恋ドット|マッチングアプリで素敵な出会いを見つける恋活婚活メディア

Facebookを使った出会い。連動アプリはこんなに優秀だった

今や生活の一部になりつつあるSNS。FacebookやTwitter、Instagramなどを生活の一部のように利用している方も多いと思います。
今回取り上げるのはFacebookのお話。最近ではFacebookを使ってパートナーができたという話も少なくないそう。Facebook上で出会いを求めることのメリットやデメリットについて紹介します。

出会いのきっかけにFacebookを使うメリット

まず最初に、出会いのきっかけとしてFacebookを利用するメリットについてお話します。

プロフィールに顔写真が載っていることが多い

その他のSNSと比較してFacebookのプロフィールには、顔写真が載せられていることが圧倒的に多いです。これこそがうまくいきやすい理由のひとつ。相手の顔がわかるということは、声を掛ける側にしても掛けられる側にしても、安心感に繋がるもの。顔がわかるからこそやり取りに発展しやすい側面があると言えます。

共通の友人が表示される

Facebookの友達はリアルな人間関係に基づいて増えていくことがほとんど。もしも気になる相手が友達の友達であれば、その共通の友達に紹介してもらうことだって可能です。仮に紹介してもらえなかったとしても、共通の友達がいるというだけで声を掛けられた側にとっては安心感があります。これもメリットのひとつだと言えるでしょう。

他のSNSでの出会いと比較すると偏見が少ない

現実の人間関係にもとづいて友達が増えていくことが多いという特性上、Facebookのコミュニケーションはよりリアルに近いものとなります。世の中にはネットの出会いに抵抗があるという人も多いもの。しかし、そういった人であってもFacebookなら受け入れてもらいやすい側面があります。これも大きなメリットとなっています。

出会いのきっかけにFacebookを使うデメリット

Facebookを使った出会いにはメリットばかりというわけではありません。ここではデメリットを紹介します。

場合によってはリアルの人間関係にも影響が出る

もしも友達の友達にアプローチした場合、友達にFacebookを出会いのツールとして使っていることがバレるかもしれません。
また、過剰にアプローチして相手が迷惑に思っている場合、あなたと友達の関係に亀裂が入る可能性もあります。

相手がパートナーを募集している保証がない

Facebookのプロフィールには独身や既婚といった交際ステータスを表示する欄があります。しかし独身だからといってパートナーを募集しているとは限りません。
独身の人にアプローチしても相手がパートナーを求めていなければ実りはありません。あまり合理的な出会いのツールとは言えない部分もあります。

Facebook連動型マッチングアプリはFacebookから始まる出会いの完成形

出会いのツールとしてFacebookを使うことには、メリットと同時にデメリットも存在します。人によってはデメリットを大きく感じてしまって、行動に起こせないという場合もあるでしょう。「それでも出会いは欲しい」そんな場合にはどうすれば良いのでしょうか?実はFacebookのように相手に信頼感を与えながらも、デメリットが軽減された完成形の出会いのツールがあるのです。

それがFacebook連動型のマッチングアプリ。これならFacebookのメリットである信頼感をそのままにデメリットだけを軽減することができるんです。
Facebook上の友達数が表示されることは相手への信頼性の1つの指標になります。また、マッチングアプリでは登録している全員が出会いを求めているので、的外れになってしまうこともありません。Facebookを利用した出会いの完成形がマッチングアプリなのです。

Facebook連動型のマッチングアプリで出会いを掴み取ろう

 
Facebook上で出会いを求めている男性も女性も、メリット・デメリットをきちんと把握することで、成功率を高めたり、リスクを軽減したりすることができます。
出会いたいもののデメリットが気になってしまうという方は、Facebook連動型のマッチングアプリを利用してみてはいかがでしょうか?確実性や心配事の少なさなど、Facebookの出会いにはないメリットももたらしてくれるはずです。利用してみたら思ったより簡単に大切なパートナーをみつけることができるかも?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

恋ドット編集部

PAGE TOP