフィールはいくらでも人と重なることがあります。しかし、プロフィール写真は人と重なることがありません。ここにプロフィール写真が重視される理由があります。
これからマッチングアプリを使って婚活しようと考えている人は、まずプロフィール写真にこだわるところからスタートするのが、良い結果への近道と言えるでしょう。しかしここで当たるのが、どんなプロフィール写真が異性に受けるのかという問題。ここでは異性受けするプロフィール写真についてお話します。

マッチングアプリ婚活用のプロフィール写真、スタジオで撮る?自分で撮る?

婚活では相手に「会ってみたい」と思われるような写真を撮らなくてはなりません。だからこそ、最高の1枚を選びたいですよね。
ここで問題になるのがプロフィール写真の撮り方。気合いを入れてスタジオで撮るか、自分で自然な写真を撮るか、あなたならどちらを選びますか?

婚活用プロフィール写真はスタジオで撮る!

スタジオで撮る婚活写真のメリットは、プロのカメラマンが写真を撮ってくれること。自撮りよりもきちんとした写真を撮ることができます。スーツを着て撮れば清潔感も出せますし、相手にも真剣さが伝わり、誠実な印象を与えられるでしょう。
ただし、あまりにもかっちりしすぎた写真だと近寄りがたい印象になってしまいます。気構えてしまわないように注意が必要です。

婚活用プロフィール写真は自然な自撮り!

自撮り写真のメリットは自分の好きなタイミングで写真が撮れること。納得のいく写真が撮れるまで何度でも撮り直せますし、最高のコンディションに合わせて撮影できます。
しかし、慣れていないとどんな写真を撮ればいいのかわからなかったり、うまく撮れない場合もあるでしょう。あらかじめどう撮るのか決めて臨むのが良さそうです。

婚活用プロフィール写真の撮り方。どっちがオススメ?

スタジオ撮りと自撮り、どちらにも良い面があるので、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。
自分で写真を撮るのが苦手という方の場合は、スタジオ撮りがオススメです。もしもスタジオで撮るならば、どういった写真を撮りたいのかできるだけ詳しくカメラマンに伝え、なるべく自然な写真を撮ってもらうようにしましょう。
一方、自分で気に入った写真を撮りたい人や、普段から自撮りに慣れている人は、自撮りがオススメ。自分で撮る場合は全身写真を撮ることが難しいので、そんなときは友達にお願いしましょう。
次の項では具体的にどのような写真を撮ると良いのか、そのコツについてお話していきます。

ここがポイント!マッチングアプリ婚活用のプロフィール写真を撮るコツ

それでは、実際にプロフィール写真を撮る際のコツを具体的に見ていきます。顔の表情や服装、撮影場所など、注意すべきポイントをまとめてみました。

顔(表情・ポーズ)

婚活用に使われるプロフィール写真で異性から最も見られるのが顔です。写真を撮る時は自然な「笑顔」を意識するようにしましょう。
そして、顔がはっきり分かる写真を選ばなくてはなりません。全身が写っている写真も載せておくと、どんな人なのか伝わりやすくなります。写真を撮る際にピースする必要はありません。

服装・髪型

服装は清潔感や誠実さがにじみ出るようなものを選びましょう。
全く思い付かないという方は、襟付きシャツにジャケットを羽織ってみると良い写真が撮れるので、参考にしてみてください。シャツにアイロンがかかっていなかったり、着古したよれよれの服は不潔な印象にもつながるので避けましょう。

髪型もサッパリして爽やかな髪型が好まれます。ボサボサ、ベタベタ、顔が隠れるほど長いなど、不潔に見える髪型は絶対NGです。

撮影場所

撮影は屋内、屋外に関わらず明るい場所を選びます。夜はどうしても暗く写るので、日中に撮るのがオススメ。昼間でも背景が暗すぎるときれいに写らないので、明るく写る場所で撮影するようにしましょう。

また、洗濯物が散乱している部屋など、生活感が出過ぎた写真もNGです。婚活写真なので、きちんと見える場所を選んで撮影しましょう。

プロフィール写真は印象良く!マッチングアプリ婚活を成功させるために…

婚活して出会いがあっても、プロフィール写真が良くなければ、実際に会いたいと思ってもらえません。
婚活を成功させるためには、プロフィール写真で相手に好印象を与えることが大切です。相手に会いたいと思ってもらえるような写真を撮り、婚活を成功させましょう!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP