恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

マッチングアプリ、2回目のデートで失敗してしまう男性たち

この記事の要約動画

婚活・恋活をしている男性にとって意中の女性との2回目のデートはとてもうれしいもの。「もう付き合っているも同然だな」などと、どうしても気持ちが先走ってしまいがちです。

でもちょっと待って!場合によっては今までの頑張りが帳消しになってしまうかもしれません。それほど2回目のデートは重要なターニングポイントなのです。

今回は、マッチングアプリで出会った女性と2回目にデートした際、男性がやってしまいがちな失敗とその理由についてご紹介していきます。

なぜ男性は2回目のデートで失敗してしまうのか

2回目のデートでは、女性はまだ相手の男性を吟味している最中です。つまり、1度のデートでは「この人は恋人としてどうか」というところまで判断できていないということ。2回目のデートの印象次第でまだどちらにも転ぶ状態です。

しかし、それに対して男性はどうでしょうか?
男性の場合には「2回目のデートができる」という時点ですっかり安心しきってしまっていることが少なくありません。このギャップが2回目のデートで男性が失敗してしまいやすい原因となっています。

ではどのような点に注意すれば2回目のデートでの失敗をなくせるのでしょうか?

男性が2回目のデートで失敗しないために

2回目のデートをする上で一番大切なのは「とにかく油断をしない」ということ。デートの誘いがOKだったからといって、必ずしも女性があなたを好きになっているというわけではないのです。

2回目のデートというのはあくまでもお互いをより深く知るための機会。まだ親密になるまでの過程だということを忘れないようにしましょう。

世の男性がしてしまった2回目のデート失敗談

彼氏のように振る舞う

男性がやってしまいがちなのがこのミス。1回目のデートが無事成功し、2回目の誘いもOKだった…となると安心したくなる気持ちもわかりますが、まだまだ油断は大敵です。

男性にとっては距離感を縮めるために何気なくしてしまうことなのかもしれませんが、女性の多くは馴れ馴れしい男性に良い印象を持ちません。

急に呼び捨てにされるのはもちろん、過度なボディタッチなど付き合ってもいない男性がまるで彼氏のような素振りをするのは絶対NG!それまでどんなにうまくいっていたとしても、全部振り出しに戻ってしまう可能性を持ったとても危険な行動です。

突然のグレードダウン

気になっている女性にかっこいいところを見せたいと思う男性は多いと思います。ですが、大切なのはそれを継続すること。どんなに1回目のデートで良いプランが立てられたとしても、2回目で極端にグレードが下がってしまうと女性はがっかりしてしまいます。

特に注意しなければいけないのは「食事」でしょう。男性は味を重視してお店を選びますが、女性はそのお店の雰囲気やイメージを重視してお店を選びます。

「最初のデートは良い感じだったのに2回目のデートはファミレスだった…」こう思わせてしまったらもう取り返しがつかない可能性も。お店選びには細心の注意を払いましょう。

ボロが出た清潔感

意外と盲点なのがこの「清潔感」です。1回目のデートではしっかり身だしなみに気を遣っていたとしても、2回目になると急に気が緩んでしまう男性は多いもの。1回目のデートとあまりにも系統が違うファッションだったりすると女性は引いてしまいがちです。

また、髭の剃り残しや長い爪、車の中が散らかっているなどもNG。男性にとって細かい部分でも女性はしっかり見ています。普段から意識して小綺麗にしておければ言うことはないですが、せめてデートで女性の目の届く範囲には気を遣っておきましょう。相手の女性は1回目のデートのあなたと、2回目のデートがしたいことを忘れないように!

2回目のデート、全ての失敗は気持ちから!

今回は男性が2回目のデートでやってしてしまいがちな3つの失敗についてご紹介しました。ここで紹介した失敗はどれも少し気をつければ防げるものばかり。

「あの時気をつけていれば…」と後からいくら思ったとしても、戻ってこない失敗もあります。後悔しないようにベストを尽くして、恋活・婚活を成功させましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP